晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


せっちゃんの詩(私家版) 発売中!

a0082132_15373056.jpg
毎月新聞のおりこみの「あおぞら通信」に「せっちゃんの詩」コーナーを設けていただいて、いつのまにか10年が過ぎてしまいました。
奥武蔵エリア新聞とセットになった「あおぞら通信」は「飯能手をつなぐ育成会」の広報誌です。育成会のようすや連絡事項や飯能市でおこなわれる催しのお知らせなどの紙面に「せっちゃんの詩のコーナー」を頂いています。

おかげさまで、多くの方に「読んだよー」「今月のよかったよー」と声をかけてもらうようになりました。ありがとうございます。

読んでくださった方のお声かけとあおぞら編集長の吉岡さんの協力とでせんじつ。名栗のLiving Room61という素敵なカフェで「せっちゃんの詩とお話」というトークと朗読の会をひらいていただきました。

編集長からは育成会のおはなしや詩のコーナーを作ってからのおはなし。事務所に笑顔や笑い声が増えた……というお話がいちばんうれしかったです。尽力くださったみなさまと編集長に感謝です。

詩をはじめたきっかけや、詩をかくときのことや。。。朗読をまじえて、あれやこれやとご質問にお答えしつつ、よもやま話をさせていただき、あっという間の3時間でした。お店のおいしいケーキやコーヒーもご馳走になりとてもアットホームな会となりました。満員御礼で窮屈ななか長時間のおつきあいをいただき

ありがとうございました。
a0082132_15360092.jpg
a0082132_15341785.jpg


a0082132_15430881.jpg
a0082132_15541340.jpg


会を記念して「せっちゃんの詩」というあおぞら通信に掲載した詩やネットで掲載した写真付きの短詩の詩集を作りました。おかげさまで当日は完売。好評につき通販もはじめました。
a0082132_15373056.jpg
こんなかんじです
a0082132_15380500.jpg
写真付きのいろんなフォントの詩が17編はいっています。

a0082132_15404142.jpg
a0082132_15395294.jpg
ほしい方がいらっしゃったら
以下のアドレス
sechancono☆gmail.com
(☆をアットマークに変えて)
までご注文くだされば幸いです。

*ご住所と冊数をお書きくださいませ。
*それとサインなどご所望の場合は
*要サインと
入れておいてくださいませ。

*ちょっと可愛い写真詩集ができて気に入ってます。^^
こんな形で冊子にできてうれしいです。
そうそう
本体800えん+送料200え
です。
振込用紙入りで発送します
(*ときどき「当たり」で送料無料になります。おたのしみに♪)
送料が入ってなかったら書き忘れでなく(もあったりして…)当たりです♪^^


よろしくお願いいたします。


[PR]

by sechanco | 2017-11-24 16:04

いつか貴方を愛するだろう

友達の
ちいさい子供に

だれかが
「お母さんすき?」
と尋ねたとき
その子は
「だいすき」と
こたえました

そのひとは
つぎに
「お父さんは?」
と尋ねました
その子は
すこし 考えてから
「ふつう」と
こたえ すこし
悲しい目を しました

おとなは
ひどい ことをするものです
こどもに あいを比べることを
おしえる

だいすき と ふつう
ちょっと ちちおやは にがてだった
でも きらい をなんとか
うかいした そんな愛の逡巡が みえた
ふつう

*(それから時が経ち)

すきときらい
あいとにくしみ

それらは
相反することではなくて
「距離」のことなんだ!
と ひらめき
すくわれました

「いつか貴方を」
それが今ではないこと
憎しみとは
その距離である――
そんな 気づきで 書いた
たぶん
そんな 詩です

ものものしい詩となってしまいましたが
けっきょく
われわれ詩書きのできることは

中のものを 外にぶつけることではなく
外のものを中に 内面に 問い続ける
それほか ない と いま 思うに至っています

核弾頭ミサイルをも
ないめんに 飛ばさねば――

復讐するは――ではないですが
敵はつねに 我にあり

いまここ です。^^

*こちらのnoteというサイトに
少し重い詩や、論考、エッセイなど書いていこうと思います。
ときどき、覗いてやって頂ければ幸いです。


*それにしても
わたしも こどもごころに
いやな気分がしたものです

無神経な
愛を試されることを
父や母への愛を
比較させられる暴力を

大人になると
やってみたい気持ちもわかりましたが(笑)

忘れたくないです
よそのおとなが 無闇に答えを せまる
<パパとママと どっちが好き?>
あれは あきらかに こどもへの
パワハラです。

[PR]

by sechanco | 2017-11-18 08:19