晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:震災ミニ募金( 8 )


611 原発ヴァーサス

a0082132_1594590.jpg

6.11に脱原発の小さなデモ・パレードをしたいけれど、小さく温和な町なので、過激な発信ではなく、ちょっとした言葉を、カラフルな風船に貼って、歩いてるひとや、こどもたちに、手渡したい。なにか、そんなソフトな言葉ない?とたのまれ
a0082132_21015.jpg
a0082132_214334.jpg
a0082132_222945.jpg
a0082132_23941.jpg

a0082132_252337.jpg

結局「きれいな空 きれいな水 みんなの命」にしました。イラストレーターのともだちが
かわいいイラスト文字にしあげてくれました。
7月に飯能市民会館で開催されるヤングママたち企画の『ミツバチの羽音と地球の回転』のチラシもついでに、配りました。
ふうせんを、ふくらませて。ミツバチの羽と触覚もつけて、シールを貼って、とみんなでわいわい内職作業。それから、駅にあつまって、まちをそぞろ歩きの出発となりました。さっそく、子どもたちが、集まってきて、手を伸ばし、風船をねだります。「きれいな空 きれいな水 みんなの たいせつな 命、 まもりたい」の願いをこめた、611飯能まもり隊パレードでした。

先日は、自由の森学園の高校生の企画で『祝(ほうり)の島』という映画を観ました。30年も、反対運動をつづけてきた、瀬戸内の島のおばちゃん、おじちゃんたちの元気で、陽気で、しぶとい記録。あかるく、たのしく、きびしく、たくましく、海とともに生きる島の人々の暮らしを観て。みんなは「原発反対なんじゃない。きれいな海に賛成なんだ。だいじな命に賛成なんだ。ひびの暮らしに賛成なんだ。」そういう、NOでなくYESのあったかい気持ちが伝わってきました。

女漁師の民ちゃんはじめ、島のおばちゃん、おばあちゃんたちの朗らかでたくましいこと。そういえば。高知の原発建設も、町のふつーのおばちゃんたちのパワーで止めたと聞いた。こちらへ避難のために、お子さんを転校させた話を聞かせてくれたのも、福島のお母さんだった。――そして、つよくおもった。いざと、なったときは、「女子力が頼みのつな」だと。

なぜだろう。

祝い島のおばちゃんたちは、はじめは反対も賛成もなく、説明を聞くために、よその原発の見学に案内されたとき、ふとそこの海を見て「海の色が、おかしい」と言い出すものがいたらしい。「なんか、おかしい」「なんだか、いやだ」そんなそぼくな、さいしょは反対運動のはじまりだったという。わが身にいのちを宿し、いたいおもいをして産み出し、くろうして育ててきた、女性たちの感覚や感受性は、とても鋭いのかもしれない。そして、なにより。男性にくらべて、最終的に女性は利害や数字に絡みとられない。それを捨てられる。損得を捨てて、生命を守るほうを選択する。「いのちにとって、だいじな、はんだんは、きっと、おんながする。いのちをまもるのは、おんなだ。」そんな気がしました。それも女の直感だけど(笑)。だから、男性はどうか、女性の邪魔をしないでほしい、とおもいました。協力してほしいと。

そして、女性は女子力をいまこそ、発揮するチャンスではないかと
思いました。

More
[PR]

by sechanco | 2011-06-13 03:26 | 震災ミニ募金

東電をつけてください

a0082132_939167.jpg石巻から帰ると、野ばら咲く季節になっていました。いろんな言葉が渦をまいています。少しずつ、思いがほどけて、かたちになればと思います。

昨日は、行政監査委員会の中継をネットで観ました。少し歴史が動いた、感じがしました。錯覚でありませんように。みんな思いを述べることがうまいなあと、感心。本当に伝えたい思いを強く持ち続け、永く伝え続けてきた人々だからでしょう。胸から発したことばは、ちゃんと胸に届くのですね。小出さんがガンジーの遺した「7つの罪」という言葉を引用されました。7つのうちの、「・人格なき学識 Knowledge without Character ・人間性なき科学 Science without Humanity」これらがクリアされた人たちだからでしょう。詩にも言えるでしょうね、きっと。
a0082132_9471872.jpg


More「詩」
[PR]

by sechanco | 2011-05-24 10:19 | 震災ミニ募金

ハンカチの木+

a0082132_1051025.jpg

せんじつ街に出かけたときに、大きなハンカチの木を見つけました。
ハンカチの木には、たくさんのハンカチが咲いていました。

しあわせの「黄色いハンカチ」という映画のシーンを思い出しました。
これは・・・
真っ白いハンカチが鈴なりでした。とてもきれいでした。
すこしかなしい気持ちになりました。

足もとには何枚ものハンカチが落ちていました。

ともだちが「はい」と言って
一枚ひろってくれました。これがハンカチの木の
白いハンカチの花です。
a0082132_10155242.jpg


+みにmini写真と詩展
[PR]

by sechanco | 2011-05-04 12:25 | 震災ミニ募金

きれい

a0082132_12592460.jpg
かぜが ふけば はなふぶき まう 

More
[PR]

by sechanco | 2011-04-16 13:14 | 震災ミニ募金

さくらは  わすれません

a0082132_10284484.jpgさくらが
とどきました
遅ればせながら
北の被災地に
南の地から暖気に乗って

てもあしもないので
ちからしごとはできませんが
みぎのものをひだりにも
できませんが
くちもないのではげましの
ことばもかけられませんが
小さなつつみをひらいて
いっしょうけんめい
みんなで咲きます

どうぞ
みなさん
顔をあげてください

さくらが
とうちゃくしました
春を知らせに

らいねんも、さらいねんも
さくらは
みなさんを忘れません

さくらは
みなさんの
春を忘れません

More
[PR]

by sechanco | 2011-04-13 10:37 | 震災ミニ募金

マケズ ニモマケズ

a0082132_9395845.jpg新聞に掲載された一枚の写真。被災地のある小学校で、がれきの中に残っていたという壁画が目と胸に飛び込んできた。
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の最初の二行「雨ニモマケズ/風ニモマケズ」の雨と風の部分に津波が破壊し運んできた瓦礫が乗っていて、その下のことば「マケズ/ニモマケズ」だけが見えている──。その横では、折れ曲がった銀河鉄道の車両が、空に向かって延びている。俯いた黒いシルエットの帽子の男が宮沢賢治の姿だろう。とても暗示的におもえる。

そして、この東北の童話作家であり詩人である、宮沢賢治の詩の言葉が、いま多くの被災者のエールになり、つらい心の支えになっているという。

「<勝とう>と思うと駄目なんです。<負けるもんか>と思う事にしてるんです。すると、踏ん張れる」なにかで、そんな格闘技のチャンピオンの言葉を見つけたことがある。

賢治のこの「負ケズ」という言葉も、誰かに勝つのではなく、「負けない」という自分の姿だけを見せている。「勝つ」ということばは、どこかに、「負ける相手」を作る。けれど、「負けない」という言葉は、自分の姿勢のほかを指し示さない。相手は人かも知れないし、今回のような荒ぶる自然かもしれない、相手に勝つことはできなくても、自分に負けないことはできる。相手なんかどうでもいい。最後のたよりの自分へのエールこそが「負けない」「負ケズ」なのだと思う。

せんじつの、「良いことば」「正しいことば」について、いろいろと考えた。そして、良いことばがかならずしも正しくはないし、正しいことばがかならずしも良いわけではない、ということもあるのではないかとも思った。「正しい」という意味が、正確なあるいは真実のという意味でならばだ。

わたしたちは、ときに正しいことを伝えられない場面に出合う。その真実があまりにも厳しく、相手のこころを損なうことがわかってしまうとき。生きるためのこころを折ってしまいそうなときだ。よくみると。からだはこころにささえられている。こころが折れたら、からだは動かなくなる。

うそで体は動かない。でも、その体をささえるこころは、ときに、ちいさな嘘で動くことができる。「生かしたい」その想いが真実であるときに限って、「良いことば」は「正しいことば」になるのではないだろうか。たとえうそでも。


しかし、やっぱり、うそはかなしい・・・。

からだを守る行為と、こころを守る言葉があるはずだ。きっと。。正しい言葉が。良いと正しいが、ひとつになる言葉が。そして、ひとを生かすことばが。そして、うそではないことばが。

その正しい言葉に耐えるためには、言葉を発するほうも、言葉を受け取るほうも、ともに鍛えられた精神をもつ者でなければならないだろう。

たとえば、地震と津波を潜り抜けて(──わたしは想像する、この言葉の壁が、地震に揺すぶられ、津波の濁流にのみ込まれ、瓦礫にぶつかりながら、じっと水底で耐えてる様子を、「マケズ」の言葉が、踏ん張ってる姿を、わたしは思い浮かべる)──なお人の心に生き残った、この賢治の言葉や

More
[PR]

by sechanco | 2011-04-13 10:21 | 震災ミニ募金

よいことば ただしいことば

a0082132_1192899.jpg良い情報でなく、正しい情報が欲しい福島の方からのメールが、震災関連のテレビ番組に寄せられていました。

「良い」ではなく「正しい」をいま希求するのは、福島の原発事故被害に遭われている人々だ。わたしは、この願いの言葉につよく捉えられてしまった。

それは、「良い暮らし」ではなく、その失われた土台の「暮らし」を、取り戻したいという切なる訴えだとおもう。

なぜ、これほど、この訴えにとらえられるか。「比喩」を表現の手段として、自分が言葉を発信している者だからである。「正しい言葉」ではなく「良い言葉」を捜す側の者だからである。つまり、いま、いらないと言われた側にいることの、罪に捉えられたのだ。

逆説的だけど、言葉の力はあると思う。『原子力発電所は安全です』。今も無力になっていない。」──この言葉は、某SNSでつぶやいた一人の詩人の言葉である。無力といわれる詩の置かれた社会的現状に対して、皮肉なエールが送られたのだ。

「たしかに、そうだ」と。この詩人の言葉にも、ひどく胸を打たれた。。しかし、撃ちながら撃たれるような、この諸刃的で皮肉な弾に胸をやられて、言葉の基盤が損傷してしまうように感じた。

最初にあげた福島のひとのメールにあった、「良い情報ではなく」の「良い」とは、たとえばこの「安全」という今まで与えられつづけ、結局は裏切られた情報・言葉のことであろう。

わたしたち詩書き、比喩書きは、正しいに属するものではない。「よりよく」の「良くと欲」に生きるものである。正しいとは何?とこどものような目を向けるものである。

このさきを、まだうまく、まとめられないが。自分の言葉の基盤が揺すぶられるような思いをしている。

「安全」とは、人の願望を書いたことばである。人が生きるために必要な願望。「危険」と書いたことばのもとで、人は生きられはしない。

生きるために、「安全」な「良い」言葉を掲げる。そして、良い言葉のもとにしか人は行きたがらない。

いくら真実だと言い続けても、「無」を唱える仏教に人々があまり耳を貸さないことや、「危険」のプラカードを掲げる諸々の反対運動に少数の人しか参加しない理由が、わかる気がした。

みんなは、「ある」と言って欲しいし、「あんぜん」と言って欲しいのだ。生きる為の、希望が欲しいのだ。しかし、今その「良い」のむなしさに気づいた、ひとびとがここにいる。どんなに厳しくても「正しい」がほしいと叫ぶひとびとが。

良く生きるための、「良く」がなくなったとき、「良く」に騙された時、ひとは求める。生きるための「正しい」を。

それでも、言葉を信じられるか。いまきっぱり、捨てられた「良い」言葉を。。わたしたちは、わたしたち比喩は。。

More
[PR]

by sechanco | 2011-04-10 11:42 | 震災ミニ募金

花を見つけに

a0082132_11535242.jpg

a0082132_22154913.jpg

a0082132_11542460.jpg
a0082132_1154514.jpg

行きました。

More
[PR]

by sechanco | 2011-04-04 12:00 | 震災ミニ募金