晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


6次元カフェにて(66現代詩プロジェクト)

a0082132_11115099.jpg

「66現代詩プロジェクト」(於:6次元)大盛況のうちに終ることができました。遠路から駆けつけて下さった方、寒い中駆けつけてくれた友人、長時間お付き合い頂いた関係者および参加者のみなさん、素晴らしい朗読をしてくれた連詩組の仲間、ほんとうにありがとうございました。「6次元」というブックカフェの居心地の良さや、和合さん、亀岡さんの、温かいお人柄に、すっかりリラックスして(実は体調は最悪だったのですが。。)、実り多く、楽しく、思い出深い一日となりました。こんな日が、じぶんにも、来るんだなあ、、となんか、感慨深い日となりました。場を作ってくださった方や、足を運んでくださった方に、こころより感謝です。

a0082132_1234738.jpg

第1部 15:00~16:40
「シンポジウム 2014年の詩を振り返る」
城戸朱理 杉本真維子 カニエ・ナハ 松本秀文 亀岡大助(司会)
2014年の詩について。素晴らしい詩集の出版が相次ぎ、詩の収穫年ではあるけれど、ただならぬ不穏な空気も漂っていることなど。今年出版された詩集のそれぞれの特徴に触れながら、今ある詩の状況と現代の社会情勢についてを、毎日新聞で10年間詩集評をされている城戸朱理氏が丁寧に語ってくださいました。「詩の境界がぶよぶよしてきた…」という面白い言い方で「それがいいことか、わるいことかは、わからないけれど」と詩の現状を亀岡編集長。

あとはそれぞれの方が本年の話題詩集「裾花」(杉本真維子)「ブルーサンダー」(暁方ミセイ)「MU」(カニエ・ナハ)「死んでしまう系のぼくらに」(最果タヒ)「雲の行方」(貞久秀紀)「まだ言葉のない朝」(福田拓也)「ルウ、ルウ」(杉本徹)…と拙著「明日戦争がはじまる」も。あとカニエさんや松本さんが、「ならでは」の面白い本を選んで持って来られていて(覚えきれなくて、ごめんなさい)、いろいろ興味深い感想を述べられました。
a0082132_11583433.jpg
(*毎日新聞:夕刊12月18日:2014年詩集5選に選んで頂けました。ありがとうございます!)

1部でも、3部でも、朗読されてぐっと心を惹き付けられたのはカニエさんの「MU」でした。それぞれの詩集が各人によって、とても魅力的な紹介をされたので、どっとアマゾンの「ポチ」が増えることでしょう!わたしもまだ手に入れてない「裾花」と「ブルーサンダー」をお財布がふくらんだらポチ予定です。「ルウ、ルウ」はリーズナブルな中古が見つかったので、即ポチしました♪

第2部 17:00〜18:30
「対話」
宮尾節子 和合亮一 亀岡大助(司会)
第一部とは、がらっと変わって(笑)井戸端会(というより火を囲んでの「囲炉裡端会」かな)みたいにぐっと砕けたラフな会なって、好き勝手なおしゃべりをして、恐縮でしたが、たのしかったです。 「6次元」という場が何ともくつろげる空間で、それと和合さん、亀岡さんのお人柄のおかげです。ありがとうございました。

第3部 19:30〜21:30
「朗読会」(敬称略)
MC 松本秀文
3部はいよいよ、みなさんの朗読会です。

1.及川俊哉 ど、迫力でした!参りました。ハワイが足りない!「ハワイアン弁財天」もかっこいいです♪
2.葉月野 始めてとは、思えない。落ち着いた、アナウンサーのようなよいお声でした。
3.林明乎 しっとりと、岩に沁み入るような、胸震わせる、よい朗読でした。
4.金子彰子 憧れの金子さん!が岐阜から、駆けつけてくださいました。なつかしい「鳩よ!」の投稿作品からも、朗読。味わい深かったです。
5.西原真奈美 この日発行の手作り詩集「とわうた」から、心に残る作品を披露されました。
6.紺野とも 「かわいくて」の紺野さん。青い炎で恋人を焼く詩が「こわくて」真に迫りました。
7.松本秀文 「ばばあ」を連呼したロックな朗読がなかなかでした。歌も入って、お誕生日のお祝いも入って、めでたかったです。それとめっちゃお洒落でした。*「作品は「孤独」という部屋で書かれますが、その作品が「孤独」である必要はありません。むしろ、そこで「孤独」に傾斜しなかった表現こそが「詩」に堪える「器」となるように思います。」(松本秀文)プロジェクト立ち上げ時の彼の言葉も印象に残っています。

小休憩 10分

8.文月悠光 ああ文月さんだ!としばし見とれてしまった。きらきらしてかわいい方で、しかし朗読は、しっかりしっとりと、「詩語」を確かに、胸に根付かせるような、よい朗読でした。
9.梁川梨里 梨里さんも一語、一語、耳から胸に刻むように、丁寧に朗読、聞き惚れました。
10.みいとかろ しずかにささやくような、繊細な朗読。小さな紙からいくらでも詩が出て来るマジックのような不思議に心奪われました。
11.カニエ・ナハ 第一部でご本人が朗読された時もびっくりしましたが。3部では女性二人で朗読とダンスによるものでした。これが、金縛りに会うほど凄かった。目よりも,耳が詩をより感知するのではないかと…思ってしまった。
12.宮尾節子 わたしです。「きれいに食べている」と「朝日のあたる家(朝日楼)」を、しました。
13.和合大地 小型和合さん、高校生だとのこと。元気いっぱいの、力強い朗読でした。
14.和合亮一 全身朗読に加えて、短歌朗読がめちゃくちゃ楽しかったです。和合さんの新たな一面を発見。最後にみんなを笑わせて、楽しませてくださいました。ありがとうございます!
a0082132_13374986.jpg

昼間の3時から(出場者は2時から)夜の10時まで──なんと7時間という長丁場。寒い雨の降る日なのに、満員御礼でたくさんの方々にお集りいただき、思い出深い会となりました。とくに、ツイッターの連詩でつながった、連詩組のみなさんの生出演の朗読には感慨深いものがあり、もはや親心で(笑)誇らしく拝見拝聴しておりました。ときどき目頭が熱くなりました。組員さんもありがとう!

「つなぎ場」を提唱されたナカムラさんの作られた空間で、会ができたこともうれしかったです。
自分も、詩と人、詩と詩、人と人、の「つなぎ場」になりたいんだなあ。。と実感した日でも、ありました。→☆荻窪ブックカフェ・6次元

それぞれの詩の姿、それぞれの朗読の姿、そして、詩の書き方、詩の読み方、読まれ方…たくさんの刺激と学びを得ました。ありがとうございました!
a0082132_1340725.jpg

*「きれいに食べている」を読んでいるところです。
[PR]

by sechanco | 2014-12-23 11:54 | 日々

まちはきらきら

a0082132_20215149.jpg

12月。ちょっと風邪で、ダウン中です。

「熱の花」(口唇ヘルペス)ができて、あさっての
イベントに…どうなることやらと。まいっちょります。
[PR]

by sechanco | 2014-12-18 20:28

問います

a0082132_12201961.jpg

[PR]

by sechanco | 2014-12-13 13:19 | かきこと

ABCZ

a0082132_1223350.jpg一年の終わりの12月の。慌ただしい日々のただなかに、選挙があることに。

こんなどさくさに、選挙をすること、それ自体に、たいへん疑問を感じます。

尋常じゃないものを感じる。

「国民に、広く民意を問う。」

それは、いかにも、聞こえはいいが。

「野党だったら、喜ぶべき解散なのに、文句言うのが、
わたしは、わかりません」と

あべさんは、言った。
(わたしは、こんなに、いいひとなのに!)という、もはや悲鳴に
近いものを、ときどき、ふきあげる、あべさん。

(ほんとうに、そう思っているのだろうなあ)と、ときどき、あべさんに、
同情もする。その姿が、痛い。

拉致被害者の運動に、力を尽くしておられた頃の(いいひとだなあと、思った)
姿が甦ると、なんだか切ない。

それでも、あべさん。

本当に、公平に、民意を、問うなら。

もっと人びとが落ち着いているときに、そして保守のひとがもうちょっと実績を
見せれたときに、そして野党のひとがもう少し体制を整えられたときに、

問うて、はじめて、公平な民意を、聞く事ができるのではないだろうか。
と、わたしども凡人は、おもう。

一年の終わりの、もっとも忙しく、人びとがじっくり物を考える時間のない、
つまり、思考停止しまいがちな、時期に、もっとも大事な選挙をやる。
「もう、いいから、今までどおりで、とりあえず、やってよ!」と
丸投げしたくなる、時期にだ。

ただ、そのことだけでも、憤りがはしる。
こんなこと、正しくないと、おもう。

そして、結果。
「あなたがたが、選びました」と、最終的な責任を私たちに取らせる。
そのように充分読まれた、シナリオが、下品だとおもう。

話は、とても、飛ぶけれど。

ナチの時代のドイツで起きたことを思い出す。数々の異常な惨事が起きたが。何より、ナチスが罪深いと思ったのは。強制収容所(ラーゲリ)で、ナチスは収容した彼らに彼らの、仲間殺しの実行役をさせていることだった。つまり「多くのユダヤ人を殺したのは多くのユダヤ人だ」という既成事実を作ることで心理的虐待も同時に行なって、念入りに彼らを骨抜きにしていったのだ…。仲間の命を奪わなければ自分の命が奪われる、そのような追い詰められた場所で、ナチスは自分たちの手を汚さずに、実際の仲間殺しをユダヤ人にさせたことだった。こんな思考停止する以外、生き延びる場所がない場所、それがあの時起きたことだった──。

「あなたが、やった」と身にしみこませること。

「あなたがたが、えらんだ」と──

このような時期の強制解散とも思える解散、強制選挙とも思える選挙に、たいへん意地の悪い飛躍だと言われることは承知で、そのシーンを思い出さずにはいられなかった。

勝ち目を見込んだ選挙、そしてあとは「民意の反映だ」「国民の意思だ」とどんどんと、進められていくこの先の国がこわい。

(あの、いい人だなあ…と思った、あべさんは
いったい、どこへ、いったのだろう──)

             ***

東ティモールの独立の映画を観た時、ティモールの人々はやっと手に入れた投票用紙を、奪われないように守るために、土に埋めて隠していました。

一票の重さが、命の重さと繋がっていると、知っていたからです。そのことも驚きでしたが。その泥のついた投票用紙を宝物のように、かざして見せたとき──

じぶんのくにを、じぶんたちが、つくるために、てにいれた、
一枚の輝かしい切符の、ように、それは眩しかったのです。

わたしたちのくにで、ふつうにあるもの。それが、かれらには、たくさんの血を流して、やっと手に入れたものだったのです。

泥のついた、あの投票用紙の、耀きを、わたしは忘れることができません。

それと同じものが、スーパーのレシートといっしょに、
落っこちそうになりながら、
冷蔵庫のマグネットに留めてあるものだと。

わたしが、どうか、わかって、いますように──

           ***

知り合いの、陶芸家の作った湯呑みに「ABCZ」と文字の入ったものが
あって、「ABC、Dじゃないの?」と聞いたら「うん、ABC、Zだよ」と。

そんな湯呑みのABCを思い出している、週末です。

よい一日を♪
[PR]

by sechanco | 2014-12-13 12:03 | 日々