晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
お気に入りブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


恋文病

a0082132_9505224.jpg
奥武蔵の雑木林も少しずつ頬を染めるように色づいてきました。午後は、あたりがはちみつ色の秋の日差しに包まれて、うっとり酔うような気分です。

☆「恋文病」ほか3篇の詩を、明日メルマガ「詩の直送便☆The Miyao Terms 第8号」にてお届けします。どうぞ、よろしく。また、購読者が増えました、わーい。ありがとうございます。目標数の約1/3達成♪

More
[PR]

by sechanco | 2009-10-31 10:53 | ミヤオ・リターンズ

幼心と栗スプーン

a0082132_12514538.jpgなんだろう…とじっくり写真を見て、何かを知ったときにぽろんと涙がこぼれた――。物で涙がこぼれるなんて、あるのですね。
これは、少し前からおつきあいのある秋田の印刷屋さんが出している、薄くて上品でこころのこもったフリーマガジン『375』の1頁。毎回楽しみにしている「tools for handwork 手しごとのためのどうぐたち」の頁です。頁担当の、山下りかさんの作り出す「小物たち」のかわいらしさには、毎回ため息が出ます。

どうして、普段使う小物たちをこんなに愛らしく仕上げることができるのだろうと・・・驚きます。たわしカバーだったり、くるみボタンだったり、普段つかうものたちなのに、可愛いぬいぐるみや赤ちゃんに出会ったときのような感動がある。頁を広げて机の前において、しばらく見惚れてしまう。抱きしめたくなるけれど、抱きしめるには小さすぎたり、お門違いだったりすることに、胸が切なくなってしまう。きっと、森の小人や妖精たちに人が遭遇したときもこんな気持になるのだろうとおもう。なにかしてあげたいような、なにもしてはいけないような・・・そんな清らかなものと人が出合って戸惑った気持ち。

「栗のスプーン」と題された今回の小物の説明は、「・・・いがぐりを手に取ります。まるまると太ったおいしそうな栗は、たいがい取られたあと。大きい空洞のその脇には、押しつぶされて大きくなれなかった栗がいくつか入っていたり。ぺったんこのその栗たちはなんだか愛らしく、なにより見慣れていて親しみを覚えるようなかたち。ここのところに何かがつけば・・・何かをすくうためのようなものとして使えそうです」

「何かをすくうためのようなものとして」・・・なんだかすごいですね。みんなが食べられるところだけ取っていったあとのイガの中に残るあの、育ちきれなかったみそっかすの栗をつかって(すくって…)、「何かをすくうための」スプーンを、こんな可愛らしいスプーンを彼女は作って見せたのです。わたしは、今までこんな愛らしいスプーンを見たことがありません。こんなに素敵に救われた栗の子も――。そして、何よりその経緯を知る前に、物の「見た目のあまりの可愛らしさと懐かしさ」に打たれて、もうなみだがぽろぽろこぼれていたのでした。

*栗スプーンの作り方もていねいに、書いてあります。(栗の頭に5ミリほど切れ込みを入れて、適当な木の枝の先を尖らせて、そこに差し込むそうです。)イガに残った栗の子さがして、こんど真似してみましょう。置き忘れたものを取り戻しに行くように・・・。

山本さんこんな素敵なものを作ってくださってありがとう。この薄い本には、そのほかお米を作ったり、木彫りを作ったり、言葉を編んだり、さまざまな心を込めた手仕事・アートをする人たちが紹介されています。遠く東北は秋田から「精巧堂印刷所」さんという町の印刷やさんが、お仕事のかたわらにこうした素敵な雑誌を作っておられます。精巧堂さん、ありがとう。

いまはこころを病んでいる人が、多い時代です。そのこころと出会うたびに、わたしはおさなごと出会う気持がしています。栗スプーンもそういうおさなごとであったような、おさなごがひとり救われた思いがしたのです…。
a0082132_12521822.jpg


More・・・
[PR]

by sechanco | 2009-10-25 14:19 | ミヤオ・リターンズ

「あ。」

a0082132_14392680.jpg

「あ。」他、詩4篇搭載のメルマガ「詩の直送便☆The Miyao Terms」第7号、
明日配信!どうぞよろしく。
★詳細・手続き等はこちらをクリックしてください。――是非。★ケータイもOKです。

小さな子どもも、ヤンキーなお兄さんも、「あ。」と
同じ声をあげるのですね。蝶々には――。
きれいな声です。清らかで――

小さな紋黄蝶を見つけたときは、小さな幸福を見つけたようにうれしい
今日この頃です。良いお天気。良い週末を。(^_^)/~~
[PR]

by sechanco | 2009-10-23 14:54 | ミヤオ・リターンズ

林檎と建付け

a0082132_1065318.jpg音楽をそんなに身近に置いてる人間でないので (最近はアイホン内臓のアイポッドを聞きつつやっと、時々お散歩ができるようになったが)えらそ うなことは、ひとつも言えないがおまけに音痴 だし。

ただ。先日の、生(なま)ストラディバリウス の衝撃がいまだ消えない。ライブだったので、よけい空気を震わせて直に感じてしまったのだろう。 それに、その前に普通のバイオリンの演奏があったので、歴然としたモノの差が判りやすかった。

「壊れている・破れている」――なぜか、まずそんな驚きが身に走った。 そして空港の行き先掲示板(なんて言うのかな。あれ)の文字が忙しく変わるように、「あ」が「嗚呼」に、「泣く」が「啼く」に、「歌う」が「謳う」に、ぱたぱたぱたっと漢字変換される感じがした。いままで、理解していたものが、いままでと別のものに変わっていくのだ。

バイオリン弾きが弓を持った腕をぴんと立てて、その腕をつーーーっと引き下ろすと、涙袋(涙腺)が縦にすーーっと裂かれていって、すすり泣くというより、いきなり号泣してしまいそうになり、衝動をおさえるのに焦った。直下直撃だった。

そして。
ずーっとあれは何だったのだろう。あの驚きの音色の体験はと、ことあるごとに思い出し。ずっと臨場感には欠けるが、アイポッドに演奏のCDを入れて、聴きながら散歩していて、ふと思いついた。というか思い出したのだ。

「たてつけ、だ」――あれは、建て付けの悪さだと。
田舎の旧い家には、ときどき建付けの悪い「木の引き戸・あるいは開き戸」がある。それは、開け閉めのたびにひどい音がした。力はいる し音はひどいしで、閉口するが、しかし、その家の音、生きたその家の刻んだ歴史のたて るなまの音、ほんとうを告げる音だった。 よそ者がじたばたしていると、その家の年寄りが「ちょっと変わってごらん」と、こちらを押しのけて、どこかの勘所をトンとやると、そのやっかい物はいともかんたんにすっと開いてみせてくれたりする。そのとき永年ともに暮らし、気持が通い合い思いが通じ合ったもののみが互いに出し合うあまやかな蜜のような存在を感じとれた。よろしい、あなたになら、こころをゆるそう、みをまかそう、しかし、そんじょそこらのものには、びくともさせない。そんな蜜のながれるような密約の存在を――。

もし、この世に、最高に建付けの悪い家があり、しかし最高に勘所をとらえた者が、押したり引いたりをするたびに、最高にいい音色を出してしまう扉があるとすれば・・・それが、ストラディバリウスだ。

「たてつけの悪さが生んだ奇跡の音」それこそが、わたしの感じ取った、
ストラディバリウスの、正体だ。
あのバイオリンは病んでいる。

それなのに、なんて美しい病気だろう。
そんなものが、この世には、
ある。
a0082132_1475033.jpg


More?
[PR]

by sechanco | 2009-10-22 12:07 | ミヤオ・リターンズ

こころはこども

こころは、きっと、こどもだから
ごっこ遊びが、ときどき、したい。
いたいこころは――
a0082132_11242910.jpg

こころは ときどき ままごとの庭に
もどして。
[PR]

by sechanco | 2009-10-16 10:20 | ミヤオ・リターンズ

晩秋屋

a0082132_13343457.jpg

☆詩の直送便★The Miyao Terms 6号 本日配送。
☆「晩秋屋」他、2編の詩。
★詳細・手続き等はこちらをクリックしてください。――★ケータイもOKです。
[PR]

by sechanco | 2009-10-13 13:25 | メルマガのお知らせ

芸術の月

a0082132_11333632.jpg
こちらは力丸潮さんの『プラチナの月』。先日「レ トロワ アヌー」(三匹の羊)という、風情ある三麗人が経営する画廊喫茶で行なわれた「Synopia」さんのコンサートの舞台に飾られていたもの。篠笛の奏者であり造形作家である力丸さんの作品。きれいでしょう。金箔・銀箔というけれど、かのじょはプラチナ箔で月を仕上げています。まさに、満月の輝きはプラチナの輝き。見ていると月と同じ波動のようなものが伝わってくるのです。彼女の作品はいつも「あ、」という声を出させる魅力があります。「あ、」の正体を、わたしはまだ語ることができないけれど。Synopiaメンバーさんとの出会いは今年度の素敵なラックでした。松岡さん・湯田さん・力丸さん、古い私の詩を見つけてくださって、そして、こんなに詩を大事に扱ってくださってとても感激でした。一緒に朗読できて魂がうれしかった。招んで頂いてありがとう。森の仲間のようなみなさんのことがいつでも恋しいです。

a0082132_11345462.jpg
こちらは、知り合いの造形作家・加茂哲さんが銀座の画廊でおこなった作品展の模様。言葉数が少なくてダンディな加茂氏の、それでもいつも懐の暖かい人柄が良く現われている展覧会でした。このケヤキも街なかで邪魔だからというので斬られてしまう木を「それじゃあ」と貰い受けて、作品に仕上げたのだそうです。余計な小細工に走らず、山の樵が朴訥に木の精と語り合うように、すっとシンプルに仕上げられています。木を大切に思う、その思いの跡、手の跡がとても暖かい。加茂さんの暖かさに包まれるように、この木彫の林のなかで、ずっと座っていたくなりました。なによりも、ああ木の声を聞いてる、木が生かされてるなと、感じられた。エゴの剥き出しで勝負が挑まれるこの世界でその佇まいには、自身を引いて対象(相手)を思いやるおおらかな愛と男気が感じられました。
a0082132_11352642.jpg
こちらは「MIROKU」素敵な名前でしょう。弥勒菩薩の「弥勒」です。上の木彫たちに向かって壁際にポツンと一つ立てられていて、その佇まいが衆生たちの打ち明ける悩みに、耳を傾ける慈悲深い弥勒菩薩そっくりに見えたのです。首の傾げ具合が絶妙でとても美しかったです。だから、「MIROKU」の名付け親は私です(笑)。彼はそんな名前をつけたりする人じゃないもの。展覧会も『加茂哲 木彫展』そんだけ。何もしないに近づくのがダンディ道。しぶい。木彫の陰影がかもし出す表情もよかったのですが、うまく写せなくて残念。こういうの玄関にあったら、カッコいいなあと思います。次も愉しみにしていますよ。たぶん、「加茂哲 木彫展Ⅱ」とかだろうね、名前は。小気味いいです。うふふ。
a0082132_11355151.jpg

こちらは、先日も紹介しましたが草木染の春田香歩さんの作品。下はサクラの落ち葉で染めた洋服。スカーフはもう少し実際は淡いクリーム色ですが「榎(えのき)」の葉っぱで染めたもの。わたしもひとつ、これを買いました。紋黄蝶が首の周りに飛び回っているようなやさしくて可愛い色です。今も首にまいているのですがほんわりと暖かくて気持がやわらかになります。自然の色はそういう和みをもたらせてくれますね。

「榎」というのが特に気に入ったのです。「木へんに夏」と書いて文字はしゃれているのに、木を見るとほんとにつまらない木(笑)なのです。ただ横に枝をはってうっそうと葉を繁らせ木陰を大きくして、「なにかいいことあるの?というような木だね」というと「実がなるんだよ」とのこと「あ、ほんとだ。でも実もぱっとしない実ねえ」とわらうと「ぱっとしないから、いいんだよ。小鳥たちは安心して実を食べられる」「ひとにも採られずに」「そう、だから人にはぱっとしなくても」「小鳥にはすごくうれしい、良い木なんだ。」「枝もいっぱいあって」「とまって休めるし」「葉っぱが多くて」「隠れられる」・・・そんな話をしているうちに、いつの間にかすっかり「小鳥には良い木の榎」のファンになっていて(笑)。つい買ってしまった「榎」で染めたスカーフです。
a0082132_207061.jpg
こちらが、さくらいろの家・春田さんの草木染工房、もうお家自体が草木に包まれて染まっているようでしょう。ここでときどきお茶を頂いたり、仕事風景を見せてもらったり、居眠りしたりしてお邪魔しています。この工房の佇まいもまた、石ころから雑草の一本、めだかの一匹、石のしたのだんご虫まで、ちゃんと共に生きている、生かされている感じがして、みそっかすのようなシジンにも居心地いいのです。風や草木と会話しながら慈しみつつ、その色を頂く、春田さんのやさしくおおらかな人柄が家のすみずみにまで現われています。草木の色に、春田さんの人柄が染まっている・・・そんな作品が多くのひとに愛される理由でしょう。

こういう暖かい仲間に支えられ、教えられて、わたしもほそぼそと詩を書き継いでいけているのです。どうもありがとう。
[PR]

by sechanco | 2009-10-11 13:35 | ミヤオ・リターンズ

光と影と

a0082132_15103790.jpg今、wowow放送でやっている韓国ドラマ『カインとアベル』にはまっている。毎週金曜日夜。これは、いわば「光と影」のものがたりである。聖書の物語を元にして聡明な兄カイン役のソヌ(シン・ヒョンジュン)と無垢な弟アベルの役をチョイン(ソ・ジソブ)が、それぞれ好演している。主役はもちろん光の側の聖徳太子似のイケメン、チョインであるが、影の側を受け持つ兄、ソヌの演技もなかなかのもので。その葛藤にはときに妖しい美がまいおりて胸を打つ。彼のたたずまいは、「悪の格調」のようなものを見事演じ得ている。同じく、純真無垢な弟チョインがふりかかる試練に耐えつつも、ときに耐えがたい憎しみを瞳に宿し震えおののくシーンも、これまた圧巻である。それは疑いを知らぬ光が森にはいったとたん、まだらな木漏れ日にかわるように、光と影のゆれるグラデが、息を呑むほど美しい。――その愛憎の攻防がなんというか韓ドラにぴったりだと思われる。

さて、ここから長い話をしようか、やめようかと思うが。

このカインとアベルの物語を見ながら、「おのれの罪を知ることのむつかしさ」と「敵(あいて)を作らなければパワーが出しにくい」という、とても「光と影」によく似た、にんげんの性(さが)を垣間見てしまう、おもいもある。そのひとりの人間の併せ持つ「特長」が、案外お隣同士の「日本と韓国」の関係の根にもあるように感じるのだ。

More
[PR]

by sechanco | 2009-10-10 15:58 | ミヤオ・リターンズ

ZOO

a0082132_1055935.jpg

象さん。

More
[PR]

by sechanco | 2009-10-02 10:57 | ミヤオ・リターンズ