晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


レビューと宮尾店

a0082132_1558062.jpg
(原画)
・「詩人が詩を「愛の行為」と呼ぶ、その意味が、この詩集を読むとわかる。表題作の「明日戦争がはじまる」も。愛だ。こんなに読者に「ありがとう」を伝える詩人を、私はほかに知らない」

・「日常に根差した言葉(遣い)には行き届いた肌理が感じられ、ある時は夏の桜木、またある時は原発の足元に寄せる白波を描く、著者のしなやかな詩想をじんわりと味わう事が出来ます。」「想像を欠いた世界に投じられた一握の詩」

・「詩のことばは「未来」を予見したものが強く響くときがある。それとは別に、いまをしっかりみつめ、過去を掘り起こすように動くことばがある。この詩趣にはその両方があるが、後者の方が強く胸に迫る。」

・「この中にはたくさんの言葉の優しさが詰まっています、キラキラした言葉ではないけどじっくりと心と体に染みてくる」

・「普通、詩集なんてものは中身を見ないで買うことはないので(本屋で立ち読みはします)、オンデマンド版はどうかと思いましたが、これはオススメです。表題作のほか、日常生活の中に、福島、被災地(石巻)、広島、そして東チモールまで出てきて、守備範囲の広さにちょっと驚きました。」

・「表題作のみならず、ゆったりとした語り口の中にある詩たちは、詩が苦手な方、詩集を買ったことのない方にこそ、ぜひ読んでいただきたい。」


アマゾンのレビュー欄に。いつの間にか、たくさんのレビューを頂いていました。本屋さんには並ばない詩集ですので。こうしたレビューで中身を知って頂くしかありませんので。とてもありがたいです。お言葉のひとつひとつが励みになります。お言葉をいただき感謝です。表題作のみが飛び回ってしまったわたしは。たくさんの誤解も受けました。願わくば、詩集に触れて頂きたい、全編を読んで貰いたいとの切なる思いがあります。あまり宣伝するのも…気が引けますが。詩人の売れるものは、詩集一冊です。他に売るものがありません。もし。詩でも読んでみるかと、ふと魔が差したときは(笑)。どうぞよろしくお願い致します。宮尾拝。

☆表題作「明日戦争がはじまる」が月刊誌『新英語教育』12月号(三友社出版)の「今月の詩」欄に原詩+訳詩で掲載されるとのことです。*アンガス氏による、マザーグースのような訳もナイスです♪

*左の枠の詩集「明日戦争がはじまる」の画像からアマゾンのサイトに飛べます。
a0082132_15584562.png
(装幀画)

More
[PR]

by sechanco | 2014-09-16 11:01 | かきこと

ふたつの本

a0082132_2319445.jpg

毎日新聞に8月、並んで記事になりましたが。

9月の今、絵本「新・戦争のつくりかた」と詩集「明日戦争がはじまる」がアマゾンの通販サイトでも、2冊合わせて買って頂いているようです。
ありがとうございます。


最後の詩集だと思って書きました。
思いの丈が、書けたかな…と思います。。
今日のこころに届いてもらえばと、願います。
a0082132_23204836.png

いま、ここに、詩が、ある

たとえば。アートがきせいの、かちやいちの、はかいなら。そのようなあらぶる、ちからが、あらしたばしょを。そして、おかげで、すっかり、ひとけのなくなった、ばしょを。ちんこんし。もとのかち、もとのいちに、もどそうとする。ひとのいばしょを、とりもどそうとする、ちからが、もとめられているのでした。ここでは――
(「石巻ボランティア日詩」)

大反響を呼んだ表題作「明日戦争がはじまる」をはじめ、「石巻ボランティア日詩」や「ツイッター連詩」など、生活とともにある詩の言葉を見つめてきた詩人の近作を集成する。42篇収録。話題騒然の最新詩集!

*この詩集はオンデマンド出版で、アマゾンのサイト(Amazon.co.jp)のみでの販売になります。書店および思潮社営業部での取り扱いはありません。ご注文ごとに印刷製本し、24時間以内に発送、2~3日でお手元にお届けします。送料、印刷手数料等はかかりません。お問合せ=03-3267-8141(思潮社編集部)
本体1,500円+税
A5判変型並製・172頁
ISBN978-4-7837-3438-3
2014年7月刊
*思潮社サイトより*
[PR]

by sechanco | 2014-09-14 23:40

うたの助け

短歌総合誌・月刊9月号『うた新聞』(いりの舎)の“遠近画法”というコラム欄に「うたの助け」という小文が載りました。ご笑覧ください。
a0082132_11231833.jpg


◎「後藤明生と古賀照房──小説家と歌人(小林幹也氏)
小説と短歌、散文と韻文。同じ文学でありながら、両者は遠い存在に思われる。しかし、本当にそうなのか。」
◎“作品時評”「伝えへざる」について(染野太朗氏)
◎“ライムライト”「ポスト何かの私の」(吉田恭大)
などの論考に惹かれました。
それに大きな特集枠の「陶酔の歌」「覚醒の歌」を見開き両紙面に対比させるなど、大変斬新な企画や論考が多くて、詩を書くものにも興味深く、刺激や栄養がいっぱいの充実内容のお得な「うた新聞」です。まだ、全部に目を通せておりませんが、じっくり読ませていただくのが楽しみです。

More
[PR]

by sechanco | 2014-09-11 11:45 | かきこと

牛乳岳(マイナビ)

四ヶ月続いてきたマイナビの詩歌サイト「ことばのかたち」(日々が紙から飛びだして改め)の私たちクルーも今週でおしまい。切り絵のまちこさんとのコラボは、同じ私鉄沿線なので駅で落ち合ったり、喫茶店でお茶しながらあれこれ相談したり、ギリギリになって速達で郵送して貰ったりの、ハラハラドキドキもあり、スリリングで、楽しいコラボでした。

終わったら、電子書籍として、10月頃発売されるようです。こちらもご利用頂けると嬉しいです。他の曜日の方の詩も、毎日たいへん楽しみで、あっという間の幸せな4ヶ月でした。詩を読んで頂き、切り絵を見て頂き、ありがとうございました。

☆コスモス

☆サイトから今までのものも全部(今の間は)ごらん頂けます。よかったら、以前のものもお楽しみくださいませ。
[PR]

by sechanco | 2014-09-04 10:40 | 日々