晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


クローエと白鳥

ずっとずっと さがしていた
はたちぐらいのころか その前か
京都のまちなかで 見つけて気に入って 買った一枚のポスター

それを 誰かにパネルにして もらった
それを ずっと部屋にかけていた 何度も引越ししても
担いで行った だから わたしの青春というものは この少女のそばにあった
といっても 言い過ぎではない
だから わたしの友達や そのときどきの恋人たちは 
この写真(少女)を知っているはず 覚えているはず

れんあいも しつれんも けっこんも りこんも この少女は しっている
でも 肝心のわたしは 知らなかった この少女が いったいだれで
なにゆえ このような ポーズを取っているか すら

それがこれ
(奥にみえるパネル)
a0082132_20312013.jpg

でも 少しずつ 誰かが
情報を 置いていってくれた これを見て
せかいで 一番最初の 最年少ヌードとか
『春のめざめ』という映画のシーンらしいだとか
さいしょ 少年だと思っていたのだけど だんだん胸がふくらんできて
(そんなわけないが)
少女だと わかったけど マリオという 名前をつけたりした

どうしても 中性的な名前でなければ  ならないと思ったし
(マリにオがつくからと まあいい加減な)
なぜいきるか 問うこともないまま 浮きつ沈みつ
なもしらない 少女と 人生の大半をともにした

上の写真は パネルのさいごのものだ
いろいろ事情をへて 某地の某古民家の 蚕棚のある屋根裏部屋をかいりょうし
独居していたときのもの この後 ついに もういいか…と
処分をする

しかし 少女を知りたい 思いはずっとわたしのなかに 生きつづけていた
ずっと ずっと 

やがて 便利な
インターネットの時代になって さっそく 映画名で検索を何度かしてみたが 
当時は まだあまり細かい情報は あがっていなくて さっぱりヒットしなく
なんだか あやしげなサイトにつながったりして そのうち あきらめた

写真とはいえ 我が青春時代の すいもあまいも 苦も楽も ともにした少女である
いつか 君の名を知り このシーンが動きだす ひがくるかもしれない

なにゆえに これほど ゆううつげで なにゆえに このようなポーズで いるのか 
などなど
いつか いつか と思いながら 日々の暮らしに追われ 記憶のそこに まいぼつして しまっていた
少女が とつぜん やってきた


ここにいま
a0082132_20150666.jpg
彼女の名前は クレオパトラ・ロータ
役名は クローエ

映画の名前は 春のめざめ (原題は Young Aphrodites)
16歳の高校生 女優さんではなく素人起用・彼女の初出演の映画だったとのこと

映画監督は ニコス・コンディロス
製作1963年 劇場公開1964年3月7日
のギリシャ映画だった

ふと思いだして
「春のめざめ」で検索しているうちに ネットのオークションにぐうぜん出ていた
たった一冊の 映画のパンフレットを 手に入れたのだ!
(*2007年公開:アレクサンドル・ペトロフ監督「春のめざめ」は別物。)

a0082132_20182113.jpg

「春のめざめ」*物語*
少女クローエ(クレオパトラ・ロータ)は海の辺で鳥を獲るのに夢中だった。干害を慮って、牧人達が水を求め海岸にやって来たのは、そんな夏のある日だった。牧童のスキムノス(ヴァンゲリス・ジョアニデス)は、クローエの無邪気な美しさにひかれその後を追う。貧しい海岸の集落の男達は漁に出て一人も残っていない。漁夫の妻アルタ(H・プロコピウ)の姿をみた牧人のツァカロス(タキス・エマニュエル)は彼女に強くひかれ、求愛した。彼女にも彼の心がわからなくはないが彼をうけ入れれば、この村にいることは出来ない。だが、二人の間には恋が生まれた。夏も終りのある日、激しい雨が降り、牧人達も山に帰る仕度をはじめた。別れられない強い愛情にかられた二人は、人目のつかない岩陰でその愛を確かめあっていたが、雨を避けようと岩を探していたスキムノスとクローエがそれを目撃し、心の底に潜んでいた性の衝動が湧いた。アルタは家も夫も捨てツァカロスら牧人たちと山へ帰っていった。大人二人の愛の情景を垣間見た、牧童のスキムノスは集落に残ることを決心、それに気づいた牧人達の追手を逃れて、クローエのもとに帰ろうとしたが、途中で少女が牧人に乱暴されているのを目撃した。激しい絶望がスキムノスを襲った。その驚きに耐えられなくなった彼は海の中に身を投じたのであった。その海面にはクローエの大切にしていた鳥の死がいが漂っていた。
*映画.com http://eiga.com/movie/65892/ より引用。




それは

山から降りてきた羊飼いの少年と

白鳥を愛する海辺の少女の

まだ 両性わかちがたい 年頃のふたりの

愛と性のめざめの 物語だった


(*映画にはもう一組の成熟した男女の性愛も同時に描かれているとのこと…)


そして詩も
a0082132_20160249.jpg
<春のめざめ>によせて
            谷川俊太郎

愛ということばが生まれようとしている
クローエの息の中から

心と体がわかれようとしている
クローエの乳房の下で

海辺の村の愛のあけぼの――

その潮騒はいまにつゞいて

少女のなかに今日も二羽の鳥がいる
殺された鳥と放たれた鳥と

*パンフレットを開くと扉見開きの左ページには
なんと 谷川さんの詩が 掲載されていた

やがて死骸となる
白鳥は
ふたりの愛のシンボルだった
a0082132_20134629.jpg
「こんなにも 美しくふしぎな感動をさそう作品には、生涯にもめったにめぐりあえぬと思います。」
大自然のなかでの「ボーイ・ミーツ・ガール」の物語だと小森和子は解説を寄せる。
「無限にひろがる夢」と「私は若き日々へのせつないほどの郷愁をかきたてられる…」と。

古いパンフレットをめくりながら
ふと もうひとつのことに わたしは気づく
春のめざめの 原題が Young Aphrodites(ヤング・アプロディテー)
であることに


*アプロディーテー
アプロディーテー(古典ギリシア語:ΑΦΡΟΔΙΤΗ, Ἀφροδίτη, Aphrodītē)
またはアプロディタ(アイオリス方言:ΑΦΡΟΔΙΤΑ, Ἀφροδιτα, Aphrodita)は、
愛と美と性を司るギリシア神話の女神

これだ
a0082132_20210683.png
*文・画像Wikiより

これは
a0082132_20320612.jpg
このポーズは

美と愛と性を司る
上のアプローディテー像の
ポーズをとったものだった


a0082132_20215760.jpg

ついに
ともに生きた
少女がいったい誰であるかを
わたしは
つきとめたのでした
・・・
長い長い年月を経て
・・・
クローエという名の
わたしは
若きアフローディテーと
ともに生きていたのだ…!
という 
しあわせな結末の

ながいながいお噺でした

おしまい

 
このパンフレットは わたしの誕生日の 前日に届いた
そして 海外版の DVDが 今日あたり 届く予定です

はじめて 彼女の生き生きと動くすがた そして その恋物語に 触れることになりそうです。

わたしは 再び彼女を通して わたしの青春にも 再会することでしょう

たのしみです。




*これを書いていて、いい感じになった途中でアクシデントにより、全部消してしまい
かなりへこみました。 そのへこみから、立ち直れるまま、はしょった 書き方を
してしまいました。それが、残念ではありますが。。これにて。

読んでくださって、ありがとうございます。





More
[PR]

by sechanco | 2016-06-27 13:22

前橋ポエトリーフェスティバル2016にて

a0082132_2175845.jpg
前橋文学館でおこなわれた催し「前橋ポエトリーフェスティバル2016」に出演させていただきました。
a0082132_053284.jpg
午前中は「マエバシ詩学校〜詩の向かうところ」で詩についてお話しさせて頂きました。なるべく身近なところから詩をとらえていきたいと言うのが私の思いです。ちょうど数日前に「大きな人権、小さな人権」という記事が毎日新聞のサイトに載っていて驚いたものですから、そのことに触れながら
大きな声の力に、小さな声が消されていくことの危惧について、
詩の声について、少し図をつかってビジュアルな形で話しました。
a0082132_062176.jpg
『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド版)の「あとがき」にも書いてあることですが、数学で円周率の3.14…延々とつづく小数点を切り捨て3にすると、出てくる形はもはや円ではなく正6角形になる。小数点以下がわれわれそれぞれの個人の姿、個の声、すなわち詩の声ではないか。

そして「言えなさ」に向かってそれでも「言おうとする」冒険こそが詩の仕事であり、しかしながらどこまで行っても、決して真の値を得ることのできない各自の出す「近似値」こそが「言葉」の真の姿。

すなわち、真の値ではない「近似値」こそが、皮肉にも「真の言葉の姿」ではないかという…日頃のわたしの思いなど話させてもらいました。

しかしながら、同時に「3あっての3以下の数字(3.14........)である」ことも忘れずにいたい。
詩人以外の、一般人にはもはや解読不能なほど難解になってしまった、現代詩の世界にも、わたしなりに物申したつもりです。お互いの存在を忘れずに、大切に思いつつ、「ともに支えあいたい」繋がりあっていきたいと。それが、今必要なことではないだろうかと。。

わたしはどちらかと言うと、いま3のがわに寄っていること、「伝わりやすさ」を選びながら、
標識のように、「あっち」だと、小数点のがわを「指差す」存在でありたいと
じぶんなりの現在の詩の立ち位置をお話ししました。



7月には参院選があります。やはり与党が圧勝するのでしょうか。そのあとは「憲法改正」に進みそうですね。あまり政治のことに詳しくもない私ですが。。自民党の出した「憲法改正草案」には、いくつか気になるところがあります。その中でも、文学に関わるものとして、また個の声を大切に思うひとりの者として、特に気になるひとつを最後にお話ししました。

◯現行憲法第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。
◯憲法改正草案第十三条 全て国民は、人として尊重される。


それは、このように、自民党の「憲法改正草案」では、第13条の現行憲法「すべて国民は個人として尊重される」の「個」が消されて「人」になっていることです。

「本質的には、共同体の拘束からいったん解放された自由な個人を主体とするものだからこそ「人」権なのであった」「今回の憲法改正草案によると、その「個人」を削って「人」になる、これはまさに時代の歴史の逆行ではないか」――『いま、「憲法改正」をどう考えるか』の著者の憲法学者「樋口陽一」さんの言葉を引用させて頂きながら、

日本の人権の歴史、ひいて文学の歴史は、国家権力、村社会、世間というものに取り込まれた、大きな括りから解き放たれた、「個人の獲得の歴史」だったのではないか──それが今は危うい状況にあるように見える――そんな思いなども。

a0082132_10402582.jpg
次は、30人の老若男女の詩人たちに混ざって、朗読をしました。
a0082132_075634.jpg
「乳の流れる歌」という、ユネスコ無形文化遺産に登録されたモンゴルの「雌ラクダをなだめる習慣」について書いた詩を読みました。歌声や音楽が母親ラクダが乳を出すために…だけ捧げられる、そのことに心打たれて書いたものでした。
素晴らしい詩人たちの集まる、素晴らしい催しものやライブ、朗読シーンばかりでした。心打たれ、学ぶことの多いイベントでした。呼んで頂いて、本当にありがとうございました。
a0082132_092716.jpg
後日、「上毛新聞」にマエバシ詩学校のことを取り上げていただきました。福田さんの「川田綺音論」も丁寧に深く読み込まれていて、素晴らしかったです。聞かせてもらえて幸いでした。

More
[PR]

by sechanco | 2016-06-11 00:09 | 詩関連

着物モデルになりました。

a0082132_11323819.jpg
なんと。着物のモデルをさせてもらいました。

着物を選んだり、帯を合わせたり、帯締めや、帯揚げや、髪飾りにに至るまで、
なんだかママゴトをしてるみたいに、ひとつひとつ選んで
きれいなものに囲まれて、きれいなものに身を包んで
女性に生まれた幸せを感じる、贅沢なひとときでした。

ひとつひとつのものに、歴史があり、職人さんがいて、技がある。
着物に触れることは、日本の伝統に、日本の文化に触れることだと
つくづく感じ入りました。

「女優きもの」というのは、女性にひとりでも多く着物を着てもらい
着物のよさを味わってほしい。

そして、売れっ子の美容師さんにヘア&メイクをしてもらい
ロケ地に行って
腕利きの人気カメラマンさんに、
女優気分で、素敵な記念写真を撮って思い出を残してほしい。

そんな思いで着付けのベテラン着物師の塩野さんが立ち上げた
お仕事です。

着物をコーデ&着付けしてもらって、
素晴らしいヘア・メイクアーティストさん&カメラマンさんに身を任せて。。
至れり尽くせりの、
女性のしあわせに浸れる、一日が過ごせました。

一生の思い出に、みなさんも是非どうぞ!

こんな感じで、女優がいっちょう、できあがりました。→
⭐︎こちらが「女優きもの」のサイトです。

*何度見ても、自分とは思えない、不思議な感じです。
 わたしが、わたしのお母さんみたいで^^

*写真を見て、普段のわたしを知る人々がびっくり仰天していました!(笑)

塩野さん、岡部さん、後藤さん、
まるで女優な一日と
奇跡の一枚を、ありがとうございました!
[PR]

by sechanco | 2016-06-06 12:08 | 日々