晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

みんなしあわせに

a0082132_1193713.jpg三つ葉だったらみんな幸せになれたのにねえ
(しあわせが「四つ葉」でなくて)と少し前に同情した(笑)野原のクローバーたちがいっせいにきれいな白い花を咲かせていた。

遠くから見ると、野原にところどころ白い雲がうっすらたなびいてるように見える。なんだろうと思って近づいたらみんな花。なあんだ、みんな幸せになってるじゃないと、うれしくなった。四つ葉じゃなくても、いいんだね。ちゃんと持ってる幸せの花をいっぱい咲かせてるじゃない。よけいなお世話でしたね。ぺこり。

爪楊枝の先のようなちいさなちいさな花弁にも、ちゃんと蜜蜂くんは訪れて、「やあこんにちは、花さん」「あら、ごくろうさま蜜蜂さん」と、奥さんと生協の人がする玄関先のやりとりみたいなちいさな会話が聞こえるようで…とてもほほえましい――「クローバーはちみち製造現場」も目撃しました。


☆まほさんの詩集の感想がぞくぞく届いています。ありがとうございます。仕事が報われます。「ありがとう」の感想

わたしのすきなまほさんの詩のひとつ――

神さま・・・
あなたにお祈りする人が
たくさんふえました
だから自分自身のことを
お祈りすることは止めました

        ―― いのり(一部)


このフレーズに、まほさんの姿がよくあらわれているように
おもいます。

きよらかさ、やさしさ、とうとさ、いさぎよさ、、、
そして、おひとよしで、ちょっぴり
おっちょこちょいなおちゃめさ?まで。うふふ。




簡単なことばの組み合わせなのに、内容はきびしい。
他者救済を願うなら、これぐらいの覚悟がいるとおもう。

まほさんの言葉は、先に「自分が助けられた」「命を助けてもらった」
という、自己救済が果たされたことの、しっかりとした自覚がある。

それも、他者によって自分が救われたという、感激と感謝が
まほさんの発する言葉の根につねにある。

こんな詩を、安易に書くと甘さや、偽善の匂いを嗅ぐ人は多い。
まず自分じゃないか・・・という人のこころの声は、本音として正しい。

でも、まほさんは、そのまずの「自分が助けられた」という感謝の思いが
言葉の出所に根付いている。そして、その救済された自分がつぎになす
べきことは何か。「同ジモノヲ同ジトコロニ返スコト」つまり――

それは、他者に向けての、奉仕であり、救済であると、はっきり腹を決めておられる。
そこが、似たような「がんばれ詩」と、一線を画す。

はっきりと他者に向けられたとき、言葉は届く。
いろいろ、人として、言葉として、彼女に学ぶことが多いです。

*発売日一週間ほどで、ほぼ完売。今は彼女の買取り分を戻してもらっての
販売となっている。それもあと数十冊だ。無名の人の詩集でこんなことがあったろうか。。
命も奇跡的にとりとめた彼女は詩集でも奇跡的な売れ行きを見せてくれた。。
すごいですね。(^_^)/~~
(もちろん、詩集は大手商業出版の世界とは程遠く部数も数百部の世界だけれど)
[PR]

by sechanco | 2009-06-15 11:26 | ミヤオ・リターンズ
<< 花束道路 くるみの木かげ >>