晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

7月9日①東京ポエケット2017in 江戸博/pw連詩組で参加。

7月9日(日)は、両国・江戸博物館にて開催の「東京ポエケット」に「pw連詩組+MHK#pw」にて連詩組のみなさんと参加しました。たくさんのお客さんにお越しいただき、物販もよく売れて、初めての方や、なつかしい方と、訪ねてくださった方々との、たくさんの出会いもあって、楽しい一日となりました。
a0082132_03191455.jpg

a0082132_12243103.jpg
ブースはこんな感じでした。

a0082132_12145108.jpg
笑い声が絶えない、楽しそうで
アットホームなブースですね、と
みなさんに言われ、嬉しかったです。^^
a0082132_03173635.jpg
物販コーナーはこんな感じでした。

a0082132_12164792.png
a0082132_21292048.png

*わたし(宮尾)は、2001年発行の『妖精戦争』『明日戦争がはじまる』『ドストエフスキーの青空』など既刊詩集と
レザークラフトの友人auryn(アウリン)さん製作のレザーフラワーの髪留め(ヘアゴム)と詩葉書のセット。
それから、当日朝、満寿屋の原稿用紙に書いた「明日戦争がはじまる」の直筆原稿を1000円で販売。
「安い!」というひとと「高い!」というひとがいて(笑)…心配しましたが。おかげで完売。
これで所場代を払うつもりだったので、よかったです。*話題の『未明01』も販売しましたが早々に完売。

☆あとは札幌豊平館のイベントで初売りだった『科学の仔』(かとうたか)
「急にアカウント消えると、まるではじめからいなかったみたいだよね。/そう、せかいが少しカラッぽになるよね。/(2015年12月4日午前8時12分頃 札幌市営地下鉄南北線で交わされていた高校生の会話)(404 Not Found)」
かとうさんは連詩組でも人気の古株さんなので、札幌で買えなかった仲間が、久々のたかさんの詩に喜んでいました。


☆そして今回事情のため来られなかった木村孝夫さんの『冬の薔薇』、木村さんの詩集を探しに来た方などに、喜んでもらえました。「鉛筆で大きな丸を一つ画いて、終わりにしようと思っている。画用紙一枚に、画き切れない重さがあったのは暑い夏。そして大きく乱れた時間の破線。その線上に心ねを置くと、寂しさを載せた先に、冬の薔薇が咲いている。」帯の詩より。福島の詩人さんです。

☆となりは札幌では人気者となり。自由律俳句は札幌のFM放送で紹介された大原鮎美さんの詩集『月光苑 Ⅴ』です。
「アリゲーターは踊る君を羽交い締めにして/アリゲーターは踊る池の端/なんて言ったっけ/そうちょっと古いあれ/アリゲーターは踊る君を羽交い締めにして/アリゲーターは踊る君が諦めきっても」なんて愉快な短詩がいっぱい。

☆ポエケット当日にギリギリセーフで間に合わせてくださった徹夜明けの天野行雄さん『薔薇のエッセンス』きれいな表紙を開くと天野エッセンスが詰まっていました。「ブルーな日の/指紋に沿って滲む/その色が愛おしく/舌にもってゆくと/六月はわたしの味/あなたの味」捧げられたくみちょも幸せ♪ありがとうございました!

<冊子・詩集たち>
a0082132_21281564.jpg
☆ポエケット初参加の希乃さんはきれいな冊子『花唄ヒトヒラ』と当日東京駅で受け渡しの可愛い名刺を。
「その一滴すらも/いっそ焦がしてくれればよかったのに//夏ヒトヒラ/私は水底に眠り/瞼の裏側で真っ白な夢を視る」(「夏ヒトヒラ」)
a0082132_03231967.jpg
*初参加の希乃ちゃんが、照れながら、初サインをしているところです♪

☆赤い表紙がトレードマーク(真奈美レッド)となった西原真奈美さん『まなうら』も大人気。
「それでも初めはあったのだろうか/言葉になる前の 声が生まれる前の さざ波が集まり始める前の/回向のような 音叉のような約束が」(「約束」)*早々と完売♪

☆お菓子の箱のように可愛い表紙の詩集は『ひつじの箱』梁川梨里さんの新詩集です。*詩集を読んでから読んでね、の「ひつじのひみつ」のオマケつき。亜久津歩デザインの「さかなを産む」(『ひつじの箱』より)イメージポストカードも素敵でした。*『権力の犬・戦争篇』も販売。*梨里ファンたくさんが訪ねて来られました。
a0082132_01273305.png
☆さらになんと。ポエケット当日発売となった、横山黒鍵さんの第一詩集『そして彼女はいった――風が邪魔した』。スーツ姿でビシッとキメて。遅れて駆け付けた彼の周りは人だかりが、手持ちの分もモノクローム・プロジェクトでの販売分も、あっという間に完売でした!第一詩集は好調な船出でしたね。おめでとう!
「祈りのかたちに結ばれた手を/ハンマーに変えて/振り下ろした 何度もなんども/悪夢を醒ますために」(「a = i + Ilusion 。或いは てがみ」より)
a0082132_02271320.jpg
☆来れないかな…と言ってた、みいとかろくんと雨粒あめこさんも、遅れて参加してくださいました。

a0082132_02053642.jpg
「えびふらいの為のレモンを搾る/アボガドのようになめらかに/食卓の木目がうすれて行く/何事も話はなかった」
みいとかろ
「あなたは知らないでしょう/わたしがあの夏の夜/生まれてはじめて/こころから笑顔になれたことを」雨粒あめこ

*豚の貯金箱への投げ銭・詩ペーパーも好評でした。
a0082132_21301270.jpg
*(持ち歩いてシワになりました、ごめんなさい。)

「即興朗読の量り売り」でひと際目立っていたのは元ヤマサキ深ふゆさん。*お題をもらって、あっという間に詩を組み立てて即興朗読をしたり。お客さんのリクエストの詩を読んだりしつつ。場内を蝶々のように飛び回っていました。
a0082132_02180686.jpg
☆私も参加させてもらった詩誌『て、わたし』第2号もこの日に発売。ポエケット初売りでした。
今回素晴らしい!小句集を掲載の堀田季何さんと、編集長の山口さんと記念撮影もしました。おかげさまで、好評です。
よろしくお願い致します。
a0082132_02263417.jpg
☆街の詩人たちにパリへの道を開いた・ポエトリースラム・ジャパン代表の村田活彦さんと東京大会B会場賞を取ったジョーダンスミスさん(シャツに涼しく泳いでる詩が、素敵でした♪)もブースを訪ねてくださいました。
a0082132_02332482.jpg
☆それから、ほんとうに、久しぶりに、なつかしい方
とても好きな短詩とイラストを描く
ヤマシタケンタロウさんが訪ねてくださったことも
うれしかったです。

a0082132_02470283.jpg
*ヤマシタケンタロウ作/ガム
a0082132_10534172.jpg

そんなこんなの、たのしいポエケットでした。
たいへんな思いをして準備をして
遠路はるばる参加してくださった方、暑いなか江戸博会場の連詩組ブースを訪ねてくださった方
みなさんのおかげで大盛況
たのしいポエケットとなり、良い思い出ができました。
a0082132_02520320.jpg
ありがとうございました!

*この後は、北千住のトルタのイベントへみんなで移動しました*
つづきはつぎに。。

[PR]

by sechanco | 2017-07-19 03:08
<< 7月9日②「人間関数――トルタ... 7月9日(日)は「東京ポエケッ... >>