晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

はじめの一歩

a0082132_14394019.jpg
3月から始まった飯能市生涯教育科主催の文芸入門講座『はじめの一歩』。文章・短歌・川柳・俳句・詩についての講座を、『文藝飯能』のそれぞれの選者が講師を担当しました。一週目は講義、二週目は実践という各科目二回セットの講座。
a0082132_1015659.jpg

わたしは7月に、最後の詩の講座を担当しました。この講座の受講者のターゲットは定年退職後の一般の方。ちょうど、これの前に同様の大妻女子大での講座があったので、女子大生と定年退職後の一般人。どんなふうに重なる部分、違う部分を作っていけばいいかを、考えるのが楽しかったです。

『森林文化都市』は飯能市のキャッチフレーズです。その文化面ということで、飯能に足跡(そくせき)を残した文学者に触れるところから、話を始めました。飯能を代表する詩人として「蔵原伸二郎」さんはじめ「千家元麿」さん、金子光晴さんの足跡もありますと。特に初回の講座では、飯能と詩との繋がりのおおもとの存在、蔵原伸二郎の代表的な詩や、蔵原に師事していまや蔵原伸二郎の研究者としても最もよく知られる、詩人・町田多加次さんの詩をいくつか紹介しました。

*町田多加次(広小路に住んでおられます)
飯能の詩人といえば蔵原伸二郎ですが、彼の有名な詩集「岩魚」も、実は町田さんのたちあげたいわば自家製出版社から出ています。蔵原伸二郎の弟子としても研究者としても名高い人です。でも、町田多可次なくして蔵原なし。飯能の詩壇なしだとわたしは思っています。高校時代から「蛍雪時代」という学習雑誌に投稿し常に特選を取り、注目され将来を期待された若き詩人でしたが、いろいろとお家の事情等重なり、ある時期から、自らの詩作からは身を引き、蔵原の詩業を語り伝えること、飯能に新しい詩を詩人を育てることに、骨身を削って尽されています。そして、「現代詩研究会 岩魚」では毎月、非常に質の高い講座や詩を学ぶ人たちへの指導をしておられます。そして、そのグループの中からは「埼玉文学賞」を取られた高橋紀子さんも出ています。ご自身も昨年11月その質の高い文化的なお仕事に対して,埼玉県から「埼玉文化賞」が贈られています。

詩人も多くそうですが。自分の事しか考えない、考えられない表現者が多い中で。飯能人はひとあじ違います。もうひとまわり、大きい文化を育てる懐を、器をこころのなかに持っていると感じます。詩人以外でも、たくさんの文化人が、飯能とゆかりがあります。それは、かれらを、うけいれ、たすける、度量があったからです。じぶんではなく、ひとを。という、美しい文化が飯能にはそっと息づいています。飯能の文化の、飯能人の底力というのは、その懐のおおきさ、ふかさ、あたたかさ、ではないでしょうか。蔵原を支えた飯能の地、そしてその蔵原を支え、飯能の詩の土壌を支えた町田さんの存在は、たいへん大きいです。
 なにかで拝見した、高校時代に書いたという恋の詩がよくて、お借りしにいったのですが、お話しているうちに、コピーを忘れてきてしまい、詩集の中からふたつ選びました。*「小さな葬列」「町田多可次詩集」は図書館で読めますので是非。

 まずは、蔵原の詩からご紹介しましょう。きつねの詩人と呼ばれるぐらい、たくさんの狐の詩を書いています。
a0082132_17535929.jpg


a0082132_18112886.jpg
(*町田多加次さんが正しいお名前です。失礼を致しました。)

どちらの詩も、景色をカチッと捉えて、情もぐっと抑えこまれ、余韻が広がる、硬質で美しい詩です。町田さんのお話によると「蔵原さんの口癖は『削れ、削れ』だった」(詩作について)とのこと。その薫陶を受けた、町田さんの詩も素晴らしいです。いくつか二人の詩を読み比べていると。蔵原詩がぎりぎりまで叙情を、削ぎ落していくクールな男詩だとすれば。同様に簡潔美を受け継ぎながらも、町田詩はそこを踏み切れず、そっと踏み残す慈愛のような温かみが加味されて、見えます。そこに、師として支えられた人と、弟子として支えた人の姿や人柄を垣間みるような思いが、わたしにはします──。

何をしてるのですか?と問われて「詩を書いています」と答えると、相手の方は、ふっと遠くを見る様な目をされる、視線が泳いで、話の接ぎ穂を失う…そんな、場面に何度もあってきましたので、リアクションには驚きませんが(笑)。あまり人前には、出てはいけない、日陰者のような存在が詩人のようにも思います。世間では、生き辛い、生かせてもらい辛い、、なのに、なぜか飯能は、そんな詩人が住み易い町、生かせてもらい易い町、なのかも知れません。なぜでしょう。疎開してきて一時的な逗留のはずの蔵原がけっきょくは居着いてしまい、終の住処となった飯能とは、どんなところなのでしょうか。

その理由を探しにというわけでは、ありませんが。今回の講座の参考資料をあたりに、出来上がったばかりの「新図書館」に出かけた時。ちょうど「飯能文化」という古い飯能の文芸誌の展示がありました。そこの展示を拝見していて、飯能人の懐の深さ、意識の高さに再び、感動する思いを抱きました。この文芸誌は、なんと戦後すぐの混乱・困窮期に発行されたとのこと。その巻頭言にまず、胸を打たれました。そこに、こんな一文を発見したからです。

「終戦後の窮乏は戦時中よりもひどく、軍人の自殺、配給物資の争奪、闇市の出現、近隣農家への食糧買い出しなどが行われ、人々の心は荒んでいきました。このような中で<(戦時中より酷い)戦後の荒廃を救うには文化運動しかない>」との強い意志と希望をもって立ちあがった人たちがいました。そして発行された文芸誌が「飯能文化」でした。

ふつう。人が生きるために、経済のために、まっさきに削られるのが、役には立たない文化(とくに文学)ではないでしょうか──。それを、この地のひとは、生きる為には「文化運動」しかないと、立ち上がったのです。飯能人は凄いなあと思います。人は働かなければ、生きられない。

けれど、働くためには、生きる気力がなければならない。生きる気力、それは人の心が作ります。人の心が折れては、生きられない。その人の心を、生き生きとさせるには、文化しかないと思い立ち、戦後すぐに行動した人たちが、この地には居たわけです。文化人だけでは、運動は大きくなりません。その文化人をしっかりと支える、深い懐の人々が飯能には居たわけです。

その文芸誌「飯能文化」の中心的役割を果たしたのが、この地に疎開して来て居着いてしまった。詩人・蔵原伸二郎。「魅力的な人間だった」彼を応援するひとが次々現れ(お寺の住職さん、お医者さん、商家の主等々)その後ろ盾を得て、同時期に疎開してきた文化人たちを取り込んで、飯能文化は花開くわけですが。

昭和40年3月に65歳で逝去した蔵原が、その1ヶ月前に、生前 最後の詩集『岩魚』(詩誌「陽炎」発行所」39年刊)で読売文学賞を受賞しています。その詩集は、彼に師事した町田多加次氏など子弟たちが「詩集刊行会」を設置して、多くの人に呼びかけることによって発行されるにいたっています。

つまり、詩人・蔵原伸二郎を支える飯能の人々によって、受賞詩集は刊行されたわけです。


はじめの。戦後すぐに、「人々の荒廃を救うには文化しかない」として、人々の救済すなわち魂の救済として文芸誌『飯能文化』を発行したこと。そして、いっときは戦争賛美詩を書いてしまった蔵原の魂を救済すべく、その後、この地で彼の書いた美しい詩群を『岩魚』という一冊の詩集の形で世に送り出したこと。そのことによって、文学賞を得て戦争詩人という彼のレッテルをはがし得たことなど。

このような発想ができる文化の土壌が飯能にはあり、文化を暮らしに取り込む才能が、飯能人にはある。これが、飯能文化の底力ではないか。そのようなわが飯能への思いのたけを(笑)話しました。

あと、飯能の詩人以外でご紹介した詩は「自分の感受性ぐらいは」(茨木のり子)・「夜になると鮭は」(レイモンド・カーヴァ)・「釣り上げては」(アーサー・ビナード)など。いずれも、年齢的に共感できる人や、読みやすくて、飛躍・転調の楽しさを味わえる方の詩を、選んでみました。

詩は何のために・・・のところでは、以下のような話をしました。

・こころのためです。
 胸のなかのこころに、ことばを与えてやると、こころは成仏するのです。
 くやしいおもい、はらだたしいおもい、ゆるせないおもい、外に出すと恐ろしいことになるかもしれない思いも、ことばにして、紙に書くと、こころが落ち着きます。誰も傷つけずに、自分の傷を癒す事ができるのです。短歌や俳句のように決まり事のない、自由なのが詩。小説のようにいろんな資料を調べて、難しい知識を得たりしなくても、書けるのが詩。じぶんのおもいを、きちんと出してやるだけで、いいのです。

「表現するということは、自分が固有な生を生きていることを他人に表明することである。」(鈴木志郎康)「表明すること」には、わかってもらうことや、理解されること、が入ってないことに注意。「自分の固有な経験を他人に伝えることはできないけれど、ことばによってわたしたちは他人と関係することはできるのである。」(「現代詩の理解」鈴木志郎康)・
 友達や家族にわかってもらえなくても、思いが言葉にできると、気持ちはすこし楽になって、落ち着きます。何ででしょうね。やっぱりわかって、ほしいのだと思います。わたしという存在をこの世に認証してほしいのです。それは、人ではなくて、表現でできる、その表現のひとつが詩なのです。


その後で、入門講座ということなので、ざっと詩について(本を読めば書いてあるようなことばかりですが・・・詩の種類や歴史や比喩についてなど)ちょっとふれました。

詩とは何かを、まず「広辞苑」から引き。詩の種類を「用語」「形式」「内容」で分類すると。「用語」の分類では<口語詩>
(現代に使われている言葉で書かれる詩)<文語詩>
(昔に使われていた古い言葉で書かれる詩。)。「形式」の分類では<定型詩>
(短歌・俳句など,(五・七・五など)音の数や句の数の決まっている詩。音数に一定の決まりがある詩。)<自由詩>
(特定の韻律や形式をもたない詩。音数に一定の決まりがない詩。

)<散文詩>
(短い語句ですぐに改行せず、普通の文章(散文という)のように文を続けて書く詩のこと。)「内容」の分類では<叙情詩>(
作者の心情(感動)を中心にうたった詩。

)<叙景詩>
(自然の風景などを写生的・客観的にありのままに描写する詩。)


<叙事詩>(
歴史上の事件や人物などを中心にうたった詩。)などに分けられますが。実際には詩には、万人共通の決まり事はありません。だから、短歌や俳句などの字数や季語などの、「きめごと、きまりごとから、自由になったのが、詩・自由詩」といえます。。そんな話もしました。

自由詩は、1882年明治15年の「新体詩抄」に始まりをおきます。。という、ざっと詩の歴史的流れに触れましたが。資料を調べれば、誰でもわかる内容なので(笑)、このへんにしましょう。

最後に参考までにと「詩を読む人のために」(三好達治)、「現代詩手帖現代詩」(小野十三郎)ほか、大岡信、谷川俊太郎等の、現代詩入門の本を数冊持参して、ご紹介しました。

あとは、女子大での講義と似通った内容「1詩とはなんだろう 2私と詩との出会い 3詩が生まれるとき 4詩が住んでいるところ 5詩は何のために 6詩を読んでみよう 7詩を作ってみよう」の括りで講座を進めました。それと、大妻で時間の関係で話せなかったことなど、詩についてわたしが思う、あんなこと、こんなことを、たっぷり時間があったので、同じ飯能住民同士の世間話を交えながら話しました。

二回目は、ワークショップということで。宿題に出しておいた、それぞれの方の、名前を折り込んで作る、自己紹介の「折り句詩」を発表しました。
お手本は、女子大のときと同じ、山田兼士さんの折り句詩(こんどは『羽曳野』)と葉月野さん・さいとうみわこさんのあいうえお25文字の折り句詩と、ついでに姑に作らせたものも混ぜました(笑)。

「あんまり上手に作らないでくださいね。わたしの立つ瀬がありませんので」とお願いしておいたのですが(笑)。詩ははじめてという方も多かったのですが、とてもみなさんお上手でした。さすが、ご自分のアピールは、みなさんウマい!(笑)。折り句詩で、詩に目覚めた方がいらっしゃたのは、うれしかったです。

最後に、表紙を作ってきておいたので、みなさんの詩を綴じて「折り句詩集」にしました。
「はい。これで、みなさんのいちばん最初の詩集ができましたよ。おめでとうございます!」なんて盛り上げました(笑)
a0082132_85555.jpg

その中の幾つかをご紹介します。

田んぼの中の一本道を
母さんと二人で運んだね
大きなスイカと
黄色いマクワウリ
主のいない野菜小屋の横には牛がいた
こんな遠い遠い景色が胸をつく(高雄さん)

たまには
かなり どじしたり
のんびりすぎるの誰に似た
横浜、演歌、大好きで
生まれた時から 飯能人
これもご縁とよろしくね。(高野さん)

宝の箱をギーとあけると、嬰児が天から贈られてきた
群青に染まるこの世に、魂を未来に伝える使いとして
小さなすみきった瞳 私が映る

いつまでも いつまでも
小さなその瞳に焼きつけて
老いたる父が、この世に生きしことを(田口さん)

感じる心があるから
詩なのかもしれない
沸き上がる
 抑えようのない怒りや
ざわざわと押し寄せてくる
 不安の波を
決められた型なんかに
 押し込めちゃいけない
ささやかなことばを飲み込み
泣きたい想いさえ
 閉じ込めてきたけれど
遠慮なんかしない これからは(柏崎さん)

☆みなさん、詩なんて生まれてはじめて、とおっしゃっておられたのに
なかなかの出来映えでした。たのしんで書いてくださったのが嬉しかった。
最後の柏崎さんの詩は、2回の講座でわたしが伝えたかった思いが
実ったような、うれしい作品でした。

ちなみに、例として出した、わたしのは…

自己紹介詩/名前折句詩(例)
宮尾節子(みやおせつこ)


見てのとおりにコンガリと
灼けたお肌の南国そだちで
大きな声じゃ言えないけど

せっせと好きな詩を書いて
詰まるところ**になって
こうして此処に立ってます

(**ご想像にお任せします。)


みずのおと
やさしくて
おもいでは
せつなくて
つよがりも
ここまでね


三日月、空に懸かるころ
屋根の上ではフクロウが
尾羽を畳んで鳴いてます。
背伸びしていた恋を終え
辛い別れも喉もと過ぎて
今夜は、涼しい風が吹く。

*オマケ(義母の作です。)
みずうみの上に
やまの影がうつり
おおきな赤い鳥居が見える
すずしい風に吹かれて
みなもがゆれる
こみちの続きの木々が蒼めく

☆こんな感じで、4時間も、どうしよう、と思った、講座も、無事終わることが
できました。ありがとうございました。
[PR]

by sechanco | 2013-09-05 14:40 | 地域に生きる
<< あきらしく ひとをそだてる しをそだてる >>