晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

みんなの飯能レース展

a0082132_23124961.jpg池袋から西武特急『レッドアロー』に乗ると40分(急行は50分)。

天覧山・多峯主山(とうのすやま)・蕨山・大持山・伊豆ヶ岳等七割を山野に囲まれて、南東にひらけた人口8万ほどの市街地。その街の右頬をなぞるように入間川(上流では名栗川)が花のお江戸は東京湾に向かってゆるやかに清流を流す。奥武蔵の玄関口に、わが町・飯能(はんのう)はあります。かつては大雨で増水した時を見計らって、「それいけ!」と山から切り出した材木を積んだ筏に棹さし、村の剛毅な男衆が荒ぶる川と格闘しながら、江戸に向かって運んだ「西川材」の産地でもあります。「江戸の西の川」からということで「西川材」と呼ばれ重宝され、江戸城の増築時(もこの木材を使用したという)御用達の良材として、また江戸の町の民家の建築材として人気がありその名を知られました。

もうひとつ。飯能は古くから「繊維の町」としても有名でした。(*今話題の「スカイツリー」の制服を作製して注目された「マルナカ」は、飯能に残る唯一の創業145年の繊維会社。この地伝統の織の技術を高く評価され、ファッション業界を陰で支える存在です。)特に、絹織物の産地として知られました。

「『筬(おさ)のひびきでトンカラリと明けりゃあ』と地元に仕事歌がのこるほど、飯能市周辺は織物の産地として栄えました。この町で栄えた絹織物の起源は、和銅年間(708~715年)に迄さかのぼります。特に、裏絹(高麗絹とも)の産地としてその名を知られていました。しかし時代は流れて、繊維製品自由化の影響で安い海外製品に押され、国内の繊維産業はたいへんな打撃を受けることになります。同じく当地の繊維産業もどんどん衰退し、現在も活躍中の「マルナカ」さん以外、往時を偲ぶものは「絹甚」「織物会館」「平岡レース事務所棟」などの旧い建物の造りや門構えに、栄えし頃の面影を残すのみの現状となっています。

そして、この度は。その中でも最も有名で実質、わが町の繊維の歴史の中心的存在であり、「繊維の町・飯能」のシンボルでもあった「平岡レース事務所棟」が、保存を願う多くの市民の声も空しく、ついに解体されてしまいました。(*ただ、市長のご厚意によって、丁寧に解体され、「再建可能なように部材は残された」ことが不幸中の幸い、わずかな希望を灯しています。)

この「平岡レース事務所棟」は、世界の四大建築家フランクロイド・ライト氏の愛弟子・遠藤新氏の「最後の建築」としても、知る人ぞ知る貴重な建物でした。ところで──遠藤氏の生地は福島県新地町。今回の津波でひどい被害に遭いました。その悲しい時節を同じくして、彼の最後の建築も、当地で解体されるという皮肉な運命をたどりました。残念です。福島と飯能はいろいろとご縁がありました。この「平岡レース」は、「福島県三春市」に最近まで工場を持っていました。こちらの平岡レースの従業員の方たちも、たくさん三春の工場にも勤めており、行ったり来たりが頻繁にあったようです。そのご縁でまだ交流が続いている方々もおられます。

この平岡レース工場の敷地跡にひっそりと一本の桜の木が立っています。この「一本の枝垂桜」(こちらは残して頂きました!)は、実は。その三春の工場とのご縁で植えられた、日本三大桜『三春の滝桜』の「孫桜」なのです。今は夏草ぼうぼうの工場跡地に、この一本の桜木のみ、さびしく残っています──。

                  ***

そのような──素晴らしい建物がわたしたちの町飯能にあったこと。そしてそこでかつて、飯能の多くの若い女性が、意気揚々と働いて──このように美しいレース織り物を作っていたことそしてその見事な製品は「飯能レース」と呼ばれ、広く国内に遠くは海外にまで「飯能」の名を知らしめていたことなど、みなさんに知っていただき、そして、わが町の素晴らしさを思い出して頂きたく、前回の『平岡レース事務所棟パネル展』にひきつづき、今回は『みんなの飯能レース展』を開催致しました。

この「まち角展覧会」は、ある日。「文化遺産を活かす会」のメンバーが「わたし、平岡レースで作ったレースのドレス持ってるのよ。昔は、お金をためてレースを反物で買って、服を縫ってもらうのが、わたしたち飯能の女性の楽しみだったの。反物で買ったから、姉妹三人分できたわよ。」と、ドレスと美しいショールを見せてくださってのが、きっかけでした。

「『飯能レース』(平岡で作られる製品はそう呼ばれていました。)の洋服や生地を持っている方、まだいらっしゃるかしら?」と問いかけると。次から次にと、口コミで伝わって、あっと言う間に小さなものまで含めると300点以上が集まりました。急遽決まった展覧会に向けて、町の端から端へと、さまざまな方に色んな思い出話をお聞きしながら、お借りして巡るのが、とても楽しかったです。

「もう使わないけど、捨てられなくて」とおっしゃって、押し入れから出して来られる、女性の方々(*上は70代後半から50代前半までの年配の方が多かったです)の手のひらには、さまざまな模様の美しいレースの品々が、お花畑につぎつぎ花がひらいていくように、広げられていきました。取り出したレースのハンカチやドレスや反物を愛でるお顔は、みなさん、少女のように華やかでした。見せてもらうわたしたちスタッフも、きれいなものを見るとしあわせな、心はすっかり乙女に戻って(笑)、いつのまにかはしゃいで「わあきれい!」「かわいい!」「すてき!」と黄色い声をあげてしまうのでした。

これらは、そうして、集められた古いレース製品(平岡レース・平仙レース)の数々です。開催は7月14日と15日の二日間。ちょうど、飯能夏まつりのにぎわいの中で、商店街の元ふとん屋さんあとの「光文堂」(パネル展と同じ)での展示となりました。お祭りの人出もあって、今回もたくさんの方々にご来場いただきました。地域の新聞にも掲載され、テレビ放映もありました。

楽しかったのは、かつて「平岡レース」に勤めていたという方々が、懐かしがって、次つぎ訪れてくださり、いっときは展覧会場が「平岡レースの女工さんたちの同窓会場」になったことでした。「まあ久しぶり!」「あなた何年勤めたの?」「わたし34年。」「わたしはテスト生の頃からよ」「わたしはパンチの仕事」「あら、これわたしが作った模様よ」「わたしはお直しの担当」話が弾みました。・・・そして「こんなにしてもらって、ありがとうございました。」と帰り際に目頭を押さえて、わたしたちスタッフにご挨拶してくださる年配の方もおられました。思わぬ言葉に、戸惑いましたが。。きっと、ご自分たちの作った製品や懐かしい仲間に再会できて、気持がタイムスリップされたのでしょう。よろこんでもらえて、うれしかったです。

商店街の一角でしたから、目の前をお祭りの屋台がにぎやかに通りすぎます。その屋台を引くおじさんたちまで、お祭りから抜け出て、着流し姿で飛び込んで来られて「わしは、平岡の営業やってたんだよ」「飯能レースは東洋一だったよ」と汗をふきふき、イッパイ入った(笑)赤ら顔で懐かしそうに、会場を見ていってくださいました。

今回は、多くの女性の方がご来場くださいましたが、くちぐちに言われることは「うちにもいっぱいあるよ」「押し入れに同じのがある」「母にもらった」・・・なんとたくさんの飯能の女性は、美しいレースの洋服や品々を持っている贅沢でお洒落な方々でしょう!驚きました。おかげで、見に来てくれた方が、「ちょっと待って、家から持ってくるから」「わたしもレースの羽織があるから取って来るよ」「わたしはハンカチがいっぱいあったなあ」「わたしのこの日傘、飯能レースであつらえたのよ」・・・などの声とともに、つぎつぎご自分のを家から持って来て、どんどん会場に展示品を増やしてくださるのでした(笑)。

ほんとうに、みんなでつくる楽しい、しあわせな「みんなの飯能レース展」となりました。ご来場頂いた方、レース製品をお貸しくださった方、ほんとうに、ありがとうございました。──活かす会・スタッフ一同。
a0082132_2228780.jpg

夕方にはモデルさんに衣装を着てもらっての、小さなファッションショーもありました。*モデルさんたちが来ているのは、飯能レースで作られたフォークダンスの衣装です。

☆以下に会場の様子や飯能レースの製品の一部をご紹介しました。ごらんくださいませ。(*写真はクリックすると大きくなります)




a0082132_22242386.jpg
「こっち向いてくれる?」「こっちも」アマチュアカメラマンに囲まれるシーンも。モデルのお二人。
a0082132_180327.jpg
「え、これ中国製じゃないの?」「飯能製です。模様のデザインも全部。」
a0082132_1823371.jpg
「わたし、これ作ったよ」「この模様、大変だったわー」「ひさしぶりー」「どうしてた?」「脚が悪くなってねー」「容易じゃないわー」同窓会状態です。
a0082132_1845430.jpg
「テスト生ではいってね。平岡の工場の土つくりの頃からやったわよ」
a0082132_1854658.jpg
「また、来ちゃった。ああ、しんど。あついねえ」「ここ座ってください。団扇ありますよ!」
a0082132_9593287.jpg
洋服地で作ったレースの着物
a0082132_22293877.jpg
模様部分
a0082132_2229415.jpg
さまざまなレース模様をごらんください。すべて「飯能レース」の「オリジナル模様」です。
a0082132_2230312.jpg
a0082132_22303917.jpg
a0082132_22311818.jpg
a0082132_22313063.jpg
a0082132_22315389.jpg
a0082132_22321033.jpg
a0082132_2232226.jpg
a0082132_22323413.jpg
a0082132_22325176.jpg
a0082132_22331942.jpg
a0082132_2233352.jpg
a0082132_2234026.jpg
a0082132_2234103.jpg
a0082132_22342499.jpg
a0082132_223508.jpg
こちらはショール。素材はベルベットです。
a0082132_2235112.jpg

a0082132_11354144.jpg
会場内(元ふとん屋さん)
a0082132_11373692.jpg
手作り日避け手袋・チュールレース
a0082132_18121636.jpg
「きれいでしょう」「飯能で作られたレースですよ」モデルさんから説明もあります。道行くひとにカメラを向けられ。
a0082132_1392448.jpg
目の前を飯能夏祭りのにぎやかな屋台がいくつも通ります。
a0082132_11595781.jpg
ふう、あつかったー(会場にはクーラーがない。スタッフもお客さんも汗水たらして(笑)がんばりました。)。やっと一段落。お祭りも終わり、人通りも減り、そろそろ店じまいの、灯りが入った会場。
a0082132_1810175.jpg
☆ありし日の平岡レース事務所棟スケッチ。(*平岡に勤められてレースの製図をされていた方の作)

☆平岡レース(工場で作られた製品を「飯能レース」と呼びました。)関連の記事を以下に載せておきました。これまでの「平岡レース事務所棟」ついての活動の流れを、お読みいただければ幸いです。

☆最初の記事は、建築家・宮越喜彦氏のサイトよりお借りしました。専門的な視線で語られています。
 
☆解体された事務所棟:
☆以下の記事は、わたしが建物保存に関わり出してから、少しずつブログ等に載せたものです。拙い文章ですがお読み頂ければありがたいです。
★撮影会のお知らせ
★ローカリゼーションを推す
★『こころの建築』平岡レース事務所棟
★飯能情緒

               ☆☆☆  ☆☆☆

飯能レース展を開催するにあたって、レース製品をお借りしてまわっているときに、お役に立つならこれらの製品を「寄付してもいいですよ」と声を掛けてくださる方も何人かおられました。「もう、着られないし」「孫たちも喜ばないし」「でも捨てるのは忍びなくて」「こうして取ってあるの」・・・とせつなそうに皆さんが口を揃えて言われます。捨てられないけれど、いつまでも仕舞っておく訳にもいかない…ご年配の皆さんの胸のうちの声が聞こえるようでした。

平岡レースの事務所棟は、地元の工務店のお爺さん(今は亡くなられた)が建てられたものを、その息子さんとお孫さんが丁寧に手壊しされたそうです。「お爺さんの建てられたものを、息子さんとお孫さんが看取った」解体は悲しい結果でしたが、それが最後に「こころ温まる」お話でした。
みんなに愛された飯能レース、そして繊維産業栄えしころの飯能のシンボル、みんなの思い出がつまった平岡レース事務所棟です。

この場所に新図書館が建てられるということで解体が一気に進められました。新図書館も西川材が一部使われるとのことです。それはうれしいことです。

わたしたちは、新しい図書館のそばにこの古い事務所棟も残して。先ほどの工務店さん家族の心温まるお話のように──お爺さんの西川材(古い)と孫の西川材(新しい)が仲良く建ち並ぶ、微笑ましい二つの建物の姿を眺めるのが夢でしたが、その夢は壊れました──。

けれど。幸いにも、部材は保存されています。
再建可能なように骨組みを残した「事務所棟」を、「もっと見栄のよい『遠藤新建築』に建て替えることは可能です。」と遠藤新のお孫さんである、遠藤現(げん)さんは、語気強くおっしゃっています。

平岡レース事務所棟が再建され、そして、そこに今回の展示のような。美しい飯能オリジナルのレース製品が展示されるとしたら、みんなが幸せで、そして訪れて楽しい「飯能の観光スポット」に、必ずやなることでしょう。──市が提示している、骨組み・部材の保存期間は三年間です。その三年もまだ何の進展もないまま、後二年を切る現在です。保存期間が終われば、廃棄です。

さいごに、豪華客船で世界を旅をされたセレブなご年配の奥様のお話です。「船内で開かれるパーティーの時にね、ここの素敵なレースで作ったドレスを着たのよ。そしたら、みなさんがフランス製ですか?って訊かれるの。いいーえ。飯能製ですよって、言ってやりましたのよ。おほほほ。」


残念です。

a0082132_7211759.jpg

*解体された事務所棟(宮越さんのサイトより写真をお借りしました。)

長々とおつきあいくださって、ありがとうございます。
やがてどこかへ消えてしまう、美しいレースの模様や、やがて跡形もなくなってしまう、歴史ある貴重な建築の。その<もの言えぬ>ものたちに代わって、必死で書いてみました。拙い文章を最後まで読んでくださって、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

宮尾節子
a0082132_22352343.jpg

[PR]

by sechanco | 2012-08-19 11:05 | 地域に生きる
<< ニューヨークひとり歩き・序 明日がありますように >>