晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


あったかい 建て物

a0082132_9105679.jpgなんとか保存をと願ってきたけれど。来月とうとう旧平岡レース事務所棟の解体が決まった(*解体したまま三年間は保管とのことですが・・・)。

昨日、それではせめて。きれいに拭いて・履いて・磨いてお別れしようと、お掃除隊が組まれ参加しました。

使い込まれた木肌が温かかった。材質はしっかりした物が使われているので、磨けば応えるように艶を増した。雑巾掛けしながら手の平で触れていくと、建物の床も扉も窓の桟も。すみずみまでこまやかに心が配られているのが感じられた。

二階の窓からは夏の緑に包まれた天覧山がぞんぶんに眺められた。飯能の景色が建物の借景としてみごとに活かされ。きちんと風向きも読まれていて。どこにいても、涼しい風が渡ってきてうっとりした。「なんていごごちのよい、建物だろう」「いるだけで、和むね」とみんなでほうっとため息をつきあった。知れば知るほど。線はすっと伸びているのに、触れるところは角がとれてまろやか。直と曲とのコンビネーションが実にあざやか。技有りと言うより、気配りの建築だと思った。見せるためではなく、住むための。外へのプライドのためではなく、内に住む人のための――。建築とは何かを深く問いかけ、深い答えを得るおもいがした。

せんじつ、ここで工場長を勤められた方のお話を聞く機会があった。当時の工場についてのさまざまなお話を聞かせてもらったあと。ところで、「住み心地はいかがでしたか?建物の」と帰り際に尋ねてみると、工場長だった方はしばし考えて、こう言われた。

あったかかった」――とひと言。「あったかい気持ちになる建物だったなあ」と。その言葉が印象に残りました。そして、それがすべてのような気持ちがしました。それこそが「第一に人間があります」という遠藤新の建築理念の骨頂だと。それがちゃんと工場長さんや従業員のかたがたにも伝わっていたのだと。あらたさんにもつたえたかったです。

遠藤新の建築は、「ひとがくらす=住宅」の理念ですべて建てられたことが特長だったようです。「あったかかった」このひと言が、ほんの少しですが今回はじめて、遠藤新の建物に触れることができた、わたしの宝(ご褒美)になりました。うれしいです。

なくなっても、忘れないでほしいです。

「あったかかった」住んだ者に、そんなひと言をぽろっと言わせる建築家がいたことを――

そんな建物がわが町にあったことを――。

More
[PR]

by sechanco | 2011-08-29 09:14 | 地域に生きる

あさとみずと

a0082132_830229.jpg
きのう
しおれていたのに

きょうは
元気になっている

きのう
あんなにうなだれて
いたのに――

けさは
顔をあげて
しゃきっと立って

ぱりっといっちょうらの
花を咲かせている

何があったの
何もないのよ

あなたと同じ

朝と水とを――
もらったの

More
[PR]

by sechanco | 2011-08-19 08:41 | 日々

昨日

a0082132_15181859.jpg
したことが、今は、いえない。

買いましたも、言えない。
だれかを、せめるようで。

買わなかったも、言えない。
だれかを、おいつめるようで。

言えない。もう、言えなくなった――
したことを。しなかったことを。

わたしたちは、まもることばを
もてなくなった。

あなたをまもる、ことばを
わたしをまもる、ことばを。



*「産」と書けずに、「さん」と――しました。

More
[PR]

by sechanco | 2011-08-15 15:32 | 日々

南のひまわり 陸のゆり

a0082132_1214068.jpg
残暑お見舞い申し上げます。きびしい暑さが続いています。それでも、ゆうがたにはセミの声に「つくつくぼうし」が混ざるようになりました。どうぞ、みなさま、暑さに負けずに、あとひといきの、夏日を健やかにお過ごしくださいませ。

せんじつ、南三陸に出かけてきました。支援物資を届けるお手伝いに加わらせてもらいました。

前回の石巻のときは、山藤が咲いていたように思います。今回は、山肌にたくさんの白い山百合が咲いていました。ほんとうにたくさんの白ゆりが山肌に立ち並んで、たくさんのなくなった方々を弔うように、白い花をうつむきがちに咲かせていました。ふくよかでとても良い香りが、あたりにたちこめていました。


その時の写真を以下に、載せてみます。

More
[PR]

by sechanco | 2011-08-13 12:34 | 日々

未来

a0082132_18554596.jpgいったい、何が起きているのか。

「俺は、この人の息子で良かった」とご子息に言わしめた、
衆議院厚生労働委員会で「放射線の健康への影響」について 参考人として発言された 児玉龍彦氏の涙をこらえ、ときに言葉を失いながらの、渾身の訴えが、はっきり答えをくれました。

人が踏み込んだことのない世界――
予想のつかない世界が未来だとしたら、まさにわたしたちは「いま、未来にいる」と感じました。
とんでもない未来に到着してしまったと。

科学のつくったもの、脳がつくったものを、止めるものは
人学(ひとがく)以外に、ないのではないでしょうか。
心で止める。人の心が食い止めるしかない、ものの前に
立っている気がします。

この方の演説には、人間の声が聴こえます。人としても論としても、これ以上はない姿に出遭ったとおもえました。


More
[PR]

by sechanco | 2011-08-01 10:38 | 日々