晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今日

a0082132_14542336.jpg
Biというサイトに→きれいに食べているを掲載していただきました。ありがとうございます。

5年経ちました。
さまざまな思いで迎える今日という日です。それぞれのひとの数だけ
3月11日があると思います。

それぞれの方の今日が光の混ざる
一日でありますように。

少しでもよい方に
時が流れていきますように。

「何かあったとき、お父さんだったらどうするか、それを考えるんだ」
新聞のことばですが。
かけがえのない人を失ったなら、もしその人だったらどうするだろうか

と想像することで、共に生きられることを
力を借りることができることを
学びました。

残されたひとも悲しいけれど、
残したひとも、きっと悲しい。

残ったひとの
こころのなかで、生きられたら
きっとみんなが、しあわせになれるでしょう。

よい一日をすごされますように。
a0082132_14563019.jpg

こちらは3月18日に吉祥寺「六ケ所から地球を考える会」
で読んでくださるそうです。ありがとうございます。


つたない言葉を、みなさんが生かしてくださって、こころより感謝です。
[PR]

# by sechanco | 2016-03-11 15:06 | 詩関連

3月6日 BAR クラクラで

a0082132_9403937.jpg
6日夜はクラクラへたくさんお越し頂き、ありがとうございました!遠いところからはるばる、またSNSのつながりからも、お出かけくださって感謝です。朗読とパフォーマンスで私なりのゴールデン街を演出させて頂きました笑♪おつきあいありがとうございました。

*帰り道
*明日戦争がはじまる
*パンのかわりになるものなんかない
*生きる
*アルハルクラすべてを
*四弘誓願
*舎利子
*きれいに食べている
*朝日楼
*岡ばやし
*以上10の詩や歌をやりました。

東京に出てきた頃、田舎のお祭りのときのようなネオンの賑わいが恋しくて、フラフラと歩いた思い出のある街です。昔は「ここは来ては行けない」ところではみたいな不穏な空気や吹き溜まり感があって、ヤバイ目付きの人と目が合ってドキッとしたり。それでも何か、あったかいフトコロだかハラワタだか解らないものに飛び込んだ居心地の良さがある街でした。

昼間はバーの人が餌付けしている、野良猫も結構いて。猫に会うのもたのしみでした。まさか、ここで詩を読める日がくるとは、詩を書いてて、この街この店この夜に辿り着けて良かったです。

「Bar クラクラ」さんは、坂口安吾の奥さんに始まり、たこ八郎さん、俵万智さんなど。なんと!という…歴史・由来のあるお店とのこと。☆BAR クラクラ

今はレトロな街として、お洒落な外人さんや若い人たちが路地を歩いて、昔の風景とは違う、ちょっとした映画のセットのような感じであまり危ないイメージはありませんが。それでも、旧き良きの文学や演劇人の香りが漂うゴールデン街でした。
a0082132_9553394.jpg

[PR]

# by sechanco | 2016-03-08 10:11 | 詩関連

ゴールデン街で朗読フェス

東京国際文芸フェスティバル2016サテライト企画
「詩×新宿ゴールデン街」。2016年3月5日(土)、3月6日(日)
新宿ゴールデン街を舞台にした朗読フェスに参加させて頂きます。
a0082132_106488.jpg

宮尾タイムは/3月6日 20:40〜21:20 Bar クラクラ にて。
*朗読ライブ+パフォーマンス
ゴールデン街デビューだよと言ったら、バーテンダーするの?と言われました。

いや詩の…と言いかけて、あ。先日厩戸での「詩人のジンフィーズ」dayの飯能産無農薬レモンも余っていることだし…それもありかなぁとか(笑)思ったり。

詩人さん俳優さんやアイドルさん取り混ざっての楽しい企画。悪いようには、したくないな(?)と思っているところです。何がでるやら♪どうぞ、お楽しみに!
a0082132_1095264.png

*「詩×新宿ゴールデン街 朗読フェス」
詳細はこちら。
☆https://t.co/PNxei4gTdf
タイムテーブルはこちら
☆主催者が毎晩ゴールデン街を一軒一軒飲み歩き数十件のお店に交渉に交渉を重ね、友情の積み重ねの末実現した企画だそうです。お店も企画も応援よろしくお願い致します。

こちら注意事項です。
[PR]

# by sechanco | 2016-03-01 10:16 | 詩関連

それは私であります。

昨夜報道ステーションの特集で彼のことが、取り上げられたそうですが。

「世界の共通の敵は戦争それ自体である」幣原喜重郎の熱い言葉と、

血の通った、そして心あるその姿に打たれ書かせて貰った

岩上安見さんのIWJ(2015年2月頃に掲載)の記事です。

再掲になりますが。

今この時に…との思いがあります。

ご高覧頂ければ幸いです。

⭐︎「明日戦争がはじまるの作者です。こんにちは。」(第3回)
a0082132_055575.png


More
[PR]

# by sechanco | 2016-02-27 00:12

Love & Peacey's 214

a0082132_1565554.jpg

なかよく、よいチョコを♪

More
[PR]

# by sechanco | 2016-02-14 15:09 | 日々

絶対的に無条件に

a0082132_11352014.jpg
今月の折り込みチラ詩です。少し早めですが。。教えていただいた先生のことばを、卒業式に間に合わせたくて。^^

More
[PR]

# by sechanco | 2016-02-04 11:45 | 詩関連

君たちに憎しみをあげない

a0082132_12495621.jpg
新刊「びーぐる 詩の海へ30号」の特集は「心に残る言葉」50人のアンケートが絶景。私も「君たちに憎しみをあげない」を寄稿させて頂きました。冒険譚のような「ワルシャワ・ゲットーとヨブ記」(細身和之)ゲットー内で詩と戯曲を書くことに熱中した、カツェネルソンによるヨブ記の解釈には唸りました。「対論・この詩集を読め」(山田兼士・細見和之)では菱木紅『サカムケ』を…買いたくなりました!添田馨氏の詩論時評も、スリリングです。投稿詩選評欄には、須永紀子さんが「そもそもpw連詩とは/トークと奥武蔵大朗読会」について触れてくださっています。内容充実のスペシャルな30号です。是非!*ご購入はこちらで(¥1000税込)
澪標サイト注文サイト
a0082132_12503341.jpg

[PR]

# by sechanco | 2016-01-26 12:53 | 詩関連

私の暮らしと現代詩

2月に講座をさせて頂くことになりました。こうして地域で活躍される方に混じって、詩の話をさせて頂けることがとてもありがたいです。身近な暮らしまわりのことばから、詩の旅、心の旅がはじまれば幸いです。よろしくお願い致します!
a0082132_21305746.jpg
主催:飯能まちなかを元気にする会
[PR]

# by sechanco | 2016-01-15 21:32 | 詩関連

歌は歌に候・うた新聞

昨年12月6日早稲田大学の大隈講堂で開催された「緊急シンポジウム・時代の危機に向き合う短歌」の感想「歌は歌に候」を『うた新聞』1月号に寄稿させて頂きました。ありがとうございました!拙い文章ですが、思いのままを書きました。お読み頂ければ幸いです。
a0082132_19314583.jpg

今どきほっとする、レトロな感じが好きな『うた新聞』です。今月も充実紙面です。ご購読もお薦め♪
[PR]

# by sechanco | 2016-01-14 19:37 | 詩関連

新年あけましておめでとうございます。

a0082132_1231547.jpg
三が日は、お天気も良くて、暖かくて、穏やかな、よいお正月でした。近場からきれいな富士山も拝めました。今年が、みなさんにとって、良い年となりますように。いつも、お読みくださって、ありがとうございます。
[PR]

# by sechanco | 2016-01-08 12:06 | 日々

青山スパイラル、ありがとうございました。

オブラート企画SYRPMの第4回宮尾節子「詩とともに生きること」おかげさまで盛況でした。ありがとうございました。その時の写真などをオブラートのカメラマン深堀さんの写真などまじえて少し(深堀さんのものは記名あり)ご報告しておきます。

a0082132_1252427.jpg
ふたりとも、ちょっと緊張しているはじまりのところです(笑)。
a0082132_12594689.jpg
先日の短歌のシンポジウムのこと、今の時代と表現のこと、レトリックのこと、福島のこと、、あちこち話が飛びながらたくさんお話しました。
a0082132_1314369.jpg
「何で宮尾さんて、何もかもそんなふうに、良いように考えられるんですか」「根が暗いからだよきっと。根が真っ暗だから、ちょっとでも明かりを見つけると。もう嬉しくて嬉しくて。すぐに幸せになっちゃうの」

「宮尾さんて、出るまで温泉掘るタイプですね」「藁をも浸かる、宮尾温泉です〜」そんなこんなの楽しい青山トークナイトでした。
三原さんとだとどんなシビアな内容からもすぐに漫才になってしまいます。
「元気で忘れない」これが二人の合(愛)言葉です♪
a0082132_1325692.jpg

話題がコロコロ転がって、三原さんとのトークは真剣なときも、愉快なときも、愉しいです。あっと言う間に、時間を超過していました。
a0082132_1346237.jpg
朗読の時間には今まで出した詩集から一遍ずつと新しく書いたものなどを読みました。いやあ、こんだけ人前で自分の詩を読んだことがないほどたくさん詠んで、声が出なくなりそうでした。聞いてくださって感謝です。
a0082132_13474375.jpg
あとはかくし芸などもひとつしましたが…それは内緒♪
a0082132_13492616.jpg

師走の忙しい時、また、ことさら冷え込んだ晩に、お運びいただいた(遠路駆けつけてくださった方もいました)皆さま、時間を忘れるほど、トークを楽しく盛り上げてくださったゲストの三原さん、仕事帰りに駆けつけてくださって、さすがのご挨拶を頂いた亀岡さん、おかげで思い出深い、愉しいイベントとなりました。ありがとうございました。
a0082132_14185336.jpg

そして、イベントの準備や裏方仕事、長時間(時間を超過してしまい申し訳なかったです!)温かく支えてくださった、松田さんはじめスタッフのみなさん、細やかなお心配りをいただき、とても心地よくスムーズにトークや朗読をさせていただくことが、できました。本当にありがとうございました。そして、遅くまで大変お疲れさまでした。

みなさまのおかげで、とても、しあわせな晩となりました。このように、詩人たちを支えてくださる場を設けてくださった方々に、心より感謝です。これからも、多くの詩人たちがこの場で、たくさんの人々と出会い、詩と人の憩える場となりますことを願っております。 たくさん詩人はいますが、なかなか発表場所を持てない現状です。こうして詩人を支えてくれるありがたい場所を、先細りにならないように、詩人たちもまたともに支えていけたらなあと願います。

呼んでいただき、来ていただき、ほんとうにありがとうございました!宮尾拝
[PR]

# by sechanco | 2015-12-28 12:07 | 日々

12月18日(金)宮尾節子「詩とともに生きること」青山スパイラルにて

a0082132_101068.jpg
 ☆12月18日青山スパイラルホール9F Support Your Local Poet Meeting
の第4回 宮尾節子「詩とともに生きること」というトークと朗読のイベントがあります。
a0082132_1033678.png

*ゲストに福島は浪江町出身の『ふるさとは赤』の歌人・三原由起子さんをお迎えしてお話をさせて頂きます!*ときどきご一緒する、由起子さんとはお笑い凸凹コンビとも言われておりまして、きっとたのしい会になると思います♪

☆クリスマス前ということで、ご来場者10名様に当たるリトル・クリスマス・プレゼントをご用意しました!お楽しみに♪
☆イルミネーションがキラキラ輝く夜の表参道をそぞろ歩きしながらいらしてください。
☆今回はこの季節にちなんで「クリスマスツリー」も朗読しようと思います。
a0082132_10242134.jpg

☆Poets 宮尾節子
☆Guest 三原由起子(歌人)

日時:2015年12月18日(金)19:00-21:00(開場18:30)
会場:スパイラル9F「アンクルハット」
料金:1,500円(ワイン,ソフトドリンクなど1drink付)
主催:オブラート
協力:スパイラルスコレー
☆【ご予約】☆
info@oblaat.jpまで、お名前と宮尾節子の回予約希望の旨、
メールをお願いします。
定員40名にて〆切りだそうです。どうぞお早めに!
会場アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前。もしくはB3出口より渋谷方向へ1分。☆地図☆→こちら
★詳細はこちらです。宮尾節子「詩とともに生きること」

☆お待ちしております!宮尾拝。
[PR]

# by sechanco | 2015-12-06 10:40 | 日々

満員御礼。ありがとうございました!

a0082132_20174048.jpg
『そもそもpw連詩とは/トークと厩戸大朗読会』ギャラリー厩戸での、はじめての詩の会。おかげさまで満員御礼。大盛況となりました。一部のトークでは水島さん須永さんから、いろいろと貴重なお話を頂きました。水島さんからは「連詩」の歴史や正規の方法など、いろいろ学ぶことが多かったです。須永さんは「戦争に関わる詩」が利用されることを危惧されていて、詩を守る立場からの真摯なお話が聞けました。二部の大朗読会も「それぞれが個性的で、そして真剣で充実したものだった」水島さんのご感想が、とても嬉しかったです。朗読やさまざまなパフォーマンスを見せてくださった方がたありがとうございました。そしてみなさま、長時間おつきあいくださって、ほんとにありがとうございました!そして、おつかれさまでした。おかげさまで、素晴らしい開店イベントとなりました。
a0082132_15195257.jpg
満員御礼です。
a0082132_10165897.jpg
第一部。トーク中の三人です。
a0082132_1515215.jpg
お食事タイムです。
a0082132_1534218.jpg

☆さて、いよいよ朗読タイムです。
a0082132_12381112.jpg
第二部。大朗読会のシーンです。みなさま、渾身の朗読を、ありがとう!
a0082132_20203074.jpg
参加者の皆さんと。

a0082132_15164873.jpg
厩戸姉妹のご挨拶。二人とも美味しいごはんをありがとう♪

☆「そもそも連詩とはトークと厩戸第朗読会」のDVDを、バップ浅沼さんが音楽付きで素敵に編集してくださいました。バップさん、ありがとう!
*送料サービスの1000円でお送りします。必要な方はわたしまで、ご連絡をください。
*「参加者ご本人様以外の画像・映像の転載(及びコピー)はお断り」ということでよろしくお願い致します。(*組長のは必要あれば適当にご利用ください/君を信じてる♪笑)
*基本参加者およびお知り合いの方のみ販売とさせて頂きます。ご了承くださいませ。
a0082132_15294398.jpg


☆愉しい一日をみなさま、ありがとうございました!
[PR]

# by sechanco | 2015-11-24 21:47 | 日々

11月22日(日)に厩戸で詩の会、いらしてください。

11月22日にわが「ギャラリー食堂 厩戸」にて、初めての詩の会をやります。たくさんの詩人の方が来てお話をしてくれたり、詩を朗読してくれたりします。
a0082132_1238348.jpg

a0082132_1191367.jpg

お食事付きの会です、誰でも参加して頂けます。お食事と詩を楽しみにいらしてくださいませ!お席に限りがありますので前もってご予約お願い致します。

☆2011年12月から水島英己・福間健二・宮尾節子の3人でpw3(ポエティックワンダースリー)ツイッター連詩を始めました。さまざまな詩人達をお招きし、あるいはツイッターで呼びかけてpw連詩組がいつの間にか出来上がりました。多くの方に愉しんでいただき、ツイッター上は毎回お題を決めた、連詩で盛り上がり、100名以上の参加の回もありました。

2013年には七尾旅人さんをゲストにpw30という冊子を発行しました。(当日はその冊子も販売します¥200!)2014年には現代詩手帖で企画・掲載されたりもしました。

そもそも「ツイッター連詩とは、pw(ポエティック・ワンダー)とは何ぞや」など。初期のメンバーの水島英己さん須永紀子さんをお招きしてのよもやまトークと朗読。そしてその後は連詩組組員さんほか、詩人さんによる大朗読会を開催することになりました。開店したばかりの「厩戸」でお食事を頂いてもらいながら、お話や朗読を楽しんで頂ければうれしいです。飛び入り朗読も歓迎です。詩人な方もそうでない方もお待ちしております。


秋の色づき始めた山々の奥武蔵飯能。できたばかりのギャラリー食堂「厩戸」にて。ちょっと異空間をたのしみつつ、お食事をして頂ければと願います。どうぞ、よろしく!

☆お店はこちらギャラリー食堂『厩戸』
[PR]

# by sechanco | 2015-11-17 12:53 | 詩関連

パンのかわりに

ふつうに暮らすことが抵抗だったのです」(ヤスミンコ・ハリロビッチ)この言葉にうたれました。紛争のまちで、コンサートが開かれ舞台ではお芝居が演じられ、サッカーの試合も行なわれ、子ども達は爆弾の破片を集めることを競いあって遊んだ。。

『サラエボ 1992-1995 ぼくたちは戦場で育った』(ヤスミンコ・ハリロビッチ編著 角田光代訳 千田善監修/集英社インターナショナル)
a0082132_8155799.jpg

当時子どもだった人たちにインターネットで「あなたにとって戦争ってなんだった?」と呼びかけて届いた、携帯のメッセージの制限文字数160以内の言葉の束の本です。

「ぼくたちは戦争ではなく生活を選んだ。笑い、遊ぶことで、戦争中、少しでもましな幼少期を送ろうとした」(エディン)「おとうさんがトレベッチの前線に発つ前に、どうしてもう1回 キスしておかなかったのかな……」(エディン)「希望以外、なんにも持っていなかった時期。」(ネダト)「戦争中の子どもは、リンゴだと思いながら玉ねぎを食べる。」(アミーナ)「半年も掃除機をかけてないカーペットに、たったひとつの卵が落ちて割れたの……」(ドゥーシッツァ)「スナイパーが兄を殺した。 ぼくが子どもでいられる時間も。」(ジェミル)「キーノくん、サーレくん、砲弾、銃弾、ときどきチョコレート…」(ダヤナ)「おもちゃなしで遊ぶこと」(ヤスナ)「キウイの思い出。ママと切り株の上で、ふた切れのキウイを見つけて4個に切った。」(マーシャ)「戦争中、たくさんの友だちを作った。同じくらい失ったけど。」(ベルヤ)「まあ、よかったよ……人殺し、発砲、血、不眠、不安、空腹、寒さ、そんなものがなければね。」(アドナン)「手紙に自分の手の絵を描いた」(レイラ)「チョコレートの包み紙を集めてた。300枚以上あった。でもひとつも食べたことがないの。味を想像していただけ。」(アイダ)

「1992年……冬。もう木がない。本を燃やすか……本をおしまいまで読んで火にくべた。なんてことだろう、でもパンを焼かなきゃいけなかった……」(イリス)

この本を読んで、わたしも詩をひとつ作りました。
「パンのかわりになるものなんかない。」
発表場所はないので(いつものことですが…)ここに。
a0082132_8171260.jpg

是非、読んでほしい本です。
→『ぼくたちは戦場で育った』

More
[PR]

# by sechanco | 2015-11-14 08:27 | 日々

ギャラリー食堂「厩戸」ブログ作りました。

お店の様子など、それぞれが、ぼつぼつ、アップして行きたいと思います。
ときどき覗いてくださいな。ブログもお店も、どうぞよろしく♪
ギャラリー食堂「厩戸」ブログ
a0082132_12261078.jpg

[PR]

# by sechanco | 2015-11-12 12:26

ひのまるを

a0082132_1221559.jpg


日の丸をつけなさい
        宮尾節子

次の答えのどちらかに
丸か
日の丸をつけなさい

わたしは
お国のために
戦いません・戦います

わたしは
お国のために
死にません・死にます

わたしは
私のために
丸を
つけます・つけません

わたしは
君のために
日の丸を
つけます・つけません

わたしは
わたしの頭で
考えます・考えません


つづき
[PR]

# by sechanco | 2015-11-09 11:03

豊岡プチ大学

講座の日にちも、せまって来ました。まだ若干のお席があるようです。ちょっと詩でも、作ってみませんか。
a0082132_1159559.png
よかったら、是非!楽しい講座にしたいです。よろしくお願い致します。宮尾拝。
→☆「豊岡プチ大学」の詳細はこちらに

More
[PR]

# by sechanco | 2015-10-28 11:59 | 詩関連

おかげさまで、大盛況のオープニングとなりました!

a0082132_1146855.jpg
ギャラリー食堂『厩戸(うまやど)』オープニングパーティはおかげさまで百数十人の方にいらしていただき、大盛況でした。ありがとうございました。お祝いの温かいお言葉やきれいなお花に囲まれ、そしてさまざまなご縁からのお手伝いやお心遣いをいただきたいへん幸せな門出となりました。遠くから近くからたくさんのお気持ちを寄せていただき心より感謝です。みなさまに体も心も和んで頂ける場所になれたらうれしいです。しばらくは慣れないことも多く至らないところも多々あると思いますがご容赦頂き、佳い店に育つように温かく見守って頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。お茶を飲みに、ご飯を食べに、作品を観に、ちらりと厩戸の戸を開いて見て下さいませ。お待ちしております。
a0082132_11471249.jpg
a0082132_11443296.jpg
a0082132_11495515.jpg
a0082132_11481151.jpg

パソコンや携帯など様々な便利な情報ツールでコミニュケーションが可能な時代となりました。そのありがたさを享受しつつ、でも、こうしてフェイスツーフェイスな関係を大切にして、お互いに語り合ったり、笑い合ったり、食べたり、飲んだり、鑑賞したり、皆様のいっとき集う場所になれたら、何よりうれしいです。ときどきお立ち寄り頂いたり、さまざまな形でこの場所を、みなさまにご利用頂ければ幸いです。どうぞ、よろしくお願い致します。
a0082132_115814100.png
a0082132_11565653.jpg

☆ギャラリー食堂「厩戸(うまやど)」
☆住所:〒357-0038
 埼玉県飯能市仲町13-4
(*西武池袋線飯能駅北口左線路沿い歩く「庄や」角右折「第一ホテル」前/駅より徒歩3分)
☆☎/fax:042-978-7589
☆営業時間:am11:00〜pm10:00 (*夜ごはん部は11月4日より開店!)
☆定休日:月・火
☆喫茶と玄米のベジ系ヘルシーお昼ご飯は5時までご用意しております。
☆お酒と肉・魚もありのほっこりあったか夜ご飯は5時〜10時まで。
☆貸ギャラリーのお問合せもお待ちしております。
☆みなさんに喜んで頂けるお店になりますよう、よろしくお願い致します。
→★お店の地図はこちらです!
[PR]

# by sechanco | 2015-10-26 12:04 | 日々

ギャラリー食堂『厩戸(うまやど)』本日開店!

a0082132_11165567.jpg
わが町・飯能で──お店をオープンすることになりました。名前を『厩戸(うまやど)』と申します。
a0082132_1129897.jpg

どんなお店かというと。喫茶に玄米のベジ系お昼ごはん(am10〜pm5)とお酒に魚・お肉もありの夜ごはん(pm5〜pm10)。そして終日さまざまな作家さんによる作品を展示するギャラリーのお店。
a0082132_1130517.jpg
厩戸キッチンです。下はお昼ごはん定食の例。こちらに三年番茶がつきます♪
a0082132_1132044.jpg
それぞれの担当を3人の女性店主が受け持ちます。おひるどきにお腹がすいたら、からだがうれしいヘルシーなお昼ごはんにこだわり珈琲やハーブティー。灯りがともる頃になると、温かい灯りのもとでほっこりこころがうれしい夜ごはんとちびちび吞んでいただくこだわりお酒。そして蔦のからまる外観にコンクリート打ちっぱなしの、落ち着いた雰囲気のギャラリースペース(*貸しギャラリー)で描くひと、染めるひと、織るひと、創るひと、さまざま作家さんたちの舞台をご紹介します。お食事、喫茶と、おいしいを味わっていただきながら、ギャラリーで目もたのしんでいただく、そこに人と人の、出会いや語らいが生まれる。そんなみなさんに、愛されるお店になれたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
a0082132_1133357.jpg
店の奥と店内の壁面がギャラリー空間。下は飲食のスペースです。コンクリート打ちっぱなしの空間なので灯りのあたたかさに気を配りました。
a0082132_11334921.jpg

☆ギャラリー食堂『厩戸(UMAYADO)』開店(*厩戸3店主)のご挨拶☆
★その1:お昼ごはん担当店主より
○いらっしゃいませ。11 時~ 17 時 お昼ごはんと喫茶を担当する佐喜です。

数年前、安曇野の穂高で玄米と野菜だけの食事を口にし、それはそれはとても美味しくて、食べることが生きることに繋がっている感覚を初めて知りました。
この食事にはなにか秘密があるに違いないと思い、当時勤めていた会社を辞めて穂高へお料理を学びに行くことになりました。
特別な調味料ではなく、昔ながらの製法で作られた醤油や塩、麹や味噌と、野菜の生きる力に任せたその土地で採れた自然農法や有機農法の野菜。
それらを使ってお料理をするとき、玄米や野菜の持つ声を引き出すこと・・・これが美味しさの大切な秘密だと気付きました。
毎日欠かせない、食べるということ。ひとりでふらっと立ち寄ったり、友人や家族、恋人と・・それぞれの方々の暮らしの一食に、この玄米と野菜が心と体に寄り添う食事となればと思います。
緑や水が豊かな飯能。この土地が育むお米や野菜に身を任せ、飯能に親しまれるお店になれるよう、歩んでいけたらと思います。

★その2:夜ごはん担当店主より
○いらっしゃいませ。17時~22時 夜ご飯とお酒を担当する真帆です。

「うれしい食卓」というのが厩戸の夜ご飯のコンセプトです。灯りの下で
ほっと一息つけるそんな場所であったらいいなと思っています。
わたしはお家で食べるご飯が大好きでした。
料理をする父の後ろ姿をみて「わたしもだれかの為にごはんをつくりたいな」と子どもながら想ったのが料理をはじめるきっかけです。
年を重ね実家を離れ、父の手料理を食べる機会もめっきり減ってしまいました
ふとしたときに思い出すのはいつもお家で食べた温かいご飯です。
そんなみんなの食卓のようなお店ができたらいいなと願っています。
夜ともる灯りにさそわれ、夜の厩戸にもふらりと立ち寄ってもらえたらうれしいです。温かいごはんと汁物、旬の野菜や、お魚、お肉を使った料理、小鉢、美味しいお酒をご用意してお待ちしています。

★その3:ギャラリー担当店主より
○いらっしゃいませ。水曜日〜日曜日 ギャラリー担当の節子です。

山紫水明の清らかな自然に恵まれ、「美しい星」(三島由紀夫)のモデルになったわが町で──きれいなもの・おもしろいもの・たのしいものを、描くひと・織るひと・染めるひと・創るひと。さまざまな作品(もの)たち作家さんたちの集う場、発表の場になれますように。そして、物と人・人と人のしあわせな出会いが生まれる、温かい場所になりますようにと願って、皆様のご利用をお待ちしております。小さな文化スポット「厩戸」よろしくお願い致します。
a0082132_1134176.jpg

☆お店:ギャラリー食堂『厩戸(うまやど)』
☆住所:〒357-0038 飯能市仲町13-4
(*飯能駅北口左線路沿歩「庄や」角右折「第一ホテル前」/徒歩3分)
☆営業時間:午前11時〜午後10時
(*注:10月中は午後7時まで)
☆定休日:月・火
☆☎:042-978-7589

a0082132_820767.jpg
☆厩戸三姉妹が、みなさまのお越しををお待ちしていまーす!

               *感 謝*
看板を作っていただいたり、植木の剪定をしていただいたり、自作のお野菜を届けてくださったり…開店にさいしては、みなさんに、たくさんのご支援やアドバイスをいただきました。どれほどうれしかったことでしょう…。こころより感謝です。

*ひとの顔が見られる、ひとと語り合える、みなさんの、ひとつの居場所になれたら、幸いです。
a0082132_8465948.jpg
開店の朝の空です。よい一日になりますように♪

More
[PR]

# by sechanco | 2015-10-15 08:58