晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

せつほんかいな

a0082132_9551883.jpgさっそく、届いた龜鳴屋(かめなくや)版『二月十四日』の、なかなか妙味というか珍味というかの金子ワールドにすっかりはまっている。

この独特の見覚え・身に覚えの有るかのごとくの見知らぬ景色のデジャヴ(既視感)は、いったい何なんだろう・・・とずっと惹きつけられつつ、それが外の景色と心象風景の段差をなくしている彼女の天性のテクなのだろが。

ちょっと飛ばして、最後に寄せられた井坂さんの紹介文(現代詩界の綺羅星井坂局<珠玉の跋文>だ)を読んで「そうか」と膝をうった。

「金子彰子の詩のことばは、濃厚にそこに生身の彼女が漂う気がする。基本的に呟きの詩だからだろう。しかも呟きなどという不確かなものに、景色や映像(イメージ)という画鋲を打つ。景色や映像が先に立つのではなく、まず気持の揺れがあり、それらが引き出されるのだ。」――「金子彰子の呟き」井坂洋子より抜粋。

「景色や映像が先に立つのではなく、まず気持の揺れがあり、それらが引き出されるのだ」――これだ。(さすが井坂のお局様)この練れたココロカメラの性能の良さだ。写実的な(初心者向?)「まず景色ありき」のカメラアイではなく「まず心情ありき」このポエジー・シャッターを金子は切れる。

そして、このカメラアイは非常に見覚え・聞き覚えの有るものだ。まず「ひとありき」、この眼差しを生き抜く世界が日本にはある。昔からある。なかでも、それの粋が集まったのが花柳界だろう。金子サンの詩を読んでいるとどこかで三味線の音色が聞こえてきそうなときがある。

「あたしゃ、あんたしかみとうない。けしきみるのは、あんたおもった、めのむこう」・・・みたいな世界ではないだろうか。そこで歌われる小唄・端唄・都々逸――その唄向こうの景色に金子の詩の景色は近いかも。

たとえば、こんな小唄の景色――

人と契るなら 
薄く契りて末まで遂げよ
もみぢ葉を見よ 薄きが散るか 
濃きが先ず散るものに候
そじゃないか


花柳界の唄(歌詞)は、この練れた想いの、「はじめにおもいありき」の観察眼・カメラアイが捉える景色に充ちみちている。煮詰まった思いや、情念がシャッターを切る景色――その技が、金子奴(やっこ・笑)にも備わっているようだ。人間が練れたら、芸も練れる・・・ほんとにそうおもう。15の春からその筋の才を世に披露した金奴はん。

「二月十四日」という詩集のタイトルにもなった、彼女の歴史的一篇の詩も、
=バレンタインディの詩であるのに、チョコレートではなくのっけから

「いわし焼く夕方」ではじまる――この一行に金子詩のすべてが顕れている気がする、
歌舞伎で言えば、顔見世の詩だとおもう。

「二月十四日・いわし焼く夕方・金子彰子、これください。」
魚屋の店先で活きのいい一匹を見つけたように――いちぎょうにとびつく、
詩集の買い方はこれでいいような気がする(笑)。

いわし焼く夕方
「焼き方が足りんぞ」
その一言に堰がきれ
とめどなく嗚咽をもらす
――「二月十四日」の最初の一連

ほんまに、そう言われてみれば(自分にだけど)、いわし焼くのも芸妓の修行のワンシーンに見えてくるから、面白い。

しかし、そうかんたんに、読み解いていける詩集ではない。「何を書いているの?」と訳を聞いて、相談にのり、話を先にすすめたい人には一寸お手上げかもしれない。
「理性は語る、愛は歌う」というが、これは愛のほうだ。同じ想いがやってくるまで、気持が練れなければ、なにも見えてこないだろう。残念ながら、理では解(ほど)けぬ、金奴。

――書ききれないので、ぼちぼちつづく。



せつほんかいな・・・って何って?さて何でしょう。ほんとに意味を知ってるひとは少ないそうよ。江戸時代からの目出度い俗謡らしいです。金子本を知ってから始まった言葉の旅の道すがらでみつけたフレーズ・「せっちゃんほんまかいな」みたいで面白いでしょう(笑) 

せつほんかいな

 
 獅子はセツホンカイナ、
 獅子は喰はねど獅子くひくひと、
 雨や霰(あられ)や甘露梅(かんろばい)、
 ぞろりやぞろりやぞんぞろり、
 目出度(めでた)いな、
 目出度いな。


ぞんぞんぞろり・ぞんぞろりの
くわしいつづきは、またあした(^_^)/~
[PR]

by sechanco | 2010-03-28 12:00 | ミヤオ・リターンズ
<< 青い月 赤い月 明日の浜辺 >>