晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


舟と 韓流

a0082132_640894.jpg週にいちどの韓国ドラマを楽しみにしている。「あんなものを・・・」とともだちがばかにするのでタイトルは伏せるが(笑)、その「あんなもの」が終わるたびにああ、あと一週間と思うとその長さにまいり、しばらく虚脱状態になる。「あんなものの、あの眼差し」にまいっているのですが、会えても二次元、おまけにあと一週間という空間と時間の二重のりふじんな責め苦に。どうしてくれる・・・みたいなきぶんになってしまう。やれやれ。困ったもんだ♪

ひとくちでいえば、ありえないがオンパレードのハーレクインである。いいおとこ、いいおんな、いいくらし、やまあり、たにあり、かねあり、なみだあり、てにあせにぎり、おいしいこいがある。いつものパターンの韓流だけれど、ひょっとしたら書き手はマッサージ師かなとおもうほど、ほんとうに韓国ドラマはツボをおさえるのがうまい。情念のツボというか・・・。そして、男性が体でできているなら「女性は心でできている」のが、よおくわかる(笑)。なにがとはいわないが。

その「女ごころのツボ」をおさえることにかけては、右にでるものはいないかもしれない。韓国ドラマは。そのこころのツボをおさえるのは、あのイケメン君たちの眼差しだけでは、しかし足りない。ことばだ。やはり、「こころのツボ」をおさえる「ことばのツボ」をもっている。ことばがとてもすぐれている。ことばの挿し入れかたが非常にうまい。

あまりたしかな記憶ではないが、いつかどこかで聞いたことがある、「詩人が生きられる国が世界に二つだけある。ひとつはアイルランド、もうひとつは韓国だ」と。

そして、しばらく日本で暮らしていて友達になった韓国の女性が「かんこくでは、しょうせつとおなじように、しがよまれるよ。ふつうに、べすとせらーに、ししゅうがはいったりするよ」と言っていてびっくりしたことがある。それにひきかえ・・・

せんじつ、ネットでみた「引かれる男子」とかいう特集のコーナーで、「ポエムなひと」というのがあって「メールでやたら自作のポエムや歌を送り付けてくるひと」・・・と注意事項みたいに書かれていた。気をつけよう(笑)。これが今の日本の若者事情なのでしょうか。かれら(かのじょら)が『イルポスティーヌ』を観たらなんと言うだろう・・・興味深い。

「重い」や「痛い」で秒殺される心理のもろもろ・・・短詩系文学にすぐれ簡潔を美とする日本の、これを進化というか後退なのか、どうなんでしょうね。

More
[PR]

by sechanco | 2010-08-29 07:43 | ミヤオ・リターンズ

格子 ずき

a0082132_11475094.jpg格子が好きなようです。京都で見つけて買ってきたこのカップ。なぜ気に入ったのかなと珈琲飲みつつ眺めていたら「あ柄か」と気づいた。格子柄です。なぜ格子柄にひかれるかというと、いっつも格子にひっついて暮らしているからです。遠目に見ると。一遍の詩は、一枚の格子戸に似ている。詩を書くことは格子戸つくりに似ています。詩書きは格子戸職人かも。一行一行格子を立付けて明け暮れているみたい。だから、京都も親戚みたいで(笑)好きなのかもしれない。鉄格子もちょっと・・・他人とは思えずいつのまにか罪におぼれていたりします。
格子仲間だねと。内在する罪がみずからに格子を架け続けるのかも、なんてちょっとこむずかしいこと考えるのはやめにしましょう。暑いから(笑)。

今月の青空新聞ようのチビ詩です。うふふ、だいすきです、かき氷。せんじつも、川べりの「ちょっと氷屋」(まあ特設のという意味で)で、「ミルクあずき、ください」というといっしゅんけげんな顔で「は、はい」といって一応それはでてきたが、「五十円アップになります」と言われて「えっ」とけげんに思いつつも笑顔をくずさず支払った。こがねもちだから(笑)。。そしてサクサクしながら「あそうか」とやっと意味がわかりました。

400円
レモン
イチゴ
スイ

ミルク
あずき


と貼り紙には書いてあって、横のものを
縦に読んで注文したからその無理分が50円アップになったのですね。
(びみょうに一行あいていたのだが…)
気をつけましょう、ヨコのものをタテにするのはミナサン。
ときどき値段が、50円あがりますよと。
(おみせのひとも縦シマ者にきおつけてね。赤い舌♪)
a0082132_12263554.jpg

そろそろ夏も終わりかな。みなさまお元気で。(^_^)/~

More
[PR]

by sechanco | 2010-08-22 12:06 | ミヤオ・リターンズ

あいす どう

a0082132_21435260.jpg

今、ツイッターで「#twibbar17」というちっちゃな「17文字のつぶやきbar」を開店しています。「17文字のナンデモ言葉」を頂いたら「#otwis」というお返しをしたりして遊んでいます。指の運動になります。「指は外に出た脳」らしいです(*山手線で見つけたそろばん塾看板より)よ。数日前から、パヒュームの唄をつけてもみました。こんな感じです。よかったら、遊びましょう。

★@kabakokoba 打ち水で我が家に涼を、蚊には血を #twibbar17 かばこさん鑑です家族思いに蚊に思い http://iida.jp/calling/#503537☆唄付き #otwis ☆
★@yukorindesu 猛暑なだけじゃないのよこの汗更年期 #twibbar17 話せば長いが若者よ同じ汗だよ更年期 http://iida.jp/calling/#503652 ☆唄付き#otwis
★@a_magumo 夏という季節についての認識を改める #twibbar17 そのとおり http://iida.jp/calling/#500522 ☆唄付き#otwis
★@kabakokoba 冷房か川かと二択を問われたら? #twibbar17 そりゃ かばこさん http://iida.jp/calling/#500494 ☆唄付き#otwis
★@HasegawaU ジイジイとアブラゼミなく熱帯夜 #twibbar17 ****もきっと なきたい  http://iida.jp/calling/#500485☆唄付き #otwis
★@a_magumo 日を送り、目を転ずれば月を迎える。 #twibbar17 あいまあいまに ひぐらしの声 http://iida.jp/calling/#500501☆唄付き #otwis
★@sechanco 愛すどう?堅い話はやめにして #twibbar17 http://iida.jp/calling/#501219 ☆唄

こちらは初期の、唄なし。
★@a_magumo 週明け猛暑バテなければよしとする。 #twibbar17 週明け猛暑果てなければどうしよう。 #otwis
★@ohagikinako449 前髪で邪眼隠したい中1男子の30分後 #twibbar17 邪眼隠す前に意味を知りたし中年女子 #otwis
★@kabakokoba 子供のほっぺには笑顔の素が詰まってる #twibbar17 おっかさんのお腹には悩みの種が・・・ #otwis
★@yukorindesu 下界に戻ったけど動けない感だぁ #twibbar17 住めば都を作ろうぜよぉ #otwis
★@aterui131 仰角にひかれる眉と夏の白雲 #twibbar17 白富士にひとくち魅かれる銀の匙 #otwis
★@sechanco: いまどうしてる?おくばがぬけてる。 #twibbar17 ウチは前歯がぐらついてる♪ #otwis@kabakoba
★@stay_miroku 老ワンコ われも年老いて 老々介護 #twibbar17 したり されたり 仲睦まじく 共白髪 #twibbar17 #otwis
★@Hasesin エアコンの水飲む土鳩夏の朝 #twibbar17 持ち上げて飛ばして落とした山鳩かも #otwis
☆さんくす ろっつ えぶり ふぉろわー××× + m(__)m。

★☆あそびかたはツイッター(登録必要)の画面で☆こちらです。、@sechanco なんたらかんたら17もじいれて [半角あけて]#twibbar17と入れればおーけーです。

☆わたしは何かに猛烈に集中すると、かたほうで猛烈に遊ばないとだめみたいです(笑)。ふしぎなバランスですね。そんなことやってるヒマがもしできた方はどうぞよろしく。じかんのゆるすかぎり・ちからのかぎりお言葉にはお返し(#otwis)いたします(笑)。

More
[PR]

by sechanco | 2010-08-18 20:57 | ミヤオ・リターンズ

六本木の森の写真日記

伊豆から来訪中の友だちと『ネイチャー・センス展』を六本木ヒルズの森美術館で観てきました。なかなかよかった。でっかいものとかすっきりしたものが好きですね。
a0082132_13234023.jpg
a0082132_13241513.jpg
a0082132_13244979.jpg

a0082132_1415526.jpg

a0082132_1331313.jpg

a0082132_13304156.jpg

a0082132_1332242.jpg

a0082132_13422528.jpg

a0082132_13433454.jpg

a0082132_13443898.jpg

a0082132_1346765.jpg

a0082132_13491272.jpg

a0082132_13333561.jpg
a0082132_13342728.jpg

a0082132_13372095.jpg

a0082132_13385278.jpg

a0082132_1338787.jpg

a0082132_1335461.jpg

a0082132_13502842.jpg
a0082132_1351252.jpg
a0082132_13521688.jpg

a0082132_1357598.jpg

a0082132_13531621.jpg
a0082132_13535991.jpg
a0082132_13541995.jpg
a0082132_1355384.jpg
a0082132_13553717.jpg

一番最初の雪世界が気に入りました。はらはらと雪を模した綿毛がふる姿になみだがこぼれそうでした。ものの現われ方や質感が情感を掻き立てるのを実感しました。
ぼつぼつ、感想など書きたしていきますね。

More
[PR]

by sechanco | 2010-08-15 14:13 | ミヤオ・リターンズ

しねないのだ

a0082132_10531018.jpg
あたらしい 詩集ようの さいごの しが 書けました。 つぎの詩の せかいが はじまる詩も ひとつ書けました。 ふたつの詩を のせます。 わたしは 詩集用に ねこのちょきんばこ に 500えん玉 貯金をしています なんねんか してねこは すこし(笑) 重くなってくれました。 そして 秋田の 出版社さんの ごこういで なんとか 猫貯金で 詩集が だせそうです。 詩集の なまえも きまりました。 まだ 胸にひめて どきどき しています。そして 詩は多分 ゲンダイシ ではなく みのたけで書いた ミノタケシ です。 これがわたしの詩です。そして――

みのたけ ねこたけ で 詩集を出す さいごの ものです。 このつぎは おお手 さんから 出します。 じつは そういう 手も あるのです したたかな おとなの私には――(笑)。でも さいごに もういちど おとなげなく あおく がんばってみます。 詩だって やれば できる ということを。 あるいは 詩はもう なにを やっても むだだと いうことを。 わたしが やって みなさんと わたしに お知らせ します。ちゃお。

詩集は2000円+税。小部数発行なので、ご予約いただければ幸いです。9月末迄・にわりびき・ぜいぬき・さいんつきです。
ちょっと厚めで、夏のセールのカット・ソーぐらいの値段になると思います(笑)。
*お問い合わせ・ご注文はブログのメール欄にてよろしく。

秋ごろを予定していますが・・・・・・よおし、がんばります。
どうぞよろしく、ごひいきに。m(__)m。

*メルマガ読者さまにはいわずもがなの大サービスがあります。おたのしみに。(^_^)/~

☆ふたつの し
[PR]

by sechanco | 2010-08-08 08:16 | ミヤオ・リターンズ

a0082132_8412993.jpg


More
[PR]

by sechanco | 2010-08-04 08:45 | ミヤオ・リターンズ

おはようさん

あははアイホンアプリで、いたずら。
[PR]

by sechanco | 2010-08-03 09:58

a0082132_11324228.jpgあるところに、字の読めないお父さんがいた。その子どもは勉強が好きだった。ある時、子どもが宿題の漢字の書き取りをしていた。それを見たお父さんが近寄ってきて「何をしてるんだ」とたずねた。「漢字を書いてるんだ」と子どもは答えた。

お父さんは「じゃあ、お父さんの言う字を書いてみろ」と言って、「秋」や「花」など、いろいろな漢字を書かせた。子どもは何でもすらすら書けた。こんどは、お父さんは「痛いという漢字を書いてみろ」と言った。「痛」と子どもは書いて見せた。もう一回、もう一回、と何度も何度もお父さんは書かせた。それに応えて何度も何度も得意になって「痛」を書き連ねているとき、とつぜん子どもの手にピシッと激しい「痛み」が走った。――えっ!?

子どもは驚いて何事がおこったのだろうと顔をあげると、父親が手にした棒でピシッともう一度、子どもの手の甲をぶった。痛い!と子ども。

お父さんは、「手は痛いという字と、どっちが痛かったか?」と子どもにたずねた。そして――「痛いという字は、少しも痛くないだろう」と言い残して向こうに行ってしまった。

この「痛み」がきっかけで、子どもは何かを悟り、芸術や文学ではなく(笑)、実務の道にめざめ将来仕事でたいへん成功した人となった。

そういう、面白い実話をまじえた、お坊さんのお話を聞きました。情報があふれる時代、記号化した表現と実体験の差はどんどん広がっているのかもしれない。言葉はしょせん記号にすぎない。記号をあやつることで知ったつもりの愚かさに喝を入れられたようにも思い、ちょっと「痛」かった(笑)

でも、おめだたいわたしは「痛」を書き連ねているときに「ピシッと手に激しい痛みが走った」のくだりで――「凄い!表現を極めたな」とはやとちりの感動をしちゃったのでした。名人の絵の雀が逃げた話とか思い出して。

そして、臨場感のあるお坊さんのお話を含めて、思ったのでした。ひょっとしたらば「想像痛(力)がいちばん痛い」のでは?――なんて、ね(^_^

けさ、ともだちんちの蓮の花が咲いた知らせにとんで観にいきました。きれいで、濃厚な匂いがしました。蓮の花を連れて、彼女はいつも引越しする人です。
a0082132_11473628.jpg


More
[PR]

by sechanco | 2010-08-02 11:54 | ミヤオ・リターンズ

おあつい

a0082132_8155727.jpg
ですね。

せんじつ、朝霞の「銭洲亭(ぜにすてい!)」という旧い喫茶店で、synoppiaのゲストで朗読をさせてもらいました。とても印象的な話し方をする、マスターが素敵でした。おまじないをするように、丁寧にドリップしていれてくださった「ブラジル」のうまかったこと。珈琲の温度のやさしかったこと。年齢層のすばらしかったこと(笑)。じんせいがあつかったです。

会場に展示された、力丸さんのお花は、赤くて強くてすきです。いつも彼女の絵に元気をもらう。そして、「赤い赤い花」というピアノの演奏もよかった。曲は松岡さん。「赤い花」ではふつうだけれど、「赤い赤い花」というと詩がはじまるのですね。ふつうからあふれこぼれてくるもの、それがポエジーなのかもしれませんね。杖に笛を仕込んだ、「杖笛」なるものもはじめて見ました。

アルジェリアから帰ってばかりの友達も訪ねてきてくれて、うれしかったです。ありがとう。

More
[PR]

by sechanco | 2010-08-01 08:48 | ミヤオ・リターンズ