晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


愛の道・Going 「アイ・ウェイウェイ」

a0082132_1564220.jpg六本木ヒルズの上層階(あの暗い高速エレベーターが苦手。どうかこんなところで世界が終わりませんようにと毎回・祈る)の森美術館で「アイ・ウェイウェイ」の展覧会を観てきた。「中国のあいうえお展とかの…」とカタコトの語学でも切符は買えた(笑)。作品はコンテンポラリー・アートというのかなとおぼつかないが、よかった。

すごくよかった。とても癒された――。芸術家というひとのなす仕事で、こんなに癒されたのは稀なことだと思う。シンプルで深い。太っ腹なのに繊細。見逃してるようで容赦しない。あっぱれだった。

だいたい芸術作品というものは、こちらのこころの準備もおかまいなしに、いきなり非日常や異次元やの難解な世界にひとを突き落とすものだ。その点は、例えがひどくてアーティストには申し訳ないが遊園地の「お化け屋敷」の脅かし方そっくり。やれやれ。わかったわかった、わからないわからない(?)。みたいな気持に時々なる。

アイにはそれがない。「釘は一本も使っていない」式の、伝統工芸の美や高度な技術をともなった職人芸がぞんぶんに披露され、まずその佇まいに素直に感嘆する。と同時にそれらはたった一箇所、かんじんの「用途」だけを断ち落とされている。そこで、わたしたち観客は見慣れた筋のもっとも美しい物たちをたどりながら、見たこともない場所に出てしまう。日常からすーっと非日常へ出てしまうのだ。普段のここちよい空間から芸術空間へ。「あっ」やられたと思いながらも、出てしまったアート・シーン(芸術空間)に立たされながらも、「ここちよさ」がまだちゃんと体に残っている――そんな感じだ。

アイ・ウェイウェイの作品はどれもこれも安心感がある。喜びがある。それは表現の基盤に日常に暮らす人々への敬意と愛があるからだろう。――われわれはその使い慣れ見慣れた日常のそれも上質な椅子に乗って、心地よく非日常へと運ばれるのだ。お化け屋敷ではない、安心なアート空間のなかで腰と心を落ち着かせて、ゆっくりと――絶望を突きつけられるのだ。あっぱれだと思った。こうでなくちゃ本物は。

昔、マルセル・デュシャンの『噴水』(陶器の男性用便器を逆さに置いただけのもの)に受けた衝撃を上回る想いだ。あれは、まだお化け屋敷のつづきだとおもう。デュシャンがレディ・メイド(既製品)なら、アイは中国お国柄のクラフトマン・シップ(職人芸)を乗り物としてアートシーンの冒険に乗り出したのではないのだろうか。

会場のところどころに置かれた、アイの言葉もすばらしい。言葉の繰り出される水源の確かさ・深さに驚いたが、言葉も巧みなわけだ。彼の父親は中国現代詩壇を代表する詩人アイ・チンだという。


「詩を書く人間は常に、ある思惟を伝えるために形象(イメージ、像)を探し求める。たとえば、拙作『珠貝(真珠貝)』がそうである。・・・・・・「観念」という言葉は抽象的なものだが、「真珠一粒一粒」という表現になると、はっきりした、把握できる物質となるのだ。(岩佐昌暲 訳)――アイ・チン」父親のその言葉を、アイ・ウェイウェイは作品化してくれている。つまり、目にモノ(詩を!)見せてくれているようです。

美術の門外漢のわたしがつたないことをごちゃごちゃいうより、ほんとうに清清しくて、
癒される展覧会です。是非、行ってみてください。

中国の一般人「1001人」を、お伽噺の国ドイツ・カッセルに招待したという、「ドクメンタ12」の「フェアリー・テイル(童話)」というたまげた企画とそれを撮った映画も素晴らしかった。「中国の一般市民にとって、海外旅行とは決して手の届かない夢のまた夢」という現状にも正直驚いた。アイはそれを乗り越えたのだ・・・アイには大きな愛がある。

遠くかったりで、行かれない方は以下に少し写真を掲載しました。雰囲気だけでもご覧ください。アイさんは太っ腹です。写真撮影も、フラッシュを焚かなければOKでいくらでも、撮らせてくれます。そして、おみやげに絵葉書まで一枚選べる。アイには小さな愛もある。アイ・ウェイウェイは愛の道。教えてくれたアーキテクチャの卵・姪っ子に感・謝々。(^_^)

More
[PR]

by sechanco | 2009-08-24 14:10 | ミヤオ・リターンズ

転がる言葉とごめん電車

a0082132_10414068.jpg「せっちゃんに似た子がいたよ」と言ったのは、高校の同級生の弟だった。「どんなところが?」というと、「つくるんだよ」「なにを?」・・・「授業中にさされて本を読むときにね、教科書を途中で勝手に作り変えて、自分の好きなように読み出す子」・・・わたしは驚いた。そんなことは身に覚えがなかったからだ。そして、何より。わたしの知らないわたしのことを(?)、同級生ならまだしもその・お・と・う・とが、なぜ知っているのか。兄の同級生は、どんなふうに私のことを彼に伝えていたのだろうか。おそろしい。それは「ぬれぎぬ」だと憤慨しながらも、ふしぎにおもった。。

が、である。この年になって、ここんとこ自覚が出てき始めた。弟の言ってた「せっちゃん」をよく見かけるからだ(・・・)。高知には「ごめん」という名の路面電車が走っている。

先日「からすうり」の花のところで書いた、映画の名前は『横浜メリー』でした、訂正とお詫びを申し上げつつ・・・あのメリーさんの白塗りのお顔はしかし、どう見ても「ローズ」さん。高齢(ドライ・フラワー)の白薔薇としか私はよう見えません。よう見えんものを、どうしてもよう覚えません。――やっと、我が身を思い知るのです。メリーさんはめえめえおぼこ(おばか)の羊さんのイメージ。無理。最初は『東京ローズ』と書いていて、おっと横浜だったと地名を直すとこまでで、精一杯でした(笑)。

せんじつも、姪っ子と「銀座三越」でマカロンを注文するときに、「それからね、『ポンパドール』みっつ!」と声をあげて店員さんに「あの、それは『フランボワーズ』ですけど・・・」と冷ややかな目線を送られた。あれ?といぶかると、「おばちゃん、電車の中でもずうっとポンパドール、ポンパドールって言ってたよ。おいしいマカロンは」とわらう姪っ子。

フランボワーズがなぜポンパドールになったか・・・を、帰りにずっと頭の中で追跡してみた。そして、わかった。いちばん最初、三越にマカロン買いに行ったとき、階段の上まで長蛇の列だった。その退屈な待ち時間のあいだに目の前をうろうろと歩き回る、店員さんの気取った制服がおしゃれというか違和感があるというか・・・雑誌で見たひと昔前のフランスの貴婦人の衣裳にそっくり。たしか「ポンパドール婦人」だったな・・・と思いながらマカロン待ちしたときに、「フランボワーズ」は「ポンパドール」と改名されたのでしょう・・・あると思います。

ハマチ→イナダ→ブリと出世魚ではないが、わたしの言葉もとてもよく動く、よく転がる。どうも、本体より動体(状況)を名詞化する癖があるようだ。困ったもんだ。――なぜだろう。きっと、ひとつの名前の持ち時間と待ち時間が長くて退屈だからだ(笑)。すると、かってにどこまでも言葉を転がし始める・・・ようだ。

ビートルズを蜜蜂だと思ったのは今だ不明。「bee」が「蜂」だけの問題ではないと思う。レモン・カードとロイヤルゼリーの色と質感が似ていたこと・ビートルズがイエローサブマリンを唄ったこと・ジョンレノンのレノンがレモンに似てること・そのレノン(レモン)がレッツ・イッツ・ビーを唄っていたこと・・・そんなこんなのミキシングの結果。英国は蜜蜂の国になったのだろうなあ。。。困ったせっちゃんだ。いまおもえば、同級生の弟は似た子がいたと言った・・・ありがたいな、ひとりぼっちではない。

高知には『ごめん』という名前の路面電車が走っている。それは評判のわるい「はりまや橋」付近で『いの』という名前の電車とすれちがう。

「ごめん」「いーの」・・・高知はいいところです。よさこい・よさこい♪

More
[PR]

by sechanco | 2009-08-22 11:34 | ミヤオ・リターンズ

静けさに包まれて

a0082132_971970.jpg父が竹の筒で作っていた古い貯金箱をもらった。よくヘアピンなどでこっそり小銭を頂戴した懐かしい貯金箱。母もちょくちょく「もらった」と笑っていた。この度、兄もあの真面目な兄も、同じことをしたと告白。「えー。お兄ちゃんまで?」と笑った。「みんなが泥棒してたの、親爺は知ってたのじゃないかな」と兄。「一円を笑うものは一円に泣く」とか「塵も積もれば…」とか「一日拾円貯金」とか相変わらず文字好き(!)の父がごちゃごちゃ書いてる竹の筒。その口は案外大きく切ってあり、よく振っては良さげな色合いのコインを頂戴した。――形見の貯金箱は重かった。「財産分け」とわらう兄。「やったー。箱ごと!」と私。

104にも長生きさせてもらって、泣いたら申し訳ない。ずっと世話をしてくれた兄や兄嫁への感謝の気持が勝って、泣けなかった。父の死。火葬場で骨に変わって出てきたとき、ふとつきあげてくるものがあったが悲しみではなかった。祭りのあとの素っ気ない屋台の骨組みを回収するような…人生の骨のひろいかた。父の熱い骨をときどきコンコンと突き崩しながら、黙々と箸でひろう。あの時、わたしの感情はどこにいってたのだろう――。

せんじつ、姪っ子とモール巡りをしているとき、「BOSE」のお店にふらっとはいった。そして、視聴用のヘッドフォンを耳にあてたとたんに耳に流れ込んできた音にぽろっと涙が頬にこぼれた。こんな美しい音響をわたしは今まで聴いたことがなかった。聴くではない、触れるのだ。はっきりと、こころにふれるのだ。届くのだ。何かクラシックの声楽だったと思うが――こらえてたいつかの涙が・・・とかそんなことなんかを思うよりさきに、頬を勝手に涙が伝っている。からだが反応したのだ。これは、思考のスピードではない。これは、まさに詩のスピードだった。迂回しない・直に触れる――じかにそこにふれる。蜂の吸入管(ていうかどうか)が花の芯の蜜を探り当て蜜がどっと溢れ出た感じ――――か・・・

何を言うか。ではなく、どんな風に伝えるか。――――ボウズのノイズキャンセリング・ヘッドホン QuietComfort3はそれを(詩を!)わたしに身を持って教えてくれた。周りのノイズは完璧に遮断され安全に守られた世界で降り注ぐ音の柔らかさ包まれて、わたしは始めて父の死を泣いていたのだ。

父の遺産(笑)でそれを手に入れたのは言うまでも無い。もらった貯金箱の中身は、ちょうどそれが買えて、あとは家族に分けて笑顔(くすっと)が残るほどの額だった(お見事)。ありがとう、父さん。坊主という名前もいいではないか。なんまいだ。

More
[PR]

by sechanco | 2009-08-17 11:11 | ミヤオ・リターンズ

ゆっくり

a0082132_9145039.jpg植物を観ていると、いろいろ生き方を学ぶけれど。その中に「ゆっくり」がある。ほんとうにゆっくりゆっくり芽を出し、ゆっくりゆっくり蔓をのばし日々に命を広げていく。生きることはゆっくりゆっくりでいい、でも止まらないこと。植物はその葉や茎や根でそう静かに語り続けているようだ。

「ていねいに」ほんとうは、それが理想だが。アバウトな私にはちょっと荷が重いときがある。「雑だなあ」とはよく言われる言葉^^;。そんなとき頭に浮かんできたのが「ゆっくり」だ。「ていねいに」と言うと緊張がはしるが(笑)「ゆっくり」と言われるとなんだかほっとする。肩の力が抜ける。

「なぜ生きるのか」という問いに「止まると苦しいからだ」とある人が答えた。生き物は止まると苦しいようにできているのだそうだ。もひとつぴんとこなかったが、「息をとめてごらん、苦しいでしょう」「食べるのをやめてごらん、苦しいでしょう」・・・とひとつひとつ想像するとたしかにそうだ。生きることは動くこと――なぜなら止まると苦しいから。哲学も何もあったものじゃないが(笑)…こういうからだにすとんと入る説教がわたしはきらいじゃない。ああそうか、なら、ゆっくり動こうとおもう。それで、ひとつの生の軌跡が描けるなら、生きることはそんなに大変なことでも、大したことでもないように思えてくる。

「ゆっくり」ならわたしにも間に合うかもしれない。それに、
「ゆっくり」にはちょっと「ゆり」の花も咲いてるみたいで、涼しい。うふふ。

More
[PR]

by sechanco | 2009-08-15 10:39 | ミヤオ・リターンズ

テーブルクロスで見る夢は

a0082132_11261083.jpg高知のお年頃の姪が、10日間程滞在して昨日帰った。わたしと似ていると兄がよくわらうが、タフ。銀座・原宿・軽井沢・福生・入間アウトレットモールと姉妹の(親子か)気分で一緒にはしゃぎながら巡り歩いた。お茶をしたり、アイスを食べ歩きしたり。若い娘と歩くと気分も華やぐ。

「H&M」「ZARA」「GAP」など女の子がいっぱいのお店をまわり次々踏破。ついでに「forever21」・・・ふぉーえばつえんてぃわん…永遠の21歳!・・・までご一緒(笑)して、Tシャツまで買ってしまったわよ。あなたのforeverおばちゃんは。わはは。

それから、アウトレットでのお手柄は麻のテーブルクロス。誰かに「麻のシーツは最高に寝心地がいいのよ」と教えてもらっていたが「でも、とんでもなく高いの」とのことで、あきらめていた。ところが、今回姪っ子とあれこれ廻るうちに、陶器メーカーの麻のテーブルクロスをアウトレットで見つけた。やはり数万円するのが、なーんと数千円のファイナル・プライス。180×240cmの大テーブル用の大判。「シーツになる!」(わたし、これで寝たい!)


一度洗ってお日様に干して早速寝てみましたとも。ウエッジウッドは最高の寝心地でした。アンドロイドは電気羊の夢を見るなら、シジンはテーブルクロスでご馳走の夢を――。

お店の人にも教えてあげたら、そんな使い道は思いつかなかったと驚いてました。
するするにさわさわが織り込まれたぜいたくな肌触りがたまりません。(^_^
[PR]

by sechanco | 2009-08-14 12:20 | ミヤオ・リターンズ

麗子と口笛

a0082132_9354667.jpg放課後、ひと気のない廊下を歩いていると、口笛が聞こえてきた。きれいな口笛だった。その音色に誘われて入った教室には、ひとりの学生服の背中が見えた。かれは机に腰掛けて窓のほうをむいて口笛を吹いていた。口笛の曲は『太陽はひとりぼっち』。せつなく尾を引くそのきれいな音色に、聞き惚れた。クラスメイトのNだった。音色は耳から入って心に落ちた。「口笛うまいね」「そお?」と照れた。小柄で地味な男の子だったけど、なんとなく雰囲気があった。口笛と雰囲気だけで充分だ、こっそり惚れた。

そのNが「大原麗子いいなあ」と仲間たちと話していたのを思い出す。そうか、「口笛の君」は大原麗子が好みなのかと――。当時の男子の憧れのマト的女優だった。訴える瞳。甘ったるいとろける声とおでこの産毛が妙に心惹く女優さん。数々の重い持病を隠しての女優業だったらしい。「孤独死」とスポーツ新聞には見出しがあった。大型女優ひとり散るという感じ。素敵だ。麗人には孤独が似合う――。


大きな器は一つしか入らない。世の中は狭いから。

*写真はうちの、夜だけに咲くサボテンの花。

More
[PR]

by sechanco | 2009-08-07 11:32 | ミヤオ・リターンズ

檸檬カード

a0082132_2173719.jpgひさしぶりに訪ねて来てくれた友達に「ちょっと遅くなったけど」、と誕生カードの代わりに?手作りの檸檬カードをもらった。ビンの蓋をとると、明るい陽だまりのような中身がたっぷり。きれい・おいしい。こんがり焼いたトーストに載せて、バタナイフで伸ばすと

まるで、扉のすき間からさしこんだ朝の陽射しがトーストの上をすーーーーっとすべりながら伸びてくるよう。レモンの香りのレモン色の光りをしあわせに塗りたくって、いただきました。


それは、すてきに甘酸っぱい。イエローカードじゃなくて良かった、レモンカード。
バターのようでジャムのようで蜂蜜のようでそのどれでもない、お洒落なディップ。
英国の食べ物らしいね。さすが、蜜蜂の国です(ビートルズって蜂ですわよね。)
パンとありが糖!

★ビートルズってカブトムシでしたね、ごめんなさい。なんで蜜蜂の国なんて
おもったのでしょうね・・・。失礼しました。m(__)m。

More
[PR]

by sechanco | 2009-08-03 10:30 | ミヤオ・リターンズ