晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


真珠の涙 Pearls mean tears.

a0082132_1137628.jpg
いま許せないことは、あとでも許せないことなんだと、おもう。それを知るだけでも、今を生きることができる。

ひどいイジメの実態を聞かされて、いろいろと考えた。いつまでも相手を許せない気持ちもよくわかる。それは許せるわけがないと。しかし、もっと深く踏み込むと、もしかしたら本当に許せないのは相手ではなく、自分ではないのだろうか。自分を守ろうとして屈辱に耐えた、自分が許せないのだと。

なら難しいことではない。許すべきは相手ではなくこの自分だから。おかしなものだ。もし誰かが自分を助けるために、どんなことでも、どんな屈辱的なことでも、なりふり構わずしてくれたとしよう。勇気を出して暴力や屈辱に耐え自分を守ってくれたとしたなら。その人を恩人と思い、感謝することだろう。

それなのに。それと同じことをしたのが、自分であるとき。なぜ、こうも、こころは、許さないのだろう。おのれを。わたしを守ろうとして、わたしがしたことに罪はあるのだろうか。あの時さっさと逃げ出して、あとになって、のこのこ出て来て、苦しめる。こころよ、おまえに、聞いている。

他の誰も守ってはくれなかったから、自分で守った。自分で自分を守るしかなかった。それをこころはなぜ許せないのか。つよい誰かがあらわれて、助けてくれるはずの場面で。誰もあらわれなかったから。よわい自分があらわれて、ひどくぶざまに、守ってくれたのだ。

どんなにぶざまでも、命を守ってくれた者が、わたしはヒーローだと思う。よくやった。えらかった。ありがとう。(いいたいのは、これだけかも。)

からだの中に尖った破片や砂粒などの異物が入ってしまったとき。貝は「身を守るための生理作用」で分泌する膜で天然の「真珠」が作られるそうです。胸にささった破片を受け入れられないために、一生の痛みをかかえる傷ついた貝になるか。それと何とか折り合ってきれいな真珠貝となるか。二つの貝の道。

六月生まれなので誕生石は真珠です。「真珠の涙」という言葉の意味を調べたり。志摩半島で真珠の養殖工場を見学して、実際に貝を開いてやわらかい肉に、真珠の核を差し込む作業も、目にして、いろんなことを感じました。痛い物から、自分を守るために、呪詛ではなく、真珠を吐く、生き物がいるのだと。
[PR]

by sechanco | 2013-02-17 12:53 | 日々

ともだちを おくりました

a0082132_0323393.jpg
2月6日。親しい友人がなくなりました。しんどいときいちばん世話になったひと。いちばん人には頼み難いことを頼めたひと。聞いてくれたひと。信頼、という言葉をならったひと。病気であることを伏せて、しんどい姿をひとには見せず。虫の知らせだけを、そっと送ってくれた彼女。かけつけた時、見せてくれたのは、微笑みを浮かべたような、やすらかな永眠のかお。何をしても絵になるひとがいます。彼女はそういうひとでした──。最後まで、かっこよすぎるのが、ちょっとしゃくでした。どうぞ、やすらかに。たくさんのありがとうとごめんなさいをこめて──。
a0082132_1144559.jpg


おうちのトイレに、貼ってあった、「茨木のり子」の詩が、彼女のこころの声のようで、胸をつかまれました。彼女を、友に持てたことが、誇らしいです。彼女を母親に持てた子どもたちも、誇りに思ってほしい。

a0082132_11123474.jpg


つづき
[PR]

by sechanco | 2013-02-12 12:40 | 日々

春告げ花

a0082132_1310918.jpgいつもの入間川の河川敷。
リトルリーグのグランドのそばに、オオイヌノフグリが青い小さな花を咲かせていました。
名前はびっくりですが。
春の知らせをいちばんに告げてくれる、この花がとても好きです。
青い花も天使の瞳のようにきれい。

恋をすると、待ち合わせの
待つ時間も、うれしかった。

春を待つ、この季節もいいですね。立春もすぎました、どうぞ良い春を♪

More
[PR]

by sechanco | 2013-02-05 13:20 | 日々

ごぶさたです。

すっかり、足が、というか手が遠のいていましたが
そろそろ、ブログも書き始めますので、またよろしく。
[PR]

by sechanco | 2013-02-02 01:36 | 日々