晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

冷やしそうめん

a0082132_932012.jpgこれが、土佐の正しい「冷やしそうめん」です。よく、丼を傾けて「冷やし中華」の汁(スープ)まで飲み切ることを笑われたけれど、その理由はここにあります。

都会に出て、大好きな「冷やしそうめん」をたのんだら、麺とつゆ汁が別居していた・・・。ガクゼンとした日を忘れられません。つゆ汁は濃すぎるし。〆はどうするか・・・と悩んだ末に。そうめんのほうの大鉢の残り水と、つゆのほうの小鉢のつゆ汁の両方を飲み切って、おなかがだぼだぼになって。かえりみち、なきました(笑)。

この度は、高知についてまず市内で一杯。父の病院のそばの食堂で一杯。葬儀の後の会食(にも・そうめん皿鉢が出た!)でも腹一杯と、こころゆくまで、「高知式冷やしそうめん」を食べました。おいしいつゆも残さずに・・・具沢山で、おろし生姜がのっていて、ストレートで飲めるようにだし汁も冷やしてあって、これがまたおいしいんです。





「たにわき商店」「にしむらパン」「やなのせストア」「谷歯科」「西森医院」「やの履物店」「のせ時計店」「明神タクシー」・そかべ・土井・藤原・のなみ・・・

そだった村・となりの町を歩くと、つぎつぎ目にとびこんでくるこれらのなつかしい名字と響き。その土地に多く集まるなつかしい名前たちは、目にはいるたびに、脳ではなく、もっと胸や身体の奥深い部分を楽器のようにかき鳴らし続ける。
意識にあがらない部分で、からだが感応しているのがわかる、ふるさとに。

これらのなつかしい「なまえたち」が「おかえり、せっちゃん」と呼びかけ
わたしの無意識からはいあがってくる、ふしぎな存在が「ただいま、みんな」と
こたえているようなのだ。そして、乾いた身体にぱあーーっと滋養がいきわたっていく
感じがする。夏の玄関先に涼しい打ち水をするように、あるいは、
海にたどりついた砂浜に、白く打ち寄せる波がしみこむように、なつかしく、みたされる。

老齢化、老朽化した町並とわたしが、その一瞬、あの良き時に、
ともにもどっているのだ。


遠くなるとは、小さくなることだと思った。
父も、町も、小さかった。

こわかったはずの、家の前の墓地も
えっと思うほど、小さかった。

隠れた藪も、泳いだ川も、学校に通った道も、小さかった
私も小さかったのだ。

遠くなるとは、小さくなることだと思った
宇宙飛行士も、小さな地球を見て
きっと、そう思っただろう。

カンロ飴だって、え・こんなに
小さかった・・・っけ?(^_^

――そんなこんなを感じてきた。ひさしぶりのふるさと。なんだか、とりとめなく、
ことばがあふれる。からだが鳴いている。
[PR]

by sechanco | 2009-07-06 10:49 | ミヤオ・リターンズ
<< 生ジンジャエール ごめんよ >>