晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

西部公民館で「詩がある暮らし」

a0082132_10391181.jpg調布の西部公民館で詩の講座「詩がある暮らし」を担当させて頂いています。

その1回目が先日終わりました。定員30名の枠を40名に増やしてくださったとかで、たくさんの方がお集りいただき、ありがとうございました。

多くの人々に親しまれている「吉野弘・金子みすゞ・まど・みちお」の3者の詩をご紹介しながら、詩と人とについて、ことばとこころについて、わたしと詩との出合いなど、お話させて頂きました。

いろいろお話することを考えてはいったのですが、その場のみなさんの熱い空気にのって、ほぼライブのように、胸に湧き上るまま、思いつくままを楽しくお話させて頂きました。つたない話を聞いてくださって、ありがとうございました。こんなにリラックスできたのは、居心地がよかったこともあるでしょう。

西部公民館がとてもアットホームな感じで、スタッフの方々の対応がフレンドリーなことに、まず驚きました。公的機関でこんなに事務的でなく「ちゃんと人と触れてる」感じがするのはまれなことでは…とちょっとびっくりでした。人の顔、人の体温が、感じられる。ちゃんと血の通った人間のパーソナルな姿で、こんな公的機関の運営が成り立つのだろうか…と正直心配になったほどです(笑)。

ところが。心配などころかこの春、文部科学省から栄えある「優良公民館表彰」を受賞されていることを、後で知りました。「ああ、日本も捨てたもんじゃない!」と(笑)ほんとうに、うれしくなりました。表彰おめでとうございます!
a0082132_10435493.png

公的機関だからといって、規則に縛られ、人間らしさをなくすのではなく、さまざまな規則と人間がともに補い合いながら、生きられる術が模索され。公的な場がなければ、人が集まることができないし。人が集まらなければ公的機関は意味が無い…そのお互いの存在が「場が場として、人が人として」ちゃんと尊重されて、活かされあってる、良い例を見る思いがしました。そしてそのような場所に、詩の話で、呼んでもらえたことに、こころより感謝申し上げます。「2時間が短く感じた…」と受講者の方に言って頂けたことが、うれしかったです。
a0082132_1045398.jpg


公民館の方々、やりとりにいろいろお骨折りくださった担当の川上さん、教室いっぱいにお集り頂いたみなさん、ほんとうにありがとうございます。次回もよろしくお願い致します!



*帰り道に、この講座で前回短歌部門を担当された、三原由起子さんたちと、調布駅前から布田天神まで散策して帰りました。*三原さん、写真もご縁も、ありがとうございました!
a0082132_10502247.jpg
a0082132_10504717.jpg
a0082132_10555461.jpg

[PR]

by sechanco | 2015-05-23 10:56 | 詩関連
<< summer time War is Over ! i... >>