晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


絶望は、しない。

a0082132_1115887.jpg大野更紗さんの、『困ってるひと』を読みました。
『困ってるひと』(困っている、ではない)のタイトルも、表紙の絵もマンガっぽくて、「なんだろな」面白そうだなとマンガを手に取るように、気楽に手に取れる感じです。

ところが、どっこい。
開いて、1ページ目の「はじめに」のことばにガツンとやられました。

なんと『絶望は、しない』とある。

ただものではない、ものがたり、ものごとがはじまるだろう、予測がついた。
しかし、本の題の「困ってるひと」はじめにの挨拶の「絶望は、しない」のことばのセンスに参りました。そして、信頼感がわいた。何がおきてもついていけそうな。なんだか大船に乗った気持の読む気が起きた。

ひと昔前の日本には、「絶望」ということばがなくて、みんな「困った、困った」で済ませていたという話を、どこかで聞きました。いいなぁと思います。「困った」と「やれやれ」でものごとが片付いたら、警察や詩人は要らなくなるかもしれませんが(笑)

深刻になると身動きがとれなくなる心や体を、「困った、困った」や「やれやれ」は、軽く動きやすくしてくれるような気がします。ふだんの暮らしのそばでふつうによく使う「使い慣れた言葉」だからだと思います。うっとりする言葉や夢みる言葉やかっこいい言葉は、文学から生まれるかもしれませんが。生きるために必要な言葉は、普段の暮らしの中にある、普通の言葉な気がします。

大野さん(サラサちゃんと呼びたいぐらい、親しみがわいています。)は「絶望」という文学語(?)を、「しない」という日常語でバッサリ斬りつけた。
ここがとても、かっこいい。
「絶望する」という言葉は、何度も見たり聞いたりしたことがありますが、「絶望は、しない」(そっちには、行かない)とスパット切り落とした、このフレーズがじつにあざやか。

あとは、みごと、みごとの、内容はもちろんのこと、ですが、文章、文体の見事さに、指笛を鳴らしつづけたいぐらいです。どうどうどどうど・どうどどうと押し寄せる困難困難また困難を、ばっさばっさと文体が切り抜けていく。「文は体をあらわす」というか、なんというか。痛快です。

でも、泣けます。

涙がにじむというより、知らないあいだに目から水が溢れている。笑ってるほっぺたをどんどん水が流れている。日が照っているのに、雨が降っているような、きつねの嫁入りのような。なんとも、晴れやかな、透明な液体に顔がぬれているのです。サラサちゃんと一心同体となって。

          ****

サラサちゃん、あなたは誰?「わたし、難病女子」

わたしは、この先行き不安、金融不安、就職難、絆崩壊、出版不況、鬱の嵐が吹き荒れ、そのうえ未曾有の大災害におをわれた昨今のキビシー日本砂漠で、ある日突然わけのわからない、日本ではほとんど前例のない、稀な難病にかかった大学院女子、現在二十六歳。」で

その病名は、自己免疫疾患の専門医でもないかぎり、どんな病気か推測つかないだろう「筋膜炎脂肪織炎症候群(きんまくえんしぼうしきえんしょうこうぐん)」+皮膚炎も併発。

その、まだ夢も希望も恋にもと胸もふくらみ脂がのったばかりの、二十六歳女子サラサちゃんの闘病記であるが。ことばはかるくあかるいが、闘病の試練は拷問のように信じ難く凄まじい。

「い────た────い────いたいいたいいたいいたいたい!!!」と絶叫しながら麻酔なしで筋肉を削り取られたり(「わたし、壊れる」)。おしりに穴があいてしまって、そこから元おしりが液体となって(?)とめどなく流れ出したり(「わたし、流出する」)。ステロイド剤の投与で危篤状態になったり(「わたし、瀕死です」)──まるで生き地獄のようなシーンがめくるめく展開する。

それなのに、読みつづけられるのは、カラッとした文体のなせる技。どんなことがあっても、大丈夫をつげるのは、彼女の文体だ。

「絶望は、しない」と始めに宣言しただけに、おのれの困難を乗り越え、道なき道を切り開くのは、「ことば」だ。めげそうな現実を、めげない言葉に変えていく、その「翻訳技」があっぱれ!肉体の困難を文体が越えていく…こんなことってあるんだ。あるんだね!とうれしくなる。──動けない彼女を、動けない言葉が、「動かして」いくのだ。──これが、すごい。ここに、ちいさな、きせきが、おきている。

つぎからつぎに、まるで障害物競走のようにゆくては塞がれるが、かならず乗り越えるそのつぎの「タイトル(小見出し)」を読者は心待ちする、ようになる。手段ではなく、ことばを待つのだ。

たとえばお尻に穴があき、たぶん凄まじい炎症がはじまった、女性としてもこの堪え難い状況を、「わたし、おしり女子」といい、その炎症から流れ出すものを「元おしり」と、呼ぶこのキュートなネーミングが読者をすくう。それは、ただの言い方なのに、まるで仮面ライダーやウルトラマンというヒーローが登場するぐらい力を持っている。ヒーローではない、それは比喩なのだ。
──そのことに驚く。

ヒーローとは、もしや元々は、比喩からうまれたのではないかと、立場が逆転するぐらいだ(笑)

元々の彼女は、ミャンマーの難民たちの民主化運動や人権問題に関わり、彼らのために世界を飛び回っていた人だ。実際の現場でたくさんの本物の地獄絵を見てきているから、土台がちがう。そう簡単には嘆きのヒロインにはならない(なっては彼らにもうしわけないが、きっとある)。そこがすごい。

とくに「わたし、生きたい(かも)」の章(このように、章毎(小見出し)のネーミングがすごくたのしい。ネームが難儀をすでに越えている。)がとくに切なくて胸をうつ。かのじょを、サラサちゃんを、あいさずにはいられなくなる。

「わたしは。」でブツンと終わる文末が繰り返すところは、ぐっと胸が詰まる。言い得ないものを、言い得ない姿のままに、言い切っている。
──これは、詩の姿だ。


こんなにたいへんで、こんなにひどいめにあって、こんなにこまってるのに、こんなにチャーミングで、こんなにあいさずには、いられない。こんなひと、いるんだ。

ひと、ばんざい。そして、ことば、ばんざい。
ひとの力と、ことばの力と、
そして、
あいの力に、感動します。

買って、読んでほしいです。ほんとうに、読んでよかった。
こころにも、ことばにも、ちからをもらった。

ひとの勉強にも、ことばの勉強にもなります。

そして──
感極まったところに、どうぞ見つけてください。
虹が立つように、たしかに、
詩が、立ち上がっているのを──!

それが、わたしは、うれしかった。
それが、わたしを、うれしく、させてくれた。


サラサちゃん、だいすき!

More
[PR]

by sechanco | 2012-04-28 14:00 | 日々

花道

a0082132_115047100.jpgいつもの入間川沿いの散歩道です。桜が散って花道のよう。

そばの車道を車がとおるたびに、砂煙ならぬ花煙を舞いあげ、目の前がいちめんの花びらで覆われます。

それがまた、めまいがするほど美しい。

日差しはあたたかく、風はやさしく。
そのやさしい風が吹くたびに、語り始めるように、
桜木から花びらが舞い散ります。
花びらの話に、耳をすますように、それを見つめます。
風が来るたびに、うっとりしちゃいます。
ときどき、お話のひとかけらが、肩や髪の毛にのっかります。
それも、うれしい。

話すことばのひとつひとつが、花びらに変わるような、きれいな会話ができたら素敵ですね。


一年がかりの、花の用意をしていた、その桜さんの咲いてよし、散ってよしの
晴れ舞台です。

わがワンコは、道端のおしっこの匂いばかり嗅いでいて、
花よりおしっこ♪

More
[PR]

by sechanco | 2012-04-16 12:04 | 日々