晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


沖縄シンドローム & Noli Me Tangere(我に触れるな)

a0082132_11162348.jpg

一緒に行った友達は、なんだかうまくこっちの元の暮らしに着地できないと言っている。帰ってから36時間眠り続けて、起きてもまだ夢から覚められない感じだという。

わたしは、帰ってから首の周りや腕にたくさんの赤い発疹ができて、掻けば掻くほどそれが増えていき。指先で触れるところすべてに発疹ができていく。「まるでティンカーベルの魔法の指先みたいだ…」と妙な感激もしていたが、「触れるところがみな詩になっていく…んでなくて…湿疹になっていく(笑)」んで、痒みがたまらず。ついに皮膚科に駈け込んだ。「南の島の虫にやられたにしては、帰ってきてから1週間も経ってるんでしょう。こちらで、毛虫にでも刺されたのじゃないですか」と医師はつめたい。でも、確かに島の知人が、同じ症状の首や腕を見せてくれていたもの。。抗アレルギーの飲み薬とステロイドの塗り薬をもらった。「虫さされは島みやげだよ」と言う人もあったが。・・・まてよ。ひょっとすると、大好きなパッションフルーツの食べ過ぎかも知れない…という心当たりもある。ひとにいえないぐらい、たべた。だって、世界で一番好きな食べ物である。パッションフルーツは。このPassionは「情熱」ではなく、「受難」の意味だということを想い出した。身にしみて。

数々の出会いがあった。気になっていた『ブコウスキー』の訳者のひとりである、とても素敵なAmyさんとの沖縄での出会い。とてもよくしてもらった。そして、帰ってからの小島きみ子さんという詩人の言葉に出合ったこと…。Deep south そしてpassion fruitそして小島さんの詩集の薔薇の花びらの間に眠る蜜蜂の姿から訪れた言葉「Noli Me Tangere」我に触れるな。

わたしは 触れて しまった かも…。

すきなものに ふれては いけないの かみ
さま?…

触れたシルシの・・・
発疹はからだじゅうに広がって、満天の星空のようだ。。んなこと
いってるばあいじゃないが・・・痒いぜ。^^;
[PR]

by sechanco | 2008-06-28 12:21 | ミヤオ・リターンズ

ストロー

a0082132_9295832.jpg

「沖縄に行くならぜひ、寄っておいでよ」と紹介してもらった海辺の喫茶店。立ち寄った時は引き潮だったけれど。潮が満ちてくると、目の前まで海がやってくるそうだ。時々、前の浜でライブなども行われていて、潮が満ちてくると設営した舞台が海に浮かぶとか。想像するだけで、たのしい。

朗らかに演奏しながら楽隊を乗せたまま島が離れていく、『アンダーグラウンド』という映画のラストシーンが想い浮かびました。

席は窓際のみで、すべて海にむかって開かれている。

押し開きの窓も、開け放たれていて、窓が開いているのか
胸が開いているのか、わからなくなるほど心地よい。

珈琲等だけれど、景色に合うようにハイビスカスのアイスティーを
注文。水平線にストローを立てる。

すずしい海をいただく。美味しい。
[PR]

by sechanco | 2008-06-26 07:40 | ミヤオ・リターンズ

Deep south

a0082132_942998.jpg生まれてはじめて沖縄に行きました。そして、離島に渡ってソーダ水のような海を見た。なぜガラスの器に入ってないのか不思議な気がした。こんなきれいな海の色をみたのは初めて。

二本のストローのように、足を海に差し入れると すうっとわたしが飲まれていった。水色のソーダ水に。それからずっとあたまが、からっぽ。

a0082132_1151564.jpg


More
[PR]

by sechanco | 2008-06-20 11:00 | ミヤオ・リターンズ

秋葉闇

a0082132_7113355.jpg



a0082132_7104130.jpg

                            ———エミリ・ディキンスン



傷ついたこころが
もっともひどく
ひとを…

More
[PR]

by sechanco | 2008-06-11 07:35 | ミヤオ・リターンズ

背中が見える

a0082132_11581050.jpg「2時間も、待ったのよ。見るのに」「わたしなんか、3時間」という会話が知人のあいだで飛び交っている。平城遷都1300年を記念して、東京国立博物館で今おこなわれている特別展『国宝 薬師寺展』の話。

「なにが見られるの?」と聞くと「日光菩薩と月光菩薩」だそう。
「薬師寺に行けば、いつでも見られるものじゃないの?」ときくと、「そうだけど…」「なんでそんな地味な仏像(すいません)にみんな大騒ぎしてるの?」「外に出るのは初めてのことで、それから…普段は見られない、背中が見えるの!」「せ・背中が…?」

ホトケの背中が、そんなに見たいものだろうか…と。ぽかんとしてしまった。ふだん背中ばっかり見ていて、はじめてお顔が見られるのならまだしもの話。3時間も並んで。「なんだ、背中か」と思う私がとんちんかんかな。ずっと昔わだいになった「月の裏側」の写真ほどの衝撃はないと思うけれども。

日光菩薩・月光菩薩というとわたしは、ああ思い出してしまった『ブラザーサン シスタームーン』という言葉と映画を。そして書きかけて座礁してしまった、じぶんの詩のことを…。

どんな詩かというとね。しんじつはひとつではない。ときにふたつのばあいもある。ひとつなら、それを「別れ」とよぶ。けれどふたつなら、それを「必要」と呼べはしないか。日光・月光も「照らす」というひとつを生きる。きっと二体の必要であると。。

More?
[PR]

by sechanco | 2008-06-08 09:31 | ミヤオ・リターンズ

こんにちは

a0082132_10361412.jpg
ちょいと思うところあって。ホームページ制作にとりかかっている。いまさら、と笑われそうだけれど。「フランスに行ったらフランス語で」「土佐に帰ればもんてきちゅうで」という妙な意固地な思い入れがあって。「はいぱー・てきすと・まーくあっぷ・らんぐえっじ」つまりHTML言語で取り組んでいますのよ。で、昨日の信じられないほど(笑)の大仕事の成果。やっとのことでたどりついた画面の「こんにちは」です。色も「misty rose」を指定したのよ。ふう。遠い星からはるばる参りましたようです。こんにちは。

HTMLテキストいわく。「コンピュータに『〈赤〉という文字を赤くしろ』と日本語で(人間語で・宮尾注)言ってもわからないので、その代わりHTMLで『〈FONT color="red"〉赤〈/FONT〉』と指定するのです。」と、書いてあって思わず涙ぐみそうになった。なんだか他人とおもえないものを感じたからだ。赤鉛筆で「赤」と書けば、赤くなる世の中に、「〈FONT poem="red"〉赤〈/FONT〉」と大層な舞台設定してまで、詩で「赤」を出そうとしている。裏の苦労が表に出ないね、おたがい割の合わないエッチ(HTML略)で裏方言葉な仕事だぜ。コンピュータ、おまえも詩人よのう。

生まれはどこなん ?£¢%#&*@☆√∽∝∵?あそー。あたしはその手前のね……♪

ん?難解な現代詩はHTML面が表になっただけの、裏はただの「こんにちは」かも。^^

More?
[PR]

by sechanco | 2008-06-04 12:14 | ミヤオ・リターンズ

雪踏み 蛍携帯

a0082132_10104123.jpg雪を踏む


詩を
書かないと

病室の窓から
雪野原を観ているみたいだ
書くことは足跡を
つけること

外に出て 踏みたい
白い 雪を踏んで
歩きたい

詩は
ちょうどひとりで歩くのに
いい

大勢の言葉に踏まれる前の
ひとり歩き

なにをしてるの
雪踏み

溶けたら消える冬の
仕事よ

More?
[PR]

by sechanco | 2008-06-02 10:29 | ミヤオ・リターンズ