晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


豊岡プチ大学

講座の日にちも、せまって来ました。まだ若干のお席があるようです。ちょっと詩でも、作ってみませんか。
a0082132_1159559.png
よかったら、是非!楽しい講座にしたいです。よろしくお願い致します。宮尾拝。
→☆「豊岡プチ大学」の詳細はこちらに

More
[PR]

by sechanco | 2015-10-28 11:59 | 詩関連

おかげさまで、大盛況のオープニングとなりました!

a0082132_1146855.jpg
ギャラリー食堂『厩戸(うまやど)』オープニングパーティはおかげさまで百数十人の方にいらしていただき、大盛況でした。ありがとうございました。お祝いの温かいお言葉やきれいなお花に囲まれ、そしてさまざまなご縁からのお手伝いやお心遣いをいただきたいへん幸せな門出となりました。遠くから近くからたくさんのお気持ちを寄せていただき心より感謝です。みなさまに体も心も和んで頂ける場所になれたらうれしいです。しばらくは慣れないことも多く至らないところも多々あると思いますがご容赦頂き、佳い店に育つように温かく見守って頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。お茶を飲みに、ご飯を食べに、作品を観に、ちらりと厩戸の戸を開いて見て下さいませ。お待ちしております。
a0082132_11471249.jpg
a0082132_11443296.jpg
a0082132_11495515.jpg
a0082132_11481151.jpg

パソコンや携帯など様々な便利な情報ツールでコミニュケーションが可能な時代となりました。そのありがたさを享受しつつ、でも、こうしてフェイスツーフェイスな関係を大切にして、お互いに語り合ったり、笑い合ったり、食べたり、飲んだり、鑑賞したり、皆様のいっとき集う場所になれたら、何よりうれしいです。ときどきお立ち寄り頂いたり、さまざまな形でこの場所を、みなさまにご利用頂ければ幸いです。どうぞ、よろしくお願い致します。
a0082132_115814100.png
a0082132_11565653.jpg

☆ギャラリー食堂「厩戸(うまやど)」
☆住所:〒357-0038
 埼玉県飯能市仲町13-4
(*西武池袋線飯能駅北口左線路沿い歩く「庄や」角右折「第一ホテル」前/駅より徒歩3分)
☆☎/fax:042-978-7589
☆営業時間:am11:00〜pm10:00 (*夜ごはん部は11月4日より開店!)
☆定休日:月・火
☆喫茶と玄米のベジ系ヘルシーお昼ご飯は5時までご用意しております。
☆お酒と肉・魚もありのほっこりあったか夜ご飯は5時〜10時まで。
☆貸ギャラリーのお問合せもお待ちしております。
☆みなさんに喜んで頂けるお店になりますよう、よろしくお願い致します。
→★お店の地図はこちらです!
[PR]

by sechanco | 2015-10-26 12:04 | 日々

ギャラリー食堂『厩戸(うまやど)』本日開店!

a0082132_11165567.jpg
わが町・飯能で──お店をオープンすることになりました。名前を『厩戸(うまやど)』と申します。
a0082132_1129897.jpg

どんなお店かというと。喫茶に玄米のベジ系お昼ごはん(am10〜pm5)とお酒に魚・お肉もありの夜ごはん(pm5〜pm10)。そして終日さまざまな作家さんによる作品を展示するギャラリーのお店。
a0082132_1130517.jpg
厩戸キッチンです。下はお昼ごはん定食の例。こちらに三年番茶がつきます♪
a0082132_1132044.jpg
それぞれの担当を3人の女性店主が受け持ちます。おひるどきにお腹がすいたら、からだがうれしいヘルシーなお昼ごはんにこだわり珈琲やハーブティー。灯りがともる頃になると、温かい灯りのもとでほっこりこころがうれしい夜ごはんとちびちび吞んでいただくこだわりお酒。そして蔦のからまる外観にコンクリート打ちっぱなしの、落ち着いた雰囲気のギャラリースペース(*貸しギャラリー)で描くひと、染めるひと、織るひと、創るひと、さまざま作家さんたちの舞台をご紹介します。お食事、喫茶と、おいしいを味わっていただきながら、ギャラリーで目もたのしんでいただく、そこに人と人の、出会いや語らいが生まれる。そんなみなさんに、愛されるお店になれたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
a0082132_1133357.jpg
店の奥と店内の壁面がギャラリー空間。下は飲食のスペースです。コンクリート打ちっぱなしの空間なので灯りのあたたかさに気を配りました。
a0082132_11334921.jpg

☆ギャラリー食堂『厩戸(UMAYADO)』開店(*厩戸3店主)のご挨拶☆
★その1:お昼ごはん担当店主より
○いらっしゃいませ。11 時~ 17 時 お昼ごはんと喫茶を担当する佐喜です。

数年前、安曇野の穂高で玄米と野菜だけの食事を口にし、それはそれはとても美味しくて、食べることが生きることに繋がっている感覚を初めて知りました。
この食事にはなにか秘密があるに違いないと思い、当時勤めていた会社を辞めて穂高へお料理を学びに行くことになりました。
特別な調味料ではなく、昔ながらの製法で作られた醤油や塩、麹や味噌と、野菜の生きる力に任せたその土地で採れた自然農法や有機農法の野菜。
それらを使ってお料理をするとき、玄米や野菜の持つ声を引き出すこと・・・これが美味しさの大切な秘密だと気付きました。
毎日欠かせない、食べるということ。ひとりでふらっと立ち寄ったり、友人や家族、恋人と・・それぞれの方々の暮らしの一食に、この玄米と野菜が心と体に寄り添う食事となればと思います。
緑や水が豊かな飯能。この土地が育むお米や野菜に身を任せ、飯能に親しまれるお店になれるよう、歩んでいけたらと思います。

★その2:夜ごはん担当店主より
○いらっしゃいませ。17時~22時 夜ご飯とお酒を担当する真帆です。

「うれしい食卓」というのが厩戸の夜ご飯のコンセプトです。灯りの下で
ほっと一息つけるそんな場所であったらいいなと思っています。
わたしはお家で食べるご飯が大好きでした。
料理をする父の後ろ姿をみて「わたしもだれかの為にごはんをつくりたいな」と子どもながら想ったのが料理をはじめるきっかけです。
年を重ね実家を離れ、父の手料理を食べる機会もめっきり減ってしまいました
ふとしたときに思い出すのはいつもお家で食べた温かいご飯です。
そんなみんなの食卓のようなお店ができたらいいなと願っています。
夜ともる灯りにさそわれ、夜の厩戸にもふらりと立ち寄ってもらえたらうれしいです。温かいごはんと汁物、旬の野菜や、お魚、お肉を使った料理、小鉢、美味しいお酒をご用意してお待ちしています。

★その3:ギャラリー担当店主より
○いらっしゃいませ。水曜日〜日曜日 ギャラリー担当の節子です。

山紫水明の清らかな自然に恵まれ、「美しい星」(三島由紀夫)のモデルになったわが町で──きれいなもの・おもしろいもの・たのしいものを、描くひと・織るひと・染めるひと・創るひと。さまざまな作品(もの)たち作家さんたちの集う場、発表の場になれますように。そして、物と人・人と人のしあわせな出会いが生まれる、温かい場所になりますようにと願って、皆様のご利用をお待ちしております。小さな文化スポット「厩戸」よろしくお願い致します。
a0082132_1134176.jpg

☆お店:ギャラリー食堂『厩戸(うまやど)』
☆住所:〒357-0038 飯能市仲町13-4
(*飯能駅北口左線路沿歩「庄や」角右折「第一ホテル前」/徒歩3分)
☆営業時間:午前11時〜午後10時
(*注:10月中は午後7時まで)
☆定休日:月・火
☆☎:042-978-7589

a0082132_820767.jpg
☆厩戸三姉妹が、みなさまのお越しををお待ちしていまーす!

               *感 謝*
看板を作っていただいたり、植木の剪定をしていただいたり、自作のお野菜を届けてくださったり…開店にさいしては、みなさんに、たくさんのご支援やアドバイスをいただきました。どれほどうれしかったことでしょう…。こころより感謝です。

*ひとの顔が見られる、ひとと語り合える、みなさんの、ひとつの居場所になれたら、幸いです。
a0082132_8465948.jpg
開店の朝の空です。よい一日になりますように♪

More
[PR]

by sechanco | 2015-10-15 08:58

ありがとうございました。

a0082132_8515738.jpg
こまつ座『十一ぴきのネコ』アフタートーク終わりました。拙い話を聞いてくださった方、サイン会に並んでくださった方、ありがとうございました!
衣食足りて礼節を知るのではなくて、衣食足りて人を知る。人間の変質は何かを手に入れた時に始まるのではないか、このお芝居から人のサガの悲しさ怖さを感じるそんな話や、

井上ひさしさんの作品のもつ普遍性はユートピアもディストピアも、向かい合うあちらとこちらの岸、いがみ合うあちらとこちらの人、そういう対立する二つではなくて。ほんとうはひとつの岸、ひとりの人のこころの中にすむ、二つではなくひとつに存在するんだよ、ということを伝え続けてくれていて、その身に覚えのある感じが普遍性につながるのではないでしょうか

そこに希望も絶望も、絶望も希望も見出せる…というような話をさせてもらったつもりですが…みなさんに届いているといいけれど。

「人間のしあわせの天井は、あんがい低い」不幸の井戸は深く掘れるけれど…そんな話もしたかったのですが、忘れちゃった(笑)

太陽がまぶしかったから…異邦人のカミュではないけれど、目が疲れていたのか。やたら会場のライトがまぶしく感じて、何だか気持が落ち着かず、いちばん言いたかった大切なことが、うまく話せなかった感じが、ちょびっと心残りでした。ごめんなさい。もっと場慣れしたいものです。。

でも、こまつ座のみなさんはスタッフさんも役者さんもこまつ座大好きオーラがあふれていて、こちらも幸せになる感じです。井上さんのことばは、みなさんの思いでいつまでも、生き続けていける、井上ひさしさんは幸せな作家さんだなあと思いました。きっと人間が大好きで、みんなのことを思って、作品を書き続けたから。人間に好かれ、みんなに思われ続ける、愛情の照り返しなのでしょうね。

踏まれても蹴られても、怒らない、恨まない、絶望しない、にゃん太郎さんは。絶望の世の、希望の化身のようでした。最後に彼を受け止める、にゃん十一さんのキャラもなかなか深いものを突き付けてくれます。

観劇のお値段が高めなので、お子さんは1000円という破格設定です。少し奮発して親子でお出かけ頂ければ、親子ともに、忘れられない作品となることでしょう。ネコたちの愉快な歌がとっても楽しいですよ。

トークのときにまもなく開店する飯能のお店のことまで、井上さんに伝えていただき恐縮でした。ありがとうございました!
[PR]

by sechanco | 2015-10-11 08:57 | 日々