晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
お気に入りブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


あいがのこる

本年はブログにお訪ねいただき感謝です。

お健やかで
どうぞ、良いお年を!
a0082132_16284291.jpg

愛が残る。

        宮尾節子

      

子どもだけでは

育てられなかった

愛がなければ。

苦労して

子を育てるとき

苦悩して

愛も育てた。

花を育てるとき

土も育てたように。

子が離れても

愛は残る。

花のあとに

土が残るように。

いま気づく

この愛が親の

取り分だと――。

子が離れたとき

残った愛が

試される。

ちゃんと

育ったかと。

育った

子が遠くへ旅立つとき

愛もまた旅立てるかと

子より遠くへ――。


a0082132_16404472.jpg
初スカイツリーをしました。
来年もよろしく!


[PR]

by sechanco | 2016-12-31 16:34

赤ままの歌

a0082132_05093024.jpg

赤ままの歌
          宮尾節子

おまえが歌うな。
わたしたちの歌を。まるでおまえの歌のように。
おまえが奪うな。
わたしたちのほんとうを奪って。
おまえのうその歌にするな。
わたしたちの赤飯(あかまま)の歌を。おまえの飯事(ままごと)のために歌うな。
わたしたちの手がうつむいて紡いだ歌。
わたしたちが歌うための歌を。
きょう顔をあげておまえが歌うな。
                     2016.12.28



More
[PR]

by sechanco | 2016-12-29 05:10 | 詩関連

メリークリスマス!

a0082132_18471809.jpg
散歩中の落ち葉のなかから
みつけて
ふしぎな葉っぱなだな
思ったら
・・・・・・

ところがこれは葉っぱではなくて
「熟して来るとその種の入ったサヤが開き、舟の様な形になり風に乗って遠くへ飛んで行くという」アオギリの実のサヤでした。

近くに樹はなかったので、よほど遠くから飛んできたのだろう
検索しているうちに「アオギリにたくして」という言葉にめぐりあい。

それは、平和の語り部になる決意をした女性の映画
「アオギリにたくして」だとわかり、なんだか胸が熱くなりました。
アオギリのサヤにたくして
平和への祈りが飛んできたのだとおもうと

穏やかな世界をと
願わずにはいられませんでした。。

そのサヤに
どんぐりほどの
ローソクを灯してみました。

メリークリスマス
どうぞ
温かいクリスマスを♪

***
a0082132_10563059.jpg

[PR]

by sechanco | 2016-12-24 18:58

25時間目のシンポジウム

a0082132_14170220.jpg
昨夜の「現代詩文庫近藤洋太詩集」「辻井喬と堤清二」「詩の戦後」と3冊続けて詩集(現代詩文庫)、評論集を刊行された近藤洋太さんを囲むシンポジウム「詩の戦後への応答」は、4時間があっと言う間に感じた、スリリングで大変内容の濃い、素晴らしい会だった。

第一部 「辻井喬/堤清二という謎」では、近藤さんとセゾン現代美術館館長の難波英夫さん両者の対談が。西武百貨店の社長やセゾングループの創始者である実業家・堤清二の顔と「沈める城」「群青・わが黙示」等数々の詩集や小説を出した詩人作家・辻井喬の二つの顔に迫って。一般には知られてない彼のなまの姿が垣間見えて、出生の秘密や、「テロリストになりたし朝(あした)霜崩れる」の歌の披露など、辻井と堤のはざまにいる人間の彼を知る、大変スリリングな内容だった。難波さんのお話は、多くの作家たちとともに生きながら、自身は作家ではないことのその距離に、なんともいえない清さと支える温かさがあって、とても好ましかった。

第二部 「25時からの詩と批評」は、スタンザのメンバー。添田馨さんが司会を兼任しつつ。築山登美夫・宗近真一郎各氏とともに、近藤さんの作品や思想に言及、および質問を設ける会となった。

4名ともそれぞれ詩作や評論活動のほかに、定職を持って定年までやってきた人たちである。24時間は仕事に費やし、25時間目を創作・思索にかけた人々という意味での「25時からの」ということであった。

全身詩人の吉増剛造さんが24時間詩人なら、われわれは25時からの25時間目詩人。24時間しっかり生活人として生活をして、その24時間を覆すような25時間目がもてるかが、われわれの勝負どころです(ことばはちがうかもだが…)。

というような「25時」を説明された添田さんの姿がこころに残った。なんだか24時間詩人であることより、ずっと詩への愛も、人への愛も試される気がして。そうか、詩へのかかわる時間が、長けりゃいいってもんじゃないんだ、要は情熱なんだと、感激している自分がいました。

あるか、どうかは。じかんでも、かねでもない。
じょうねつの、あるか、どうかなんだと。

1949年生まれが二人(近藤・築山)、1955年生まれが二人(添田・宗近)の60代の四人の。詩について社会について政治についてのお話は、それぞれの人生の宝の蔵を拝見するように、豊かな知識と深い思索に満ちて、ずいぶんと贅沢な時間でした。

ありがたかったのは。ちゃんと24時間を社会人としてシャバで生活してきた人ならではの、学者さんのような専門用語や一般人が読むはずもない思想家や哲学者名の羅列を避けた、噛み砕いた語りを披露してくれたことでした。それは作家でありながら生活者でもある25時間目のひとびとの、なせる技(愛)だと感心しました。

シャルリー・エブドの襲撃事件でデモが起こったとき、ちょうどパリに仕事でおられた宗近さんの言葉もこころに残りました。パリでもデモは普通にやります。ただあれは反テロのデモではあったけれど、オランド大統領を中心にした保守派のデモであり、それは反イスラム・反ユダヤのデモでもあったのです……というお話と


デモは反対ではありません。ただ、正義の名の下に起きる、ああいう群衆の狂騒のむこうに、思いもよらぬ暴力が目覚める可能性がある、人間の無意識の怖さも忘れてはいけない(ほとんど、わたし流のことばにしちゃって、恐縮ですが。。)と、なんともいいがたい、杭をさされたことでした。わたしもちょっと、もやもやしていたことなので。詩人ならではの、警鐘に感じました。

近藤洋太氏は、昔はとても気難しくておっかない詩人のイメージがありましたが(笑)。パネルトークのとき、どなたかが「批評の多くは(いろんな方を例にあげ)否定性から始まるが、近藤洋太の批評はその肯定性に特徴がある、稀有な存在だ。それは表現の未来に通じる」と言われ。たしかに!と懐の温さを感じる場面が、シンポジウムでもなんども垣間見られ、わたしの近藤洋太像をぬりかえました。

さらに
辻井喬と堤清二論にしても、戦前と戦後にしても、24時と25時にしても、社会人と詩人、理想と現実、こころとからだ……、あらゆる場面で、われわれは分離した「自己存在の二重性を生きる存在であること」それが近藤さんの作品群のテーマでもあるのでは、という問いかけに対して。近藤洋太氏のこたえは。

「二元化・二重性をあえて、一元化する必要はない。二元化・二重性を、もっと豊かにすればいい。」でした。そっかあ!と。これには、参りました。寺内貫太郎一家の、お父さんのような風貌の近藤さんのすっかりファンに、なってしまい。著作も全部読んじゃおうと思いましたので。

成熟した会話を堪能し、著作もたくさん売れて、お客さんもうれしいし、出演者もうれしい、よい会になったこと、お祝い申し上げます。

*ひといきに、書いてしまったので、いろいろ瑕疵があると、思います。ごかんべんを。詳しい感想は、きっとその筋のかたが、のちに詳しく書くでしょう。。とりあえず、めちゃアダルトでぜいたくな、良い会だったので、興奮を忘れるのがもったいなく、自分用のメモとして、いくつか記しました。感謝をこめて。

a0082132_14172795.jpg
a0082132_14184022.jpg




[PR]

by sechanco | 2016-12-24 14:19

飯能市立図書館「著者を囲む会」にて/12月3日。

a0082132_11112549.jpg
今日は、12月のお忙しいなか、飯能市立図書館「こころの道に、ことばを灯す」にお運びいただきありがとうございました。師走の慌ただしいときに、詩の話など聞きに来てもらえるのだろうかと心配しておりましたが。図書館の方がびっくりするほど、たくさんの方々にお越しいただき感激でした。
a0082132_11121426.jpg
わたしの田舎の土佐の高知のことや、故郷と似ている飯能の自然やうどんがあってうれしかったことや。詩との出会い、はじめて書いた詩のことや。どんなふうに書き続けてきたか。飯能で「あおぞら通信」という新聞の折り込みにいれてもらってる詩のこと。飯能という地の文化のこと。ひとがらのこと。「明日戦争がはじまる」という詩を書いたいきさつやその後の反響のことなどなど。多くの顔見知りにいらっしゃるなかで。内輪話や裏話など思いつくままにつぎつぎと調子にのって(笑。

とりとめのない話に長時間おつきあいくださって(こころとことばの、肝心のしたかった話を忘れ…反省)、ほんとにありがとうございました。そして、おつかれさまでした。
a0082132_11125505.jpg
最後の朗読には「三つ葉家族」「ひなた雨」「わたしの歌をゆるしてください」を読みました。こころのこもった、やわらかいミレイさんのギター伴奏のおかげで、ぐっと雰囲気が出て、ぜいたくな朗読タイムとなりました。

a0082132_11132159.jpg
a0082132_11135580.jpg
都内や遠方からのお客さんもいらしたようで。うれしいことでした。みなさん、ミレイさん、図書館のお世話くださったかたがた、ほんとにありがとうございました!よい一日となりました。みなさんの温かいまなざしに支えられて、おかげさまで、今年もこの地で、すきな詩をかきしあわせに、よい一年を締めくくれそうです。

ダイジェスト版のように駆け足になってしまって、もう少しじっくりと話を深めていけたらよかったなと残念なこと、反省点は多々ありますが…。

つたない話のなかで、もしひとつでも、みなさんに何かを、届けることが、できていれば。。幸いに思います。

a0082132_11143201.jpg
ありがとうございました。






[PR]

by sechanco | 2016-12-07 11:38