晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ありがとうございます

まほさんの詩集『ありがとう』に、たくさんのご予約が殺到してみんなで
うれしい悲鳴をあげております。ありがとうございます。

本日発売ですが、早々に売り切れの可能性が出て参りました。
お求めの方は、お早めにご注文頂くことをおすすめ致します。。

初仕事の苦労が報われます。みなさまのお気持ちこころより感謝です。

読みやすくて、心にしみて、胸があたたかくなって、でも時々、まほさんの人柄に、
思わずくすりと笑ってしまう。とってもチャーミングな言葉の花束です。
本のデザインもデザイナーさんが腕によりをかけて仕上げた、
明るく柔らかい桜色の、抱きしめたくなるような、愛しい本です。
部屋に置いているだけで「ありがとう」まほさんの
元気な声が聞こえてくるようです。。
★ご注文はこちらです。

☆奇しくも、ベストセラー作家村上春樹さんの新作と同日発売。
 村上さんに、負けてはいられません。(笑)
 
[PR]

by sechanco | 2009-05-29 16:44 | ミヤオ・リターンズ

魅せられて

a0082132_7381694.jpg
知り合いの方の人形展が銀座である。わたしはこの方の人形ほど心奪われる(心突かれる?)人形を今までに知らない。いちばん最初、まだ全身ができてない、ばらばらの体の一部を写真で見たときからもう、ただならぬ気配を感じて、とりこになっていた。

一瞬「息を呑む」。丸山喜美子の人形はイノセントで妖しくて美しく怖くて、人形の前で金縛りにあってしまいます。このポストカードを眺めているだけで、もうなんだか尋常でない気持になっている。
てもあしもかみのけもめもまなざしもようふくもそのたたずまいも・・・ひのうちどころがないです。わたしには。このあり得ない、リアルさはどこから来るのでしょう。

妖精降臨です。

作者の丸山さんご本人はとても気さくで人懐っこい方・・・絵や版画も描かれるのですが、これまた凄い。理科室のエロス、というかなんというか。この方が・・・と思うような?驚きの数々です。女性は魔女ですね。
5月25日~30日まで。銀座5-5-13 坂口ビルⅡ4F ぎゃらりい「いぶき」 tel 03-3571-7797 にて。おすすめです。

あまり、ポストカードが素敵だったので、以前のブログの写真を削除して容量を作り出し
掲載しました。(^_^)/~~
[PR]

by sechanco | 2009-05-22 09:22 | ミヤオ・リターンズ

YOUR LIFE.

北爪さんのエッセイを読んで感銘を受けた。こちら→★ちいさな声から そして。日曜日出かける用事があったので家人に頼んで、北爪さんが紹介されていたNHKのプロフェッショナルの再放送を録画しておいてもらった。家人の朝寝坊のおかげで20分ほど過ぎてからだったが「瀬谷ルミ子」さんのお仕事の様子を見ることができた。

言葉の力は強い。わたしは北爪さんの文章で入るべきものはすでに入っていたと感じた。あとは、直接お顔を拝見することと、ほんとうに「普通のことを普通にしている」という気負いのない姿がとても印象的でした。

立派なことでもなんでもない、ごくあたりまえのこと
なんだよ――という風情が、観ているものにもなんというか・・・優しかった。

その彼女の佇まいは、――北爪さんが引用している、長尾高弘さんの詩『二〇〇九年』のなかの「目を覆いたくな るようなものは、できれば見ずに済ませてしまいたい。/見ていたら生きていけない。/でも、見なければ生きていない。」という部分、そして北爪さんが「この言葉が詩の中心なのだ。」と評している部分 の――わたしには対極にある風情に思えた。

わたしは、長尾さんのこの詩のこの部分にも非情に感銘を受けた。しかし、こちらにも突きつけられるその言葉の刃先をじっと見つめながら、詩書きの性かもしれないが、「美しい。」と声をもらしてしまった――。

それは表現への感想だった。それは表現の力が、内容を超えてしまったからではないだろうか。その読者の感じたものを作者も通過したのではなかったのだろうか・・・「美しく書く」「美しく撮る」・・・こういう社会問題に表現者が関わるとき、わたしがいつも躓くのはここだ。このわたしの受け取ってしまう感応であり、身の内に疾ってしまう官能なのだ――。最後は美につく、身の程の怖さが常にある。

「見なければ生きていない」この見事で美しいラストは、しかし、詩のものだ。
現実なら、それこそ詩的に返すが――突きつけられた刃先で、300万人よりもっと多くの
人間を殺す言葉だ。

わたしはときどき思う。福間さんの映画『岡山の娘』の中で詩人・北川透が若い女の子に
「詩を書くのに一番必要なものって、何ですか?」と訊かれて
「人の弱い心です」と答えていたことの、その弱さとは何だろうか、と。

このパレスチナの紛争で1000人を超す殺戮された人の・・・だろうか。
この国の300万人の失業者の人の・・・だろうか。
それらを見て見ぬふりをして我が身のしあわせのために生きる多くの人の・・・だろうか、と。
いったい誰がいちばん弱くて、
詩人はいったい誰の声を伝えればいいのだろうかと――。


紛争解決のエキスパートとしての瀬谷さんの
しかしごく普通の人としての佇まいと、この見事な詩の言葉は
きびしい言い方になるかもしれないが、それは「やっている人」と
「やらなければならないと思っている人」の机上と戦場の
歴然とした違いがあるように思った。

現場にはもっと優しさが必要なのではないだろうか。厳しさよりも本当は、
優しくなければやっていけないのが現場ではないのだろうか・・・

この優しさや
多くの普通の人が受け入れ真似られるのは、この普通の姿の
表現なのかもしれない。

たとえ、瀬谷さんご自身は「一枚の写真という表現」から、動き始めたとしても。。。

瀬谷さんがテレビのなかで、一人の少年兵士に学校に行けるように世話する件で
なんとか学校にいけるめどはついたが、完全に彼の望どおりの形ではないことに、少年が少し愚痴をこぼすと(もっと何とかしてほしいと、頼りたそうに)・・・とてもきっぱりと

「ユアライフ!」と少年に言った。
これは、あなたの人生だ。わたしの人生ではない。ここから先は自分で切り開いて
行くしかない、と。

そのあとが、とても感動的だった。少年は、はっと我に返るように、あるいは預けていた大事な荷物を受け取るように、しっかりと彼女に答えた。

「マイライフ!」わかった、僕の人生だ。ここからは自分で進んでいく。。そうして
しっかりと瀬谷さんの手を握った。そのときはっきりと彼の覚悟が見えた。

それは、まるで、彼が投げ出していた自分の人生と、個の尊厳を新たにとりもどす儀式のようで、静かで厳かで、うつくしかった――。

「ユア・ライフ。」胸にいちばん響いた言葉だった。そして応えられた
「マイ・ライフ!」も。

More
[PR]

by sechanco | 2009-05-18 10:24 | ミヤオ・リターンズ

ありがとう

a0082132_12215741.jpg
まほさんの詩集『ありがとう』の表紙ができあがった。岸本眞弓さんのとても素敵な装丁です。この表紙を胸に抱きながら、まほさんの詩集の末尾に載せさせて頂く、紹介文もやっと書きあがった。わたしは文章は苦手だ。詩が方言に近いものなら、文章はそれを標準語に直してしゃべるようなもの。田舎者(笑)にはひと苦労だ。とくに人様のものとなると、さらに緊張はいや増す――という訳で、苦手ながらもまほさんの良さをわかっていただくべく、紹介させて頂いた(以下・掲載)。皆様に思いが届くといいな。そして、この詩集がたくさん売れると嬉しいな。――だってここだけの話(笑)、わたしの詩よりずっといい!ずっと人生のためになるもの。――ずっとそばに置いておきたい、元気のもらえる詩集です。プレゼントにもぴったりの表紙…^^。

★タイトル文字は「まほさんの手書き文字」です。まほさんご協力ありがとう。

☆まほさんって、どんな人?あのね。昔、みつはしちかこという漫画家のマンガに『チッチとサリー』という可愛いラブストーリーがありました。ノッポでイケメンのサリーと、彼が好きで好きでたまらない、お茶目でお人好しでおチビの女の子のチッチ。今で言えば、「のだめ」みたいなタイプかなあ。その、チッチにそっくりな感じです。――まほさんの言葉のお人柄は。あいさずにはいられなくなる・・・ひ・と。

★予約注文もお薦めです。ご希望の方はポエトリージャパンブックスcall@poetry.ne.jpまで是非ご連絡ください。¥1200+税(B6版サイズ 128×182mm)、五月末頃には本になっている予定(あくまで予定ですが…)です。
☆Amazonでも買えるようになりますが、なるべく★ポエトリージャパン>でご購入ください。詩一本の、社長が喜びます(笑)。


☆愛がいっぱいある

                   宮尾節子

 私でよかった(ありがとう)
 両親でなくて(ありがとう)
 姉妹でなくて(ありがとう)
 家族じゃなくて(ありがとう)
 私でよかった(ありがとう)


 これは、選ばれたのが自分でよかったと喜んでいる
まほさんの『選ばれて』という詩の一部である──。 
 たまたま飛び込んだインターネットのある詩のラン
キングサイトで、ダントツで一位を突っ走る女性の詩
が目にとまった。何の気どりもかざりもない。ふだん
のままのやさしい言葉で友達にしゃべるように書かれ
ていて、今時の若い女の子(「まほ」という名前しかり)
のポエムかなあと思って読み流していたのが、このフ
レーズに出合ったとたん、ぎゅっと胸をつかまれる思
いがした。この人はタダ者ではないな、と感じた。 
 何にありがとうと、言っているのか。病気をして不
自由なからだになったのが、自分でよかった、ありが
とうと感謝している詩だった。「なんでわたしが」を
覆す大きな愛がそこに見えていた──。

 まほさんの言葉は、悩み苦しむ人々への熱いエール
に満ちている。しかし、それらは誰かの受け売りや易い
借り物の言葉ではない。ぜんぶ、彼女自身が「でも
でも/これができると/生きやすくなるんです/わ
たしはわたしの心で/試してみました」
と心と体張って、
命をかけて我が身で試した言葉ばかりだ。彼女が生き抜く
ために──彼女が自身の絶望を乗り越えるために。

 ある日。元気で働き者の彼女を、突然おそった難病。
そして目が覚めると「ひとさし指がいっぽん」わずかに
動くだけの体になっていたという現実。
 その過酷な事実を受け入れ、重い後遺症からの恢復の
ために、指一本でものを書くところから、彼女のリハビ
リと言葉の冒険(あえてそう言おう)は始まっている。

 ゼロからの出発
 もうこれ以上うしなうものは
 なにもない

 これからは ひとつずつ
 できることをふやしていく
 たのしみがある 
            ──『ゼロからの出発』


 このようにまほさんは、目の前の絶望をつぎつぎと
希望に変えていく。体の動かない彼女は、その希望へ
の魔法の杖として──言葉を見出したのだ。
 言葉しか掴まるものがない場所で、掴まれた言葉が
信頼に応えている。人と言葉の幸福な姿がここにある。
 人は言葉に頼って立ちあがり、歩むことができる。
言葉が言葉のままでむなしく終わらない、言葉と体が
一体となって一人の人間を歩み出させる実践が、この
可愛らしい言葉たちのなかで果たされている。これは、
体を取り戻そうとするまほさんのリハビリであり、ま
た体から離れた言葉のリハビリでもあると、詩書きの
私の眼には、映った。言葉のしあわせと人のしあわせ
を、私はまほさんの生きる姿勢に見出し、嬉しかった。
 明日の見えない時も、彼女の言葉はひるまない──

 だけどだけど
 今日という日がある
 (中 略)
 手に入れたくても
 できなかった人はいっぱいいる
             ──『あたりまえの幸せ』


 明日を求める皆の足元に「今日の幸せ」を発見する。
まほさんのお手柄は、今日を幸せにしたことかも──。

 夜を終えると、草の葉にはきらきらと宝石のように
朝露がきらめいている。たくさん泣いた後の心と体か
らあふれ出たまほさんの言葉には、愛がいっぱいきら
めいている。読んだ後、まほさんの愛で胸がいっぱい
になる。この詩集にはまほさんの、愛がいっぱいある。
いま、世界に足りない愛がここに、きらめいている。
 
私にとっての しあわせって
(略)
人生の中で
どれだけ ありがたさに気付き
感謝できるかということに
比例する 
            ──『しあわせのものさし』


 冒頭の詩の「ありがとう」の言葉がなかったら──
この詩集はきっと、できあがっていなかっただろう。
そう思うと「『ありがとう』は/やっぱり まほうの
言葉だった」
ね、まほさん!

 最後に、まほさんに惚れ込んだわたしの思いを、形
にしてくださったポエトリージャパン代表・曽根亘元
氏、並びにみゆきさん、岸本眞弓さんにこころよりの
感謝をこめて──ありがとうございました。



More
[PR]

by sechanco | 2009-05-06 10:11 | ミヤオ・リターンズ

笹塚つづき

じつは、おこられました。かなり取り乱して、前から後ろから
右から…と家の写真を撮っていたのが異様な光景に見えたので
しょう。さいごに駐車場から正面の写真をもういちどとデジカ
メかまえたら、道からなにやらすごい視線を感じます・・・。

ぱっと振り向いたら、ちょっとやれた感じのおじさんが・・・
まあ、人生で与えられるべき幸運の大半は他人が持っていった
わい、ふん・・・というすねた感じの――おじさんが自転車を
とめて――

じっと、こちらを見ている・・・あ、この視線に解決の糸口は
見つからんね・・・を直感したけれど。
「あの、ここに住んでたもので、なつかしくて」と言い訳する
と上目遣いにじっとにらんだままぼそっと「撮るなよ」という。

「あの部屋に住んでたの、なつかしくて」と繰り返すと
「写真撮るなよ」とまたぼそっと。。わたしが会釈して動くと
その自転車は、ゆっくりあの家に入って行きました。今の住人
だった。。。

そして、私は思いました。あのねちっこくてマックスめんどくさ
そうな。性格の悪そうな。がんこで嫌な奴そうな・・・あのつき
あいたくないリストの一頁に載りそうな・・・しかし。あの人の
あの性格があってこそ、あの家はあのままで守られてきたのだ…。
と、俄に雷に打たれたように(!)了解したのでした。たぶん、周り
の開発に「立ちのかん」と言い、大家さんを困らせ、まわりに嫌
がられ怖がられ、煙たがられして・・・でも

あの家は、あのまま今もあの姿でいられているんだと・・・
あの感じの悪いおじさんの大切な宝物を見せてもらったようで
その宝物は、じつはわたしの宝物で・・・つまりは、わたしの
宝物を世間の荒波から守ってくれていたのは・・・あの、おじさん
だった・・・のか。。。

という新たな物語の展開に、帰り道そっとおじさんに向かって
「どうもありがとう」とふかく頭をさげたのでありました。。。

この世の中、性格悪くならなきゃ守れないものもあるかも――と。
つまり、性格の悪い人の守っているものって、私たちのなくした
案外すばらしいものかもしれないな、と。悪いのも悪くないかも
と――――おしまい。


*おじさん像は勝手に想像したフィクションですから、どーぞよろしく。
家の周りにあやしい人影――おこって、とうぜんの状況です。(^_^)/~~

*お知らせ↓
[PR]

by sechanco | 2009-05-01 17:16 | ミヤオ・リターンズ