晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海に住む少女

a0082132_9241027.jpg『早速、頂いた、シュペルヴィエルの『海に住む少女』を読んで(なんて清らかなストーリー、海の水は涙でできていると思えた)ひとつ分ったことがあった。

少女の暮らす海の道を、はじめて貨物船が通ったとき、少女ははじめて大きな声をあげた。(少女はそれまでも歌う時大声をあげようとしても、なかなかうまくいかなかった。そのことになんとなくけげんな気持ちもしていた。)

なんと。その声は『助けて!』だった。
海の中の街で淡々と暮らす少女は、自分が初めて外に投げかけたこの言葉に驚いた。
それは、しあわせにみえた暮らしの実際が、本当はしあわせではないことをはっきり言いあてた言葉だったから。少女は自分の声に撃たれた。

そして、通り過ぎて行った貨物船の、道に残る航跡を抱きしめてひとり泣く時に、わたしの胸も詰まった…この航跡が何を意味しているか、痛いほどわかるからだ。

わたしたちの書いたり書けなかったりする、言葉の正体は何か…それはきっと、『助けて』だ。
言葉とは、砕け散った『助けて』なのではないだろうか。。

わたしが書くというのは、なんどもなんどもその『助けて』の場所に沈んでいる心の中の少女に、少年に…『大丈夫』を持って会いにいくことに他ならない。。届かなければ助からないのだ……涙が出た。

わたしたちは、生きていく道のりで、たくさんの助けられなかった少年や少女を、自分の心の中に残してきている。その存在は、わたしたちが、大きくなっても、まだその場所で泣いている。
一緒に大きくはなってくれない。だって、その時、助けられなくて、置いて来たのだから…。
あのこは、まだ助かって、いないのだから!

胸のなかの消す事のできない『助けて』の思いが、たくさんの少女を生み、
『助けたい』思いが、たくさんのおとぎ話を生んでいるのだろう。

拙いながらもわたしが書く事をやめられないのは、あの『助けての悲しみ』と『大丈夫の希望』が私の中で、繰り返し執拗に湧き続けるからだろう。。

力が足りなくて『大丈夫』が届かないのなら、せめて『助けられなくて、ごめんね』の声を
きちんと届けたいと、思う。あの少女の(少年の)いまだ住み続ける、
海の底の、あの場所に――。

じぶんという存在が海の水に溶け込んでしまいそうだった。。
「こころの海に…」ってことなんだね。

ありがとう。Mさん。読みました。
うれしかった。』


古い手紙のようなものが出てきました。古いパソコンを友達に譲るので、古いデータを整理しているとき見つかりました。それが、Mさんあての、上のものです。

手紙と言うよりじつは、コメントの控えです。
これは、今は活動していないウエブサイトで、わたしの書いた文章だったか詩だったかを読んでくれた方が、「思い出した本があります」と本を贈ってくれました。
その本『ジュール・シュペルヴィエル』の『海に住む少女』を読んでの、
わたしの感想です。

ずいぶん前のことなので、こんなことを書いたことも、さらに本を読んだことすら、
すっかり忘れていました。ところが、ひょんなことから、
再びこれを懐かしく取り出すことになりました。。

そのきっかけは、ある方がまた別の場所(やはりウエブサイト・twitter)で、
わたしが書いたものを、見てこういってくれたからでした。
「ジュール・シュペルヴィエルの「海に住む少女」を思い出しました。」――と。

わたしの書いたものというのは・・・・・・ある写真を見て、はげしい思いに突き動かされて指が走るにまかせて書いたような、以下のものでした。




【彼女を利用する皆さんへ】
環境放射線の影響により、次の点に留意してください。
○彼女との付き合いは、一日あたり、一時間程度としてください。
○彼女と付き合った後は、手や顔を洗い、うがいをしてください。
○土や砂を口に入れないよう注意してください。
○あなた方は人間様で、彼女は人魚姫です。

なぜ陸に揚げたのですか。おとぎの国にいた彼女を。

おとぎの国の生き物は、お金で売り買いできません。
おとぎの国の生き物は、お金で解決できません。
愛が要る。大至急、愛を見つけてください。


これを読んでくれた女性の方が、再び海に住む少女に会わせて
くれたのでした。先にあげた感想の文章をすっかり忘れていたわたしは、
久しぶりに「海に住む少女」の物語をかすかに思い出して、なつかしくなり、
以下のような呑気なコメントを彼女に返していました。。。

始めて聞くお話だなと思って貴女のブログ拝見して。今思い出しました!昔どこかに書いた詩だか文章だかを読んでくれた方が、やっぱり「思い出した」と言って送ってくれたのが「海に住む少女」の入った文庫でした。船乗りの想いから生まれた少女の物語ですね。二度目なのが奇遇です。

私は山育ちの者です。いつも目の前にどんと壁のようにある山の向こうを思う「あこがれ」と共に育ちました。「海に住む少女」も船乗りの生んだあこがれから生まれた「あこがれ」の結晶かもしれませんね。お二人に思い出してもらえたのは通底する『憧れ』かもしれないと想う朝です。


「あこがれ」・・・と。それが、最初に載せた自分の昔の文章を読んだとたんに
少女の声の「助けて」に変わって、いまするどく、胸に突き刺さっています。

そして、上のわたしの短い文、即興のおとぎ話が、生まれるきっかけと
なった、指が動き出してしまった、ある写真とは――これでした。
a0082132_10425640.jpg


「助けるもの」は、どこから、現れるのでしょうか。
大きな問いが、今、
陸にあがっています――。


*ウエブサイトのお写真を勝手に使わせて頂いたこと、お許しくださいませ。
*そして、たくさんのことを思い出させてくださった、Aさんに感謝をこめて――。




*そして、このおとぎ話の、彼女とは・・・・・・
  重い問いが、今。
[PR]

by sechanco | 2011-11-17 11:46 | 日々
<< 飯能情緒 おうちホテル >>