晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

キササゲと空

a0082132_10173327.jpg


友達の家の猫がしんだ。友達の猫へのおもいを書いたブログを読んでいて、もらい泣きした。「こんなに小さくなって、これから大きくなるのだといいのにね」と、弱っていく愛猫に思いをかけ。死んでしまったあと息子さんが黒い服を着ているのを見て。でっかいほうの黒はこんなに元気なのに、ちっちゃい方の黒(クロという名の黒猫さん)はもういないんだとつぶやき、なみだする。息子も猫も、クロを象徴する黒という色のいのちでさえもが、等価にあつかわれていて、どこまでも広がっていく悲しみは、そのまま彼の愛情の奥行きの深さにとつながっていき、とても心を打たれた。

クロの所属するいっさいに泣ける。それは、クロのいたカ行の音が耳にひびいただけでも。黒という色彩を見ただけでも。よく似たやわらかな手触りに触れただけでも。かなしみはふきだす。このかなしみの伝播していくみちすじに、詩はよりそうものだと教えられる。言語の多義性だ飛躍だメタファーだのテクではない。ひとのおもいのふかさがことばのひろがりをよぶのだ。

*むかし、わたしの愛猫がしんだ時に、書いた詩である。「天然の恋」というタイトルで『妖精戦争』という詩集に入れたが、もとはこんな詩である。今、読んでみると元の詩のほうが、いい気がする。たぶん、これを書いたときと同じところにいる、Kさんとクロに捧げます。こころをこめて いのりをそえて——。

*写真は春先に河川敷で撮ったキササゲの木と空。クリックすると読み易いかとおも  います。
[PR]

# by sechanco | 2008-05-02 11:30 | ミヤオ・リターンズ

映画という名の珈琲

「どうしても連れて行きたいところが」「どうしても見せたいものが」そんな誘い文句で誘われるのが、とてもうれしい。昨日はそれで「映画館」という名の喫茶店に友達と行ってきた。かつて映画監督だった人がやってるジャズ喫茶とか。とても雰囲気がよかった。年配の男性が多く、それぞれの暮らしの服で、椅子に座ってコーヒーを飲んだり新聞読んだりしながら、普通に音楽を聴いている。ああ、ちゃんと大人な場所があるなとほっとする。ジャズ通の彼女は「ドン・チェリーをブルーノートで」とかリクエストしている。「紅茶をミルクで」みたいに自然に。

そこにあったのは、質のいい日常。とってつけたような異空間ではない。あたたかい慈悲のようにからだに入ってくる、ジャズの音源はレコードだった。「やっぱり、針やで」と友達。たしかに振動の肌に触れ方がちがう。スピーカーもでかいから、音もでかいが。飴色に変わって所狭しと置かれた物たちも素敵である。良い男というより、良いおじさんの懐に抱かれたような居心地のよさがあった。

映画館がなくなっても、映画館という喫茶店が残っている。したたかだ(笑)。それは、「ことばで語り継ぐことで、生き延びることができる」という存在への希望ではないだろうか。ここにあたたかく灯っていたのは、愛しいものをさいごまで絶やさずにいようとする、ことばの灯びでもあった。

ときどき、詩の朗読もやっているらしい。珈琲も美味しい。大人になってよかったと思える店だ。壁には古い映画のポスターが「去年マリエンバードで」「情事」と。白山にある。
[PR]

# by sechanco | 2008-05-01 10:42 | ミヤオ・リターンズ

光りのきた日

いや。この前、ふれっつ光の接続係のきれいなお姉さんが来た時の事。爪先にきれいな黄緑色のネイルアートをしていたあたりから。なにかこころがそぞろ?となったのか。

きれいなおねえさんが、いきなり、わたしのおうちの、それも「ここ」のわたしのとっときのばしょに、ずかずかとあがりこんでいらして。いつもこうして、いとしのことば
となかようくらしているこの、あたしのだいじな***を、いらいまくる(山口弁か)

親密な場所を、見知らぬ人が、蹂躙していく。でも、私の快適な暮らしを目指して、派遣されてきた人なのだ。彼女に罪はない。おちつこう。

うちに風俗がやってきた。そういう感想をもった。思わず「紅茶にしますか、珈琲にしますか」「わたしはそばにいたほうがいいですか、それともいないほうが」などと「どうぞ、おかまいなく」といわれても、構わずにはいられない、空間にあなたがきているのよ。おじょうさん。

いやちがうか。うちという、風俗的空間に(?)、ふれっつ光嬢がオフィス感覚でOLとしてやってきたのだが、夕方頃になると花粉症の薬も切れてきたのでしょう…とかで、ずいぶんグシュグシュして、マックいいですね〜とか、それやるとあたしがクビになっちゃうんですよ〜とか、本部(?)へ電話してから「わかってない…」とかボソッともらしたり、最初すましていたのにだんだん体も言葉もくずれてきてナマなひとにかわってきて、可愛かった。

ところで、風俗とは、最も親密な空間にまったく見知らぬ人をうけいれるという、とても冒険的な場所であるような気がする。

見なれた場所に見なれぬ人がやってくる。この違和感をとりこもうとする部分、とりこまれまいとする部分に、青草が荒らされたような、官能が匂い立つ。

こうして、ひかりはやってきたのだ。

*前振りがながくて、いちばん、いいたいことを忘れてしまったが。
[PR]

# by sechanco | 2008-04-30 08:26 | ミヤオ・リターンズ

ただの ひと

「Just a human!」とダライラマ14世はにこやかに自分の胸にゆびをつき立てた。
中国の一部のひとが思っているような、「悪魔ではない」ということを伝えるために。「ただのひとだよ」といった。それはそのまま「神ではない宣言」でもあった。ひどく胸を突かれた。

「わたしは神だ」といって、ひとを救おうとしたものはたくさん存在するとおもう。でも、ひとびとが神の化身だと信じる存在が、「ただのひとだよ」といって、ひとびとを救おうとした例をわたしはじめて目にした。テレビに釘付けになった。

(逆に。今、神が目の前に降りて来たような、妙な錯覚に動揺すらした。
 ——おおげさに言えばそれは、『受肉』の目撃だった。)

神ではない。ひとはひとがすくうのだ。崖っぷちに立って、かれがそれを教えた。覚醒の声だとおもう。彼の放てる北限の声だと信じる。人の側からも、言葉の側からも、もしいるとしたならば、神の側からも。「I am just a human.」それは信じるにたる、
愛の声だった。

じぶんを指して「ただのひとだ」これ以上の「目を覚ませ」はないとおもう。

そして、それ以上の悲鳴も——。
a0082132_932064.jpg

*政治にも宗教にもかかわりなく、表現に関わる者として、かれの表現の
 核の確かさに、まっすぐ打たれた。もしも彼がペテン師であるならば、
 わたしの正気は彼のこの表現を越えられない。ここがわたしの北限だ。
[PR]

# by sechanco | 2008-04-28 09:37 | ミヤオ・リターンズ

誰だか わかる

ゆうべ電話が鳴った。a0082132_20134144.jpg
「せっちゃん」「はい」「だれかわかる?」(ききおぼえのあるイントネーションと声だ。すでにからだが思い出しているものに頭が遅れている)「ひろし?」「ひろしってだれや。ちがうよ」「あ!」「おもいだしたか?」「mちゃん!!」「そーや。なつかしいやろ」「うん。なつかしい」……ウン十年ぶりの、いとこの声である。でも、ふたりめで当てた。じぶんでもすごいなあと思う。見た目はきっとめちゃくちゃ変わっているだろうが。声はふしぎだ。昔のまんま。耳に届けられるその声だけで。あの白い歯をみせた笑顔までよみがえる。

「今ちょっと、高知に帰ってきてんねん。ほんでせっちゃんとこから、せっちゃんにかけてます。あはは」「あらまあ」「ほんまに、ちっとも顔みせへんさかいな。このこは、こら。」……だいすきなあの、「こら」もなつかしい。「たよりのないのが、元気な便りとも思てるけどな」「いっつも心の中にいるから、会いにいくの忘れてしまうのよ」「またうまいことゆーて。」……いっきに古いケーブルが繋がったみたいに話が とまらなくなって、受話器をおくのがなんだかつらかった。。また、次は何十年先に、なるのだろう。。。

実は、だいぶ前にいとこの詩を書いていた。いとこは知らない。ここでこっそり(?)それをアップしてやろうと思う。うっふっふ。きっと見ないだろう。ん。見たりして。まあ、時効ということで。かんべんしてね。mちゃん。死んだ母が大好きだったいとこである。そういうと「おばちゃんの、お墓もお参りしてきたで」と、相変わらず優しい。

More? ↓いとこ〈詩〉
[PR]

# by sechanco | 2008-04-23 20:07 | ミヤオ・リターンズ

つる爺とうわみず桜茶

a0082132_21345564.jpg「つる爺」とみんなに呼ばれて親しまれている、蔓細工職人の爺さんがいる。蔓籠用のツルを採りに山に入るので、野草や山草にとてもくわしい。この「ウワミズザクラ茶」は去年そのつる爺に習ったもの。「まあ、飲んでみなって」と花のついた、大きな枝を抱えてきて、みんなに花を飲ませてくれた。ちょうど桜がおわったころ、この辺の山のあちこちで白い子犬のシッポのような花をわっとつけてる木があるな…と思っていたのがこれだった。「犬桜」なんて勝手によんでいたわ(笑)。

花房をいくつかカップやグラスに入れて熱湯を注ぐと。それは濃厚でどきっとするほど甘ったるい香りがたちのぼる。薄い黄緑いろに染まるお茶には、ほんのり甘みもある。たぶん花の蜜をのんでるかんじだろう。みためといい、かおりといい、ちょっとなまぐさい官能的な甘みといい、たくさん飲むとなんだか、山の気に酔っぱらってしまうようだ。あ、すこし栗の花にも似てるかもね。

それ以来。せっせとこの季節はこの花木をさがすのがたのしみになっている。3本ありかを見つけている。えへへへ。教えてあげないよ。その一本を川に入って(あらヒントね)今日とって来ました。さっそく花茶をいただきました。みなさんもどうぞ。ちょっと遠いかな?w手を伸ばして見てね^^。。(甘党にはお砂糖を入れてがオススメ♪)

ひだりの、きれいな色のティーカップは、お友達の亡くなったお母さまの形見分けに頂きました。とても気に入っています。デザインもいいでしょう?narumi boneの旧いの。お母さんありがとう。
[PR]

# by sechanco | 2008-04-21 21:44 | ミヤオ・リターンズ

壁 桜

時には。そのへんの草の根っこや、ゴミなどを拾って来てはじゃぽんと墨に浸して、筆代わりにがしがし書いていく。体育会系(笑)…いや天然系か。「書道家・山田麻子」さんに月に一回書を習っている(はず…)が。なかなか行けなくて、先日半年ぶりに(すいません)出席して。「桜」を書いた。お手本がよかったのだが、ちょっと気に入っている。
a0082132_1134334.jpg

それで、思った。「あら、この手がある」と。桜がなくても、「桜」という字を書けばどこででも花見ができるなと。まあ。携帯灰皿みたいに便利だわ。なんというか、最後の最後まで、たのしめる方法をひとつ発見した思いです。うふふ。書は景色です。桜要らずの花見かな。ことばはたのし。「幸」とかも先に書いて置こうっと。しあわせになってもびくともしないように?「一等賞」「美人」とかもね(お笑)。窓ガラスには息を吹きかけゆびで「Paris」と…。はじめに字ありきよ。
[PR]

# by sechanco | 2008-04-19 12:04 | ミヤオ・リターンズ

桜ビール

a0082132_1719983.jpg
月の初めの日曜日に、近所に骨董市が開かれる神社がある。骨董市だいすき。この前の日曜日は、そばで桜祭りもやっていて賑わっていた。お花見がてら、ひとりふらりと市をのぞいてみた。桜を見てる間に、すっかり遅くなって、市の人たちはぼつぼつ店仕舞いはじめていた。いろんな品々が手際良く新聞紙にくるまれていく手元に、さくらの花びらが散りかかっている。

そのなかで、まあ。舞い落ちた花びらがグラスにつぎつぎ染まりついたような、可憐なビールグラスを見つけた。あまりにも背景にぴったりで。「きれいねえ」と近寄ると、「いっこひゃくえんにしとくよ」「ふーーん」と見とれていると「ごこでよんひゃくえんで、どう」と、かってにねだんもひらひら落ちて行く。花びらのように(笑)。。。「ください」「あいよ、わらないようにもってかえってね」「はい」

よく見ると(*クリック♪)、模様の位置がみなちがう。手描き?(まさか)でも、なんだか得したみたいで?うれしかった。ずっとながめて楽しんでいる。これで、早くビールが飲みたい。できるなら、桜色の桜ビールを飲んで。喉から胸にぱあっと散らしてみたいわ。くらいこころもよろこぶはずよ。(^^
[PR]

# by sechanco | 2008-04-12 17:41 | ミヤオ・リターンズ

あなたになら

a0082132_117622.jpg
風邪をこじらせてしまって。寝たり起きたりをしている。その間に退屈なので本やレンタルビデオをよく見る。

『あなたになら言える秘密のこと』(イサベル・コイシェ監督と主演女優サラ・ポーリー)がとても印象に残った。観ていても、体力がなくなっているので、すぐ疲れて眠ってしまうのだが。映像や言葉がとりわけ優れていた。へんな言い方だが、やっと信頼できる人と出合えたような、とても安心感のある映画だと、とっぱなから感じた。わたしはそういう映画だと、なにも考えずに映像に身をまかす。眠りの位置について夢を見るように、画面をみる。タルコフスキーもそうだ。ときどきほんとに眠って(笑)、夢の像と映画の像が混ざり合う心地よく、ふしぎな空間の住人となっている。

事故のためしばらく盲目状態になっている、ティム・ロビンスのにじみ出るような演技が味わい深い。彼の演技、洗練された言葉のやりとりを、浜辺に座って静かな波の満ち引きを眺めるように、うっとり美しい画面に身を任せていると、物語はいつのまにか核心に着く。ぬきさしならない場所に。。それは、海底の得体の知れないどう猛な生き物に咬みつかれ逃れられなくなるような感じだ。

反戦映画…という旗印をあげなくても。このような静かな美しい映画でも、『二度と』という、hate war の杭は打ち込める。こころの奥底深くに。

戦争とはひとのこころの狂気の蓋を、凶器の蓋を取ることに他ならない。
この映画はそれをくっきりと刻印した。本来美しいはずのこころと体に。

ひとのこころとはだれにでもある、こころのことだ。

被害者しか作らないのが戦争だと思う。人間は一人しかいないのだ。
おのれの影におびえて斬り掛かり、ゆっくりとおのれを倒していく
人間の姿だとおもう。

打ち寄せる波の数だけを数え続ける男が出て来たりして、
彼は、25000回まで数えたと告げる。波とはなにか。数えるとはなにか。

あんがい、このさきこの映画で、覚えているのは、この「波男」だけかもし
れない。。。が。戦争がおきても、おきなくても、波だけは変わらず浜辺に
寄せては返しているように……。

サラ・ポーリーが冷ややかに美しい。*写真は庭先に出た可憐ないかり草。

「退屈につぶされる前に、退屈をつぶし返しに出かけるのよ」(映画より)
[PR]

# by sechanco | 2008-04-05 07:27 | ミヤオ・リターンズ

生き崩す

せんじつ。桃井かおりとめぐちゃんに会った。桃井かおりは『無花果の顔』という映画の監督として挨拶とトークショーのため、近場の劇場に現れたからだ。なかなか格好良くて、sweetな人だった。話が面白かった。『生きている今』を撮った映画だとのこと。「生きてるほうが勝ち」「長生きしたい」。そして、長生きして「着物を着くずすというけれど、わたしは、生きくずしたい」と言っていたのが彼女らしくて、印象に残った。相変わらず粋だねえ。

彼女が『生き崩す』というとき。なんだか夏の、蜜のいっぱいかかった『かき氷』を思い出した。それもかき氷の後半部分である、それを。だいぶ欠けてきた氷の山を、スプーンでサクサク突き崩すして、あとは甘いばっかりのイチゴやレモン色のぐしゅぐしゅを舌に載せるときの。おいしい雪解けのような、至福のそれを。

シャイでデリケートな人に限って、露悪的になったりすると思うけど。それは傍目には痛い。その痛さを保ち続けている人だ。映画はカラフルだったが……。その映画館で『せっちゃん!』と呼ぶのが友達の娘さんのめぐちゃんだった。眼の前にキャンディが一本立っているような風情だ。おやつが出たかと思ったわw。青空色の眼鏡フレームがお似合いのセブンティーンである。

モノを言うのはやさしいが、モノに言わせるのは難しいね。ナカナカ。
[PR]

# by sechanco | 2008-04-01 08:15 | ミヤオ・リターンズ

春のひらがな

おひさしぶりの、ごあいさつ変わりに……
a0082132_9495917.jpg

[PR]

# by sechanco | 2008-03-26 09:54 | ミヤオ・リターンズ

森の朗読会

a0082132_20215941.jpg
a0082132_2023459.jpg


赤城の森で朗読したときのもの。ピアノは、美少女「はなな」ちゃん。
(☆堀澤さん、眼差しのあたたかい写真ありがとうございます。m(__)m)

*朗読しながら、自分の詩を自分の声でも届けて行きたいと思っています。 10人ぐらいの集まりから、寄せて頂きます。お気軽に、ご連絡ください。 いろんなとこへ、行ってみたい。東北とかも…。九州とかも。 喫茶店とかお家の台所とかも…たのしいですね。朗読の出前(笑)します。 ジョイントも歓迎。そんなに上手じゃないから…色んな面で?ご安心を。
[PR]

# by sechanco | 2007-06-07 20:38

ご案内です。

a0082132_221037.jpg


*細々ですが、ご購読頂いております。ありがとうございます。

*H賞候補になって発行元の町の小さな出版社名が大手出版社
 さん名に混ざって並んでいたのが、何だかうれしかったです。
 候補になっただけで、おめでとうございますの葉書が届いた
 のにもびっくりしました(笑)。ありがとうございます。
 受賞は知人の相沢正一郎さんでした。おめでとうございます!(後日記)

宮尾節子
[PR]

# by sechanco | 2007-04-07 22:25 | ★本の宣伝★

猫の舌

a0082132_10451782.jpg拝啓 ジャーマンベーカリー殿
こんにちは。始めまして。私はあなたの会社のチョコレートのファンです。おいしいチョコレートをどうもありがとう。さて。私の大好きな御社のチョコレート『猫の舌』がどこにいけば手に入るかわかりません。というのも。いつも頂いていた友達が遠くに引っ越してしまいました。あれから数年。猫の舌は私の舌に載ることはありません。さがせどさがせど。似て非なる猫の舌ばかりです。昔もらった古箱を便りにハガキを書かせてもらいました。お返事頂ければ幸いです。とても気に入ってたチョコレートです。パッケージのデザインも。箱の猫の絵も。ちょっとこわい舌の形も…。そしてもちろん今は味わえない懐かしく美味しいチョコの味も。たぶん。御社の『猫の舌』は日本で一番わたしの好きなチョコレートです。
どうぞよろしくお願いします。                         宮尾拝


More?
[PR]

# by sechanco | 2006-12-28 11:19 | おしまい月です

まりあさま

a0082132_10234415.jpg

☆きよしこのよる  
                           ――light up your word
              

あたたかい
ひと言で生きられる
ことがある

やさしい
ひと言に救われる
ときがある

ちから強い
ひと言で目が覚める
ことも

照れながら つまずきながら 震えながら
勇気を出して――
白い息に載せて思いを言葉に変えてみるとき

きよしこのよる
降りしきる雪のなかで思い出すのは
貧しいマッチ売りの少女が灯す一本のマッチの
まあるい明かりの輪

夜のかじかんだ掌から生まれる一つ
ひとつの言葉

きよしこのよる
あなたに贈りたい
「メリークリスマス」

言葉の灯りを――。


                    setsuko miyao and Love^^


More?
[PR]

# by sechanco | 2006-12-25 11:20 | おしまい月です

葦原の冬

a0082132_13294887.jpg戦争と平和

ひつようが
さいしゅうてきに
戦争をえらぶなら

ひつようとされてない
詩はさいしゅうてきに
平和をえらぶ。

ひつようでないものらがじつは
平和をまもるものなのであれば

詩は平和のためにある。

ひつような平和がひつようでない詩に
まもられているとすれば
人々にとって詩はひつようである。

がしかし
詩がひつようと人々が気づいたとき

ひつようが何を選んだかを…
おもいだして詩はふたたび

どんなにさびしくてもまずしくても
(口惜しくても…)

やはりひつようでない
この人気(ひとけ)のない道を
ひとりで帰ってこなければならない

平和のために。

More?
[PR]

# by sechanco | 2006-12-06 13:41 | おしまい月です

見ましたか

a0082132_1041141.jpgみんなと同じところに行ってみんなと違う場所からもどってくる。。。と言えばいいのか。もう、もどってこれなくなると言うのだろうか。。そんな違和感を時々感じます。 例えばね。『たそがれ清兵衛』を観た時なんかもそう。それまでは、そのきれいな映像・ていねいな作りの普通の映画に普通に満足して観ていたのに。暗~いボロ家の闇から、え~とヨゴザエモン?だっけかな、名前忘れたけれどの。田中珉が登場した時からすべてがガタッと音を立てて崩れるように、意味を失い。ガラリと次元が変わってしまった。まったくその圧倒的な存在感の気迫というか。異次元への突入感というかに。
   ――鳥肌がたった――。
…もうその後は、映画自体に何も味がしなくなって。(熱が出たとき、食べ物に味がなくなるのとまったく同じ感覚)映画の筋を追えなくなったのでした。「ねえ、ねえ『たそがれ清兵衛』見た?…」とひとに訊いても、「見たよ」と答える人たちの「よかったね」のなかに、田中珉をいっとう先にあげる人がなく…いったい、わたしは何を見たのだろう。ひとりバケモノを見たのではないのかしら?…という不安や気味悪さを己に感じたりするのです。田中珉のヨゴザエモンは、この世のものじゃない、生霊そのものでした。 

More?
[PR]

# by sechanco | 2006-08-15 10:28 | 日々

水飲詩人

a0082132_19492239.jpg清流のような語り口で日本語のうまみを味わせてくれる。アーサー・ビナートさんの言葉に会いに丸木美術館へ行ってきた。炎天下。都幾川のそばの木陰で。彼の話を聞きながら、目は足元の涼しい川の流れや蝉の鳴く桜の木陰をさまよう。そのとき、ふっと提灯を上げ下げするようなへんな飛び方の虫発見。「玉虫だ!」こころのなかで叫んだ。(これ)そばの桜の幹にぴたっと、とまってくれてその美しい玉虫色を存分に披露してくれました。ラッキー♪見たかったんです。玉虫。ちょうどビナートさんも昆虫の話をしているところで…虫に好かれる得(徳?)な人だなと。『張り合わんけんのう』丸木スマさんの絵画の解説もことばがとても魅力的でした。

More?
[PR]

# by sechanco | 2006-08-07 20:30 | 日々

京都の恋

a0082132_7324220.jpg京都は第二の故郷です。恋をした人はいなくなっても、恋をした場所は残っていて、今では京都そのものが恋人のようです。古い恋を訪ねるようにいつも京都を訪ねています。そして、京都の街はそれに応えてくれるのです。街並み・露地・灯り・風情・言葉…京都そのものが恋の粒子でできているような気がします。
物思わざるものも…という言葉がありますが。恋せざる者も…いつのまにか恋に落ちてしまうのが京都かも。この日は雨に濡れていましたが、京都タワーが大好きです。見ないと京都に来た気がしない。マリア像を信仰するように、白い蝋燭をかたどったこの美しい塔をわたしは信仰しているかもしれません。

More?
[PR]

# by sechanco | 2006-07-27 08:04 | 日々

ブログはじめました。

こんにちは。宮尾節子です。
『氷』はじめました みたいに
期間限定でブログというものをはじめました。
なんだか、わからないことばっかりでこわごわですが…
どうぞ、よろしく。

文字の大きさでこのデザインを選びましたがなんだか
ドラマチックすぎて…うんでも、ワザがないので
いたしかたありません。

*昔の写真で出ています。(スミマセン)
  
[PR]

# by sechanco | 2006-07-02 14:35 | ブログはじめました