晴れときどき 宮尾節子


宮尾のブログ talk to who?               
by sechanco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★新刊のお知らせ★
◎<新刊詩集のご案内>

☆『宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる』(集英社インターナショナル)

☆『明日戦争がはじまる』(思潮社オンデマンド)



◎『恋文病』¥1800+税
『読んだ人をちょっと大丈夫にしてくれる魔法がありました』──詩集の感想(Uさんより)
→☆ご注文はこちらクリック!から☆

★電話やFAXでの注文もできます。
・精巧堂印刷所
・電話 0187-62-2340
・FAX 0187-63-1583
☆宮尾の詩集は秋田買い♪よろしく!

☆花のように(動画)
☆アルハルクラすべてを
──*詩集より朗読。


★旧刊についてのお問い合わせはこちらに★

★既刊詩集
☆ドストエフスキーの青空¥1800
☆妖精戦争
↑¥2000(残部僅少)
☆かぐや姫の開封(残部僅少)
↑¥2800
☆くじらの日(完売)
↑¥1000
*詩集は、詩集名を記入して★こちらへご注文くださいませ。★

★メールはこちら→sechancono☆gmail.com(☆を@に変えてくださいませ。)
★な
ライフログ
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新のコメント
Nariさん あり..
by sechanco at 04:38
inoriさま 詩..
by sechanco at 04:37
初めまして、こんにちは。..
by inori-ori at 15:17
naokoさま。 ..
by sechanco at 20:29
はじめまして。詩に心を動..
by Mousy at 16:09
ありがとうございます!う..
by sechanco at 10:40
今まではただ通り過ぎるだ..
by 風の里農場 at 21:41
おはようございます。はい..
by sechanco at 07:52
おはようございます。まち..
by 風の里農場 at 07:12
ひらがなで書いて、気がつ..
by sechanco at 10:33
フォロー中のブログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

告知です。



お時間のあるときに、お出かけいただければ幸いです。
5月26日(土)前橋ポエフェス・前橋文学館。
a0082132_22370176.jpg

5月27日(日)吉祥寺「ギャラリーナベさん」にて
a0082132_22411363.jpg
6月2日(土)国立・国立本店にて
a0082132_22470964.jpg
a0082132_22465631.jpg
よろしくお願いいたします。

***
せっちゃんの詩 2も出ました。
a0082132_22491422.jpg
*通販もしておりますので、ご連絡くださいませ。
(18編の詩と写真)
800(+200送料)
sechancono☆gmail.com
☆を@に。

*ツイッターやFBがメインとなり
ご無沙汰していますが

どうぞ
ごきげんよう。
a0082132_23003471.jpg








[PR]

# by sechanco | 2018-05-24 22:53

手をつないで

a0082132_16584149.jpg

何度でも 何度でも
の気持ちです。


よい天気ですね。よい休日を!
a0082132_10073606.jpg
飯能河原も水遊びのひとびとでにぎわってます。



More
[PR]

# by sechanco | 2018-04-30 10:10

5月6日(日)文学フリマ東京に初出店します。

☆もうすぐ!★5月6日(日)文学フリマ東京に初出店します。「宮尾節子とまあ姉の店」F-28(1階)

*ぽえむ姉妹のお店です笑。

*出店用のできました!『せっちゃんの詩2』なけてわらえてせっちゃんつきで笑<18編の写真詩=800円>やすい♪^^

a0082132_12382155.jpg
(表紙はみなさまのアンケートによる結果より。感謝♪)

a0082132_12385396.jpg
*最終頁にはボブディランもチラ見せ…

a0082132_12390620.jpg
😀

*妹分のまあ姉こと西原真奈美さんは初写真詩集『私の中の五線譜』こちらもすてきな写真と詩です。
*当日姉妹セットなら特別オマケ有り。

*ぜひぜひ、来てください! #文学フリマ東京
*場所は:東京モノレールの駅・東京流通センター/第二展示場*場所など詳細はこちらのサイトに

a0082132_12392460.jpg


[PR]

# by sechanco | 2018-04-19 12:40

サクラ、サク、サク

a0082132_12082234.jpg
Repeat
a0082132_12095824.jpg
2018.03.27


[PR]

# by sechanco | 2018-03-28 12:11

いいひと/0312

a0082132_09451139.jpg

a0082132_09465332.jpg
a0082132_09455519.jpg
a0082132_09462579.jpg


[PR]

# by sechanco | 2018-03-14 09:48

詩が木の絵本・WOOKになりました。

「春のひらがな」という詩が木の絵本・WOOKになりました。
a0082132_11114880.jpg
作ってくださったのは

飯能産の木材を使用した作品/玩具に「グッドデザイン賞」を受賞していまや売れっ子木彫作家の

江幡三香さん

なめてもだいじょうぶな赤ちゃんのおもちゃから

大きなアート作品まで

多くのすばらしい木を使った作品で知られているアーティストです。

サイト「mamamano」はこちらです。

今回は飯能市・観光協会・商工会議所後援による「はんのう玉手箱」という企画(主催:はんのうメイド う木うき)で

Bookmarkにてお披露目となりました。



a0082132_11314495.jpg
木はかつて江戸の西の川から運ばれる良質の材木ということで
たいそう有名になり木材のまちとしても
その名を知らしめることになった飯能産の「西川材」
が使用されています。

さくらの花びらには
ほんの少し
a0082132_11323077.jpg
さようならの
ことばの端にも

a0082132_11331905.jpg
(この展開が すばらしいです!涙がでました…)

さ く らの花が

a0082132_11335430.jpg
さようなら の 「さ」と「ら」を
残して「さくら」になります。

ほんのり

a0082132_11342985.jpg
雨を受け風に吹かれ日を浴びて
この土地で私たちの暮らしと共に
生きてきた樹木の
一本一本

人肌のつたわる温かい木の頁の
一頁一頁

重なる木の年輪の
一筋一筋

桜の花びらの
一枚一枚

細心の注意と渾身の技術と愛情をこめて
ひとつひとつ
一冊一冊
江幡さんが手造りをされた作品です。

しあわせな一冊ができました。

わたしの詩も
しあわせです。

ありがとうございます!

みなさまの
あたたかい
手にとって頂けますように
どうぞ
よろしくお願いいたします。

a0082132_12020797.jpg

a0082132_11355304.jpg
作者の江幡さんと「はんのう玉手箱」展にて
wookを手に取られて
ほ〜っと吐息を漏らされたり
じーんとしたと涙ぐまれたり
さまざまな
お客さんからの素敵な
リアクションを頂いたとのことです。

ありがとうございます。
a0082132_11362423.jpg
この日はちょうど「飯能ひな飾り展」の真っ最中
多くのかたに足を運んでいただけました。
a0082132_11365123.jpg
和紙製のランプや木彫に陶器
たくさんの作家さんたちの玉手箱が
並んでいます。

a0082132_11371574.jpg
a0082132_11374467.jpg
a0082132_11380818.jpg
絹織物でも知られた飯能産の薄い絹地で
つくられた
ファーストシューズも
息を飲むほどきれいでした。
a0082132_12355270.jpg
人よし町よし自然よし催しものも
もりだくさんの
東京の奥座敷
空気のおいしいウドンもうまい
飯能へいらしてください!










[PR]

# by sechanco | 2018-03-05 12:43

リパッティのショパンと幾とおりものしあわせ。

「ショパンはリパッティしか聞かない」そんなとおい昔の会話を覚えている。そのときに音楽音痴のわたしがキャッチしたもの。ショパンという作曲家、リパッティというピアニスト、そして会話の主の人柄――しあわせには幾つもの姿がある。


あの人の演奏のこの曲が聞きたいという贅沢をふくめ。詩にも幾通りものしあわせがある。この詩をあの人の言葉で語ってもらえたら。そんな至福がときどき私などにも、与えられる。詩を書いていてよかったと、嬉しくなる日。現代詩手帖3月号。書評欄担当の峯澤典子さんが「せっちゃんの詩」を採り上げてくれました。


「現代資本主義の喧騒のなかで「商品ではない」詩を書き続けることは不毛か、それとも希望なのだろうか。」

と問いかけながら、それに応答する「一閃の光の肉声が聞こえてきた」として紹介される、冒頭の『沈黙と沈黙のあいだ、ジェス、パーマーとペトリンの世界へ』(山内功一郎/思潮社)についてのたくさんページを割いた渾身の評も素晴らしいです。文章に引き込まれました。

例えば「我々の生きる現実と詩のかかわりとは、いったいなんでしょうか?」という問いに詩人はこう答える。詩には惨事を止める力はないが「我々の意識や理解をつかさどる楽器があるとすれば、詩にはその楽器を調律しなおし、正常化する力があります。(…)そして楽器が調律しなおされれば、私たちはふたたび目覚めを迎えることができます」と。詩は、現在の市民社会で虐殺されている想像力を守る機能を持ち、詩がもたらす「目覚め」によって、商品資本主義に歪められた人間本来の欲望に私たちは気づくことができるのだと。

山内氏を筆頭に、浦歌無子、福田拓也、川上明日夫、紺野とも各氏の詩集が峯澤さんの書評の言葉で演奏されている、眼福、耳福を味わえる。リパッティのショパンではないが、良き書評子に恵まれることも詩の幸せである。ことばをあいするきみ、賞だけがすべてじゃないよ♪


峯澤さんが全身全霊で伝えておられるのは「目覚めよ」だと――思います。



a0082132_11234789.jpg

「沈黙の背後で 詩が目覚める時刻」峯澤典子/現代詩手帖3月号詩書月評より

そうあれば、いいなと願いつつ
もったいない、ことばを、いただいたと、思っております。
おことばに、ちかづけるよう、精進したいです。


私家版のちいさな詩集なのに。
峯澤さんの眼にとまって、うれしかった。
峯澤さんの言葉にのれて、しあわせだった。
                    ありがとうございます。



[PR]

# by sechanco | 2018-03-02 11:37

調布・西武公民館のシニア講座にて。

調布市「西部公民館だより 2月号」に昨年末のシニア講座の様子が載りました。
わたしは詩の講座を担当しました。まどさんの詩についての話と、みんなで折句詩を作ってみるという講座でした。
a0082132_14192168.png

講座でやった折句詩でみなさんが「シニアの気持ちかるた」を最終回に完成させたとのこと。素晴らしい!!うれしいお便りでした。
a0082132_14121698.jpg
講座風景
a0082132_14220384.jpg
みなさん、ありがとうございました!



[PR]

# by sechanco | 2018-02-20 14:23

つえの木/新年の詩


a0082132_11222678.jpg
つえの木
       宮尾節子


魔法を使いたかった
のかもしれない
叶わないことが、多すぎて
宙に描いたのは
魔法の杖の願い事

何か支えが欲しかった
のかもしれない
あまりに、道がけわしいので
傍で突いたのは
言葉の杖の願い事

わたしの杖が倒れることは
なかった
わたしが倒れても

ほら、あなたが読んでる時も
こんなふうに、ね
それがこの杖の
よいところだ

故人の旅立ちに草鞋を括りつけた
南天の木の杖を地面に
挿して置いたら
芽吹いて、南天の葉を広げた
という、ネットで
目出度い画像を見つけた
新年

いい話だなあ
葉っぱの上には
想像の赤い実までつけて
南天の杖が明るい陽を浴びている

芽吹くのは夢かもしれないけれど
倒れない杖を詩に学んだ
新年 おめでとう



[PR]

# by sechanco | 2018-01-06 11:27

明けましておめでとうございます。

本年が
みなさまにとって
よい年でありますように!
a0082132_21045965.png


[PR]

# by sechanco | 2018-01-02 21:07

よいクリスマスを!

a0082132_11581322.png
朗読家の河崎早春さんが素敵な朗読と動画をあげてくださいました。
ご覧くださいませ!


[PR]

# by sechanco | 2017-12-25 12:00

せっちゃんの詩(私家版) 発売中!

a0082132_15373056.jpg
毎月新聞のおりこみの「あおぞら通信」に「せっちゃんの詩」コーナーを設けていただいて、いつのまにか10年が過ぎてしまいました。
奥武蔵エリア新聞とセットになった「あおぞら通信」は「飯能手をつなぐ育成会」の広報誌です。育成会のようすや連絡事項や飯能市でおこなわれる催しのお知らせなどの紙面に「せっちゃんの詩のコーナー」を頂いています。

おかげさまで、多くの方に「読んだよー」「今月のよかったよー」と声をかけてもらうようになりました。ありがとうございます。

読んでくださった方のお声かけとあおぞら編集長の吉岡さんの協力とでせんじつ。名栗のLiving Room61という素敵なカフェで「せっちゃんの詩とお話」というトークと朗読の会をひらいていただきました。

編集長からは育成会のおはなしや詩のコーナーを作ってからのおはなし。事務所に笑顔や笑い声が増えた……というお話がいちばんうれしかったです。尽力くださったみなさまと編集長に感謝です。

詩をはじめたきっかけや、詩をかくときのことや。。。朗読をまじえて、あれやこれやとご質問にお答えしつつ、よもやま話をさせていただき、あっという間の3時間でした。お店のおいしいケーキやコーヒーもご馳走になりとてもアットホームな会となりました。満員御礼で窮屈ななか長時間のおつきあいをいただき

ありがとうございました。
a0082132_15360092.jpg
a0082132_15341785.jpg


a0082132_15430881.jpg
a0082132_15541340.jpg


会を記念して「せっちゃんの詩」というあおぞら通信に掲載した詩やネットで掲載した写真付きの短詩の詩集を作りました。おかげさまで当日は完売。好評につき通販もはじめました。
a0082132_15373056.jpg
こんなかんじです
a0082132_15380500.jpg
写真付きのいろんなフォントの詩が17編はいっています。

a0082132_15404142.jpg
a0082132_15395294.jpg
ほしい方がいらっしゃったら
以下のアドレス
sechancono☆gmail.com
(☆をアットマークに変えて)
までご注文くだされば幸いです。

*ご住所と冊数をお書きくださいませ。
*それとサインなどご所望の場合は
*要サインと
入れておいてくださいませ。

*ちょっと可愛い写真詩集ができて気に入ってます。^^
こんな形で冊子にできてうれしいです。
そうそう
本体800えん+送料200え
です。
振込用紙入りで発送します
(*ときどき「当たり」で送料無料になります。おたのしみに♪)
送料が入ってなかったら書き忘れでなく(もあったりして…)当たりです♪^^


よろしくお願いいたします。


[PR]

# by sechanco | 2017-11-24 16:04

いつか貴方を愛するだろう

友達の
ちいさい子供に

だれかが
「お母さんすき?」
と尋ねたとき
その子は
「だいすき」と
こたえました

そのひとは
つぎに
「お父さんは?」
と尋ねました
その子は
すこし 考えてから
「ふつう」と
こたえ すこし
悲しい目を しました

おとなは
ひどい ことをするものです
こどもに あいを比べることを
おしえる

だいすき と ふつう
ちょっと ちちおやは にがてだった
でも きらい をなんとか
うかいした そんな愛の逡巡が みえた
ふつう

*(それから時が経ち)

すきときらい
あいとにくしみ

それらは
相反することではなくて
「距離」のことなんだ!
と ひらめき
すくわれました

「いつか貴方を」
それが今ではないこと
憎しみとは
その距離である――
そんな 気づきで 書いた
たぶん
そんな 詩です

ものものしい詩となってしまいましたが
けっきょく
われわれ詩書きのできることは

中のものを 外にぶつけることではなく
外のものを中に 内面に 問い続ける
それほか ない と いま 思うに至っています

核弾頭ミサイルをも
ないめんに 飛ばさねば――

復讐するは――ではないですが
敵はつねに 我にあり

いまここ です。^^

*こちらのnoteというサイトに
少し重い詩や、論考、エッセイなど書いていこうと思います。
ときどき、覗いてやって頂ければ幸いです。


*それにしても
わたしも こどもごころに
いやな気分がしたものです

無神経な
愛を試されることを
父や母への愛を
比較させられる暴力を

大人になると
やってみたい気持ちもわかりましたが(笑)

忘れたくないです
よそのおとなが 無闇に答えを せまる
<パパとママと どっちが好き?>
あれは あきらかに こどもへの
パワハラです。

[PR]

# by sechanco | 2017-11-18 08:19

びーぐると詩と思想



『びーぐる37』特集:新川和江
新川さんの特集に「束ねる時代とミューズの声」として
新川さんへの思いやあれこれを。

a0082132_09390098.jpg
a0082132_09394063.jpg
a0082132_09400271.jpg
『詩と思想11月号』特集<ITがもたらす変革とポエジー>
に、「組のもんですが 〜ツイッター連詩から連詩組まで〜」
福間さん水島さんと始めたツイッター連詩「pw3」から
今はたくさんの仲間となった「pw連詩組」について
まとめなど
a0082132_09404016.jpg
a0082132_09405942.jpg
a0082132_23093452.jpg
a0082132_23104861.jpg
を寄稿しました。
よかったら、ご覧下さい。






[PR]

# by sechanco | 2017-10-30 09:42

鶴を、支持。

「力強いご支持を、国民の皆さまからいただくことができた!」


a0082132_08531385.jpg

鶴を

      宮尾節子

     


「せんそう、はんたい」という

声が出ないので


鶴を折ってもらったのですよ。

言えないひとの

鶴折るひとの

その数は広がって


「もう十万羽を、超えました」

「わたしも、言えなさからでした」

詩を、書き始めたきっかけは──


そんな話が繋がりました。

「こくみんのみなさまに、しじをうけて」

声は出ないが、支持はしてない。


鶴を折る。

声は出ないが、支持はしてない。

詩を書く。

「息をしてるだけで、誰かを傷つけてる」

こわさが、あって。


うつむいて、だまって

鶴を折る。

うつむいて、だまって

詩を書く。


空高く、声の鳩を飛ばせない

声は出ないが、支持はしてない。

わたしたちは、わたしたちの手は

平和を、願って

鶴を折る。


鶴を、折って

鶴と書く。


a0082132_08470154.jpg
*『現代詩100年/tolta発行/2015』





More
[PR]

# by sechanco | 2017-10-28 08:54

よい風が吹くといいね。

a0082132_14190482.jpg
10月9日の夕方新宿アルタ前に行ってきました。

もの凄い人でした

それぞれの方の熱のこもったトークが胸に届きました。

頰にも伝いました

a0082132_14210704.jpg
BUD=BOTTOM UP DEMOCRACYとのこと

a0082132_14241801.jpg



新宿アルタ前BUD09の様子が

岩上さんのIWJで10月22日まで特別公開されています。

是非ご覧ください。


行くのではなくて、

選挙に行かない、ことが見込まれた政治は

なんだかくやしいですね。

組織票という圧倒的な数のちからに

個人の自由という浮動票が

もの言えるかどうか――

そんなことが

掛かっている選挙かもしれません。

今回ばかりは――



どこに入れても すこしがっかりは あるかもしれない……

でも

BUDで若者も言っていました
a0082132_14502803.jpg
「ベストがないなら ベターをえらぼう」

はい。

そして、ベターをベストに
育てていくのが

みんしゅしゅぎではないですかい。

a0082132_15040679.jpg
🌷お花畑の住人より🌷


***

奥田君のコール

「選挙に行ってくれますか!?」
「いいとも!!」(笑)

の大合唱が湧いたのもアルタらしくて
たのしかったです。^^

***



a0082132_14510536.png
*なんと…動画に、う、映り込んでました…
落としたアイホン拾ってる貞子みたいな…*子…が(笑)

すいません




More
[PR]

# by sechanco | 2017-10-11 14:59

秋のテスト詩

a0082132_18093488.jpg
a0082132_18270205.jpg
遠方から友人が訪ねてくれて
お天気の良い飯能河原で遊んだり
山間の温泉に行ったりして
のんびりしました。
楽しかった…
アキアカネが乱舞する奥武蔵は
日差しも風も心地よく
今が良い季節です。
たくさんのうれしい
出会いがあって
行事いっぱいの
夏が終わりました。
いろいろ
お世話になり
ありがとうございました。
さて
言葉の川面のように
細切れなつぶやきが
どんどん流れていく忙しいSNSの世界から
ちょっと身を引いて……(これがなかなか難しい笑)

あれこれとたまった夏の疲れが取れたら
少しずつまとまったものを
書きたいなと思っている
ところです。

どんな形になるか……な。^^


どうぞ、ごきげんよう

a0082132_18213739.jpg


a0082132_18252328.jpg
a0082132_18254162.jpg



[PR]

# by sechanco | 2017-09-28 18:27

朝がきた。(朗読)



朝がきた
           宮尾節子

希望にこたえる
朝が
いつまでも朦朧とした靄に隠れて
陽の光が射すことが
ないときに

待っていた、朝がくる。

失望にこたえる
朝が。
いつしか胸に隠し持った力で
暗い火花を散らす
希望のない 

失望の、朝がくる。

明るい
希望にこたえ られない。
なら
暗い
失望にこたえ よ。

とうしんをみよ とうべんをみよ。
しつぼうのあさがくる。

その火は
灯火の火ではない

めらめらと もえて
はやる こころよ いくな。

その火は
戦火の火。

浮上したいかりの潜水艦 
にくしみに接岸する巨大空母
包囲するものは狐火のような妖しい

絶望の朝だ。

[PR]

# by sechanco | 2017-09-22 23:55

失望に負けない。

「失望に負けるな」たとえ希望の見えないときでも
「失望に負けないでください」

詩でも、トークでも
わたしの伝えたい思いは、多分それだけです。。
a0082132_17440083.jpg





[PR]

# by sechanco | 2017-09-19 17:44

みなさんのお声かけに、そして、たくさんの出会いに感謝です。

8月26日(土)/東京・国分寺
a0082132_17280849.jpg
a0082132_17290167.jpg
a0082132_17292668.jpg
a0082132_17294857.jpg




9月10日(土)/東京・下北沢
a0082132_17310795.jpg
a0082132_17312848.jpg
a0082132_17315691.jpg

9月16日(土)/山梨

a0082132_21103935.jpg
a0082132_17324031.jpg
a0082132_17333618.jpg
a0082132_17335316.jpg
a0082132_17342265.jpg
a0082132_17344563.jpg


a0082132_17353732.jpg
ありがとうございました!
a0082132_08335632.jpg
*参加者みんなで一行連詩を作りました。
最初の一行を沙羅樹さん
最後の一行を私が書いて
みなさんに一行ずつ間を埋めて
いただきました。






[PR]

# by sechanco | 2017-09-19 17:39