晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 05月 17日 ( 1 )


中筋純写真展にてトークと朗読

昨日は「中筋純・三原由起子・宮尾節子 トークと朗読会」
にたくさんの方々に来ていただき、長時間のおつきあいありがとうございました!中筋さんの写真にこめた深い思いに触れられる会となりました。

a0082132_22261819.jpg

三原さんからもさまざまな胸の思いを、なまの言葉を混じえての短歌朗読が、人肌の声として胸に響きました。リンリンと鈴の鳴るような朗読の声もよかった。また、中筋さん史上初の朗読!!写真集「かさぶた」の解説が、そのまま詩になって朗読されていることに、正直、驚愕でした。深い鉱脈から届いてくる声の確かさ、思いの確かさが、そして、愛の確かさが、しっかりと受け取れる素晴らしい、朗読でした。もしかしたら、今回の写真展のクライマックスシーンになったかもしれません。中筋純の歴史的瞬間と、いっても過言ではない朗読シーン、聴けたかたは、たいへん、お得でしたね♪

a0082132_22270383.jpg
a0082132_23304461.jpg
a0082132_23185537.jpg
a0082132_23312477.jpg


a0082132_23223244.jpg

短歌がひとの声となり、写真がひとの声となり、作品と人が、今ここで、ひとつのものとなっている、大変な時期ではありながら、なにか、表現者としての、好機の到来も、感じずにはいられませんでした。お二人の姿に、ひどく感化されながら、詩もひとの声、足り得ているのだろうか。作品が人の体温を保ちつつ、ひとつのいのちあるもの(生命体)として、立てているのだろうか。。と深く自省せずにはいられませんでした。。

金型工場として70年の歴史を経た、工場跡の。ひとのはたらいた、記憶の残るこの空間で、展示されるものは、ひとの働きとしての、作品が試される空間でもあります。


「忘れない」ということは、時間に耐えるということです。中筋さんの写真は、原発被害という重いテーマを抱え込みながら、ひとに突きつけるような、ただショッキングでスキャンダラスなものが、ない。そのことに、ついて彼は。「そういうショッキングなもので、一時的にひとを脅して、ひとの目を引くより、きれいなものや、したたかな生命力を見せるものや、明るい光が混ざり、永くひとが見ていられるものを撮りたい。そして、その永く見ていられるもののなかで、永くひとに考えてほしいのです」そんなことを、言われていて。とても、ああ、そこにわたしは、惹かれるのだなと、合点がいきました。

「忘れない」の中には「愛も忘れない」その肝心を伝えてくれる彼・中筋純。その人間の深く温かい懐に包まれ。その確かな心根に触れる思いでした。

AKAI FACTORYという素晴らしい空間で中筋写真展が開催されたこと、そこでトークや朗読をさせて、いただいたこと。長時間トークや朗読におつきあいくださった、みなさまはじめ、舞台を作ってくださった、ファクトリーのスタッフの方々や、おいしい飲み物を用意してくれたモクモクカフェの方に、こころより感謝です。

よくしようとすると、だれひとり、かけても、うまくいかない、ここのせかいの。わたしも、さまざまな、けっかんをもちながらも、その、ひとつのピースとして、かかわらせてもらった、ことを幸いに思います。

ありがとうございました!

*みなさんが撮ってくれた、素敵なお写真をお借りしました。感謝です。

a0082132_23315517.jpg



More
[PR]

by sechanco | 2017-05-17 22:25