晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
お気に入りブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


おひるね

a0082132_2051145.jpg
目が覚めるとこんなとこだったりして・・・よ(笑)

More
[PR]

by sechanco | 2009-06-25 20:57

花束道路

a0082132_20273477.jpg
キンギョソウという花かしら。住宅街ですが、車の通る道路のわきにぴょこんと咲いていたのです。道行く人に花束をさしだすみたいに。あんまりかわいくて自転車からおりて見惚れました。「きれいねえ。かわいいねえ。えらいねえ。」とありったけの賛辞をささげ、「よいこ、よいこ」と花の頭をなでてしまいました。猫みたいに逃げないで、犬みたいに咬まないで?こころゆくまでなでさせてくれました。性格もよいお花。^^種が飛んできたのでしょうか。コンクリートの隙間に、光りを頼りにのびてきたのでしょうね。

東京からこちらに越してきてから、改めて植物のたくましさに圧倒されています。田舎にいる頃は野原や山でこの植物力をもらっていたのだと思いだしました。なにも言わないから忘れるのよね。(笑)
――何度でもやりなおしがきくことは、草木にならいました。

More
[PR]

by sechanco | 2009-06-21 21:07

みんなしあわせに

a0082132_1193713.jpg三つ葉だったらみんな幸せになれたのにねえ
(しあわせが「四つ葉」でなくて)と少し前に同情した(笑)野原のクローバーたちがいっせいにきれいな白い花を咲かせていた。

遠くから見ると、野原にところどころ白い雲がうっすらたなびいてるように見える。なんだろうと思って近づいたらみんな花。なあんだ、みんな幸せになってるじゃないと、うれしくなった。四つ葉じゃなくても、いいんだね。ちゃんと持ってる幸せの花をいっぱい咲かせてるじゃない。よけいなお世話でしたね。ぺこり。

爪楊枝の先のようなちいさなちいさな花弁にも、ちゃんと蜜蜂くんは訪れて、「やあこんにちは、花さん」「あら、ごくろうさま蜜蜂さん」と、奥さんと生協の人がする玄関先のやりとりみたいなちいさな会話が聞こえるようで…とてもほほえましい――「クローバーはちみち製造現場」も目撃しました。


☆まほさんの詩集の感想がぞくぞく届いています。ありがとうございます。仕事が報われます。「ありがとう」の感想

わたしのすきなまほさんの詩のひとつ――

神さま・・・
あなたにお祈りする人が
たくさんふえました
だから自分自身のことを
お祈りすることは止めました

        ―― いのり(一部)


このフレーズに、まほさんの姿がよくあらわれているように
おもいます。

きよらかさ、やさしさ、とうとさ、いさぎよさ、、、
そして、おひとよしで、ちょっぴり
おっちょこちょいなおちゃめさ?まで。うふふ。

More
[PR]

by sechanco | 2009-06-15 11:26 | ミヤオ・リターンズ

くるみの木かげ

a0082132_11251018.jpg
木かげが恋しい季節になりました。くるみもいっぱい実をつけて、葉をしげらせて、足元に涼しい木かげを落としています。下手なベンチよりうれしい木かげでひと休み。

ふうっと息つぎをすると、気持がぱっとチェンジする。プールの息つぎみたいに。ときおり景色がくれる「息継ぎ」は、ひとが生きるのに必要な「生き継ぎ」だなと思う。

More
[PR]

by sechanco | 2009-06-13 11:55 | ミヤオ・リターンズ

ダチョウと文体

a0082132_8145546.jpgいつもの散歩道を犬が引くので一本それた。すると目の端っこに違和感があった。ふだんと違うものが一瞬見えたのだ。普段の見慣れた景色に、風呂敷一枚分の変な動きが混ざった。それをわたしは錯覚とおもわない質だ。「のっしのし・ゆっさゆさ」と今一瞬見えたものを口に出して、それからその動きをちょっと体で真似してみたりする。すると。ぴんときた――。

それから、犬に言った(他に言う相手もいない散歩道)「ダチョウだ!」
あり得ない。いつもの散歩道をいっぽんそれただけの普通の民家にダチョウがいるなんてあり得ない。

でも、その動きを追ってひとつ角をまがると、ほんとうに駝鳥がいた。普通の農家に
なんとニワトリを飼うようにダチョウを飼っていた。おおきな駝鳥をおまけに2羽も。

素晴らしい駝鳥だった。わたしたちは見つめ合った。「こんにちは」「コンニチハ」
茶色いガラスのような駝鳥の目はとてもきれいだった。
ぽとんと落とした糞は大きかった――。

「ダチョウがいたよ。」というと「まさか」(またか?)と家族に一笑されたが。
こんどはデジカメで証拠写真をお見せしましょう。

「見つけの天才」とは、昔から言われている。ここだけで明かす、コツは文体だ。日常の文体の綻びからそれらはいつでも現れる。そのためには、日々の文体をていねいに退屈しなければならない(笑)。

そして、日々は「隠れんぼ」だという遊び心と。いや鬼ごころか・・・(^_^)/~~

More
[PR]

by sechanco | 2009-06-10 08:37 | ミヤオ・リターンズ