晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


彼岸花 咲きました

a0082132_23435786.jpg


More
[PR]

by sechanco | 2011-09-26 00:38 | 新刊のお知らせ

椎の実白書 「こんにちは9.19」

a0082132_18402582.jpgきのう(9月19日)。明治公園に出かけました。

開催場所もよくわからず。駅員さんにたずね、お巡りさんにたずね、どうにか目的地に到着。

たくさんの人出でした。ひとは歩道にまで、あふれ出ていて。やっとこさ、公園のはじっこにはいりこんで、ふっと上を見ると。

なんとまあ、生け垣の高い椎の木に椎の実が鈴なりでした。(あれは、粒がおおきい)(一袋百円で高知の帯屋町で昔売ってた上物だ)としばし、見上げていると、上空を数機のヘリコプターがバタバタとうるさく音立てて旋回しています。

「どれぐらいの人出ですか?多いですね」と隣のおじさんに
たずねると「どうやら、六万人ぐらい出てるらしいですよ」

「ろくまんにん!ですか。5万人集会かるく、オーバーですね。」
「でも、きっとテレビでは少なく報道しますよ」
「?」
「2万5000人とかにしますよ、きっと」
「2万5000人?ですか。まあ、なぜそんな嘘の報道するんでしょうね」

a0082132_18564994.jpg

【さようなら原発 5万人集会】──

これだけのコトがおこって、なおかつ止めないのは。よっぽどのコト(事情)があるのだろうか。

「ここにきてみろ。反対反対なんて気楽に言ってられない、震え上がって奥歯ガタガタ鳴る程の現実があるんだぜ」とかの・・・庶民には知らせることのできない、やれおそろしい・・・

どんだけのコトがあるのだろう・・・とカイエダさんの泣き顔など思い出して
性善説で想像してみるけれど。わからない。

                 *
京都にいるころ、わたしは初めてデモ行進というものを見た。周囲のほとんどを、「もの言わぬ」山川草木にかこまれて育ったわたしは「もの申す」ひとびとの群れを見たことが無かった。「あれは、なに?」「デモ行進」「なにを、してるの?」「世の中を変えようと、してるの」「え、世の中って、ひとのちからで変えられるの?」・・・そんな会話を誰かとしたような気がする河原町で。お寺や神社や老舗やと古い建物ばっかりの、見るからに伝統を守ることに固執した、頑固で保守的な街のはずの京都が。ずいぶん進歩的でリベラルな街なんだということを知った驚き。それは、京都は大学の多い街であり、その学生達の醸し出す自由な気風のせいでもあるとも、後にわかった。その時、生きたいように生きていいんだ・・・ということを、たぶん私は京都で習った。街のあちこちに出没するかれら学生たちに。京都で自由を──彼らに教えてもらったのだ。
でも、自由だけ習って、思想や政治は遠慮した。だって、何をやらかすかわからない自分が、とても人にもの申す正しい者とは思えなかったし・・・。だから、運動やデモは横目で見ながら通り過ぎる者だった。せめて邪魔はしないようにと気をつけて──。
                *

でも、あの頃がなつかしかった。あの頃の学生だった、もう散り散りになった、死んだり、音信不通になったりの、今は会えない仲間がなつかしかった。今でもこういう声高な集まりや行進は正直苦手だ。でも、あの頃のかれら、向こう側にいた懐かしい彼らの中に、今ごろ、遅れて飛び込んでみる、そんな気持ちで参加したのかもしれない。慣れないことをした理由は。よくは、わからない──。けれど。


ひとつだけ、わかったことは。思いに体を沿わせるのは、いい感じだと。
人の姿の基本形に、立ち戻ったような清々しいものが体に入るのが
わかった。

More
[PR]

by sechanco | 2011-09-20 09:10 | 日々

アルジェと飯能 カミュの生家と旧平岡レースの事務所棟

a0082132_9385290.jpg仕事で移動中にたまたまここがアルベール・カミュの生家だよと言われて写真をとりました。

ドレアンという名前の町です。前から話には聞いていたのですが、現地の人に聞いてもカミュって誰?という反応が多く今日までわかりませんでした。

タクシーフォンと書いてある店は携帯のプリペイドカードを売っていたりコピーができたりするところです

アルジェリアに仕事で出かけているという、フランス在住の友だちから、写真とメールが届いた。

あの『異邦人』で有名なアルベール・カミュの生家とのことです。友だちは、わたしの行けない(?)フランスに行って、フランス人と結婚し、ときどき、こうしてフランスや近場のヨーロッパの景色や話を送ってくれる。わたしの興味ありそうなものを、選んで。いつも、うれしい。

フランスや月にはいけなくても、もつべきものは、フランスに行ける友である。あとは月の友か?(^^

a0082132_9544740.jpg「ママンが死んだ」ではじまる、物語の衝撃を忘れない。「太陽が暑かったから」じゃないや「太陽がまぶしかったから」という殺人の理由と。

それは、「髪型が気に入らなかったから」という理由で学校をさぼった私と近からずとも遠かったのか(?)・・・なんていろいろ考えた。

「『異邦人』のどこが異邦なの?僕にはとても普通の考えをした、凡人に思えるけど。」といった土佐の同級生のことばにも。

ママンがしんで――いまは、コピーができたりする携帯ショップになっているそうですよ。カミュさん生まれた宅。

More?
[PR]

by sechanco | 2011-09-13 10:29 | 日々

たまむしいろの ひ

a0082132_1118470.jpg教科書に「玉虫厨子」というものが出てきたとき。歴史には興味がないのに、玉虫の翅で作ったというその玉虫に興味を持った。虹色に輝くというその翅の美しさに。

貴重な宝の箱に、織り込まれる美しい虫の羽とはどんなものだろう。
一度、この目で見てみたいものだと。

でも、だれよりも、野山を駆け回ったはずのわたしなのに、玉虫は見たことがなかった。さっき調べたら、生息地に四国がはいってるようですが。

それからじつは、三度だけその姿を見ている。
一度目は、京都で――

京都の下賀茂神社の森で。なぜか、わすれたけれど。手に怪我をしていて。

なぜか、木漏れ日のなかで、すわって。誰かに、爪を切ってもらっていた。

そのとき森の中から、捕虫網をかかげた数人の子どもたちが現れて、
「何をとったの?」ときくと
「玉虫」と。
「見せて」とたのんで。

その子どもの手のひらで、緑色にきらきら輝くうつくしい生きた玉虫を、
はじめて見たのでした。

でも、その日のことは、なぜか、包帯している自分の腕も、
木漏れ日の差す神社の杜の中で
誰か男の人に、手の爪を切ってもらっていることも、
玉虫を捕まえた子ども達が
きゅうに現れたことも・・・すべてが
ほんとのことのように、おもえず、
なんだか夢のようでした。

二度目は、伊豆のともだちのところに遊びに行ったとき
飛んでいるのをちらっと見て「あ、玉虫」と追いかけたけれど
山の方へ飛んで行ってしまった。

三度目は、アーサービナートさんの講演と朗読を聞きに
丸木美術館に行った時。

野外に設置された会場でお話を聞いているときに、すぐそばの
木立の中を、御用提灯を振るような、ふしぎな上下する飛びかたで
飛んでいて「あ、玉虫だ」と声をだして、お話もほったらかして(笑)
追いかけたのですが、桜の木の高い梢にやっぱり
逃げて行ってしまいました。

そして、四度目の昨日。なんと自転車を漕いでる目の前の道に
きらっと光っているものを見つけ──
念願の玉虫厨子の玉虫の、生きた姿をやっと手にしました。ほら!


きれいで、きれいで、暫し眺めて──

a0082132_11214018.jpg

また、飛ばしました。

餌はエノキやケヤキらしいですね。どうりで、スイカを食べてたカブトムシを
思い出して、お出ししてみたキュウリは見向きもしませんでした(笑)わ。

More
[PR]

by sechanco | 2011-09-11 11:22 | 日々

よわさとふかさと センニンソウ

a0082132_1212440.jpg詩人になる条件って何ですか?」と若い女性に訊かれて「弱さ、です」ときっぱり答えた年配詩人(北川透氏)のことばがこころに残っている。(これ、前に書いた気もしますが、同じDVDを二度借りられる?お年頃なのでご勘弁♪)

福間健二監督の映画『岡山の娘』のなかでのこと。さすがだなあ、とおもった。そのひと言にどれだけ飛距離を持たせるか。あるいは、井戸の中にうまく投げ込めた石のように、うまい言葉はたくさんの響きをもつ。ひと言で、たくさんの深い胸の内を打ち続ける。

「弱さ(人の)、です」これは、救いと答えと希望がまとめて入っているような、おとくな言葉だ(笑)。弱さ以下(!)にいる人は、まずいない。そして仰ぎ見て問う者に、その人こそが答えだと足もとを示す。線をたどると幾何学的にもみごとな言葉の仕事におもう。どれほど、答えたくてたまらないことを。どれほど、答えないか。――詩の骨頂はここにあると思う。(わたしのばかは、そのがまんが、でえきらい♪ 「間違ってても、ぼくの答えだ!」と叫んで消させなかったあの子のセリフが、でえすき♪)

外し且つ、撃たなければならない。あるいは、撃たず且つ、外してはならない。

だからそれが、正解かどうかなんてことは、問題じゃない。ある時は「詩人の条件ってなんですか?」「腕力、だよ」の時だってあるのだと思う。おすし屋さんに「時価」ってあるけれど、いま・ここ・このひとをとらえた、ことばの「詩価」がどれだけ、出せるかが詩人のうでの見せ所だろう。色々めんどうなことを人は好きにいうけれど。わたしは知らない。知らないわたしは、詩の価値は、「ノリ」だと思っている。のれるか、のれないか。

「詩人の条件は?」「弱さ、です」・・・これを聞いて、楽になったり、よおしっと思ったり、われこそはと思った者は、岡山の娘だけではないはずだ。かぎりなくほんとにちかい、すてきな嘘だと思います。

その福間監督の新しい映画『わたしたちの夏』がただいま「東中野ポレポレ座」で好評レイトショー開催中です。「あなたのこと『嫌い』なんじゃなくて・・・『苦手』なんです。」・・・って、すてきな大嘘(笑)を観にいきましょうよ!そのうそがほんとになるまで、なんどでも♪

*河川敷のあちこちの草むらに今、見つかる花です。キンポウゲ科の仙人草(センニンソウ)。どこが仙人なのかしら。ひゅっとのびた白い花びらが、仙人の口ひげに似てるのかな?「だいたいでいいんだよ!」(*本年度萩原朔太郎賞受賞・福間健二さんの言葉♪)・・・ですって。

More
[PR]

by sechanco | 2011-09-06 12:23 | 日々